サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 片岡壮士選手の密着ムービーが公開!

発売中のBasser10月号と併せてご覧ください

サイト・ビー=まとめ

2017年7月28日(金)に行なわれた2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARDで、2位の成績を収めた片岡壮士選手に密着したムービーが公開されています。

2016年のJAPAN B.A.S.S. NATIONでAOYを獲得し、クラシックも制覇した実績をもつ片岡選手。今回メインにしていたのは、ソフトジャークベイトによる橋脚のハスパターンとノーシンカーリグ・バックスライドセッティングによるシャローカバー撃ち。これらの釣りで1950gのキッカーを含む4尾4770gをキャッチしています。

kataoka01
kataoka02
kataoka03
橋脚やシャローカバーへ選手がどのようにルアーをプレゼンテーションしているのかは原稿ではなかなか伝えにくい部分ですが、動画では一目瞭然。カバーへのディスタンスやルアーを通すコースなど片岡選手の釣りをぜひ参考にしてください。

また、発売中のBasser10月号では片岡選手をはじめとした上位陣の釣りを詳細にレポートしています。こちらも併せてご覧ください。

 
Basser2017年10月号ではこの試合の模様を徹底レポート!


 THE WILD CARDのレポートのほか、夏から秋への季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。


2017/9/6

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING