サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 片岡壮士選手のフットステップ

シェードを攻めて1950gのキッカーをキャッチ!

久米正昭=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


片岡壮士選手

スタート前コメント:
プラクティスで状況を確認し、好調なパターンを見つけているので目標ウエイトは最低5kg! ハマれば6500gもねらえるかもしれないので頑張りたいと思います。タイダルリバーならではの難しさはあるものの、水の動くタイミングは必ずあるのでうまくタイミングを合わせて、スピードの速い釣りと、ルアーを漂わせるような極端にスローな釣りをどこまで丁寧にやり切れるかが今日の僕のテーマです!

6:10
スタート。フライト順は15番。
「今日の朝はローライト。曇ると釣れるけどサイズが小さい。僕のもっているパターンだと晴れたほうが強烈に威力を発揮する! けど、1日中この天気だと5kgまでもっていけるかがチョット難しいかも。夏の川のセオリーとしては、朝イチから最上流に上がるのが普通なんですけど、水門の関係で下流まで水が動くのは朝の1時間。なので朝イチは下流のカレントが絡むポイントをランガンします。上流はずっと水が動いてるので後から上がります! 朝の1時間で何本獲れるかがキーになるので頑張ります!」


6:12
■本部対岸、東邦レーヨン前
「とりあえずボートの引き波が落ち着くまで、このストレッチを流します。今回はメリハリが僕のテーマです」と言いながらキャストを開始。
「昨日より濁ったな。昨日、流れてるんでその濁りやと思いますけど」
状況の変化を敏感に感じながら、ストラクチャー際をトレースしていく。
ルアーはブレイクブレード7g+アイシャッドテール3.8。
バンク際へテンポ良く撃ち込むため、取り回しの良いロッドZENAQ BLACKART B2.5-66 FirstPilot (M)をセレクト。

6:20
「今回のねらいは、水深のある縦ストラクチャーについた活性の高いバスをソフトジャークベイトで釣る! あとは、流れの当たるオーバーハングなどをノーシンカーのドリフト。こっちは絶対魚がいるところにタイミングを変えて入って究極の食わせで釣っていくねらい。プラの感じでは縦ストのリアクションの釣りのほうが、パンチ力があるんで、そっちをハメたいですね!」


6:30
■三ツ合橋橋脚
「この橋脚は、今回の超メインポイントです! 船が通ってすぐなので釣れないかもしれませんけど」
上流側から橋脚にタイトなコースで6インチのソフトジャークベイト(ネイルシンカー0.9g)を通していく。
ロッドはリアクションねらいの軽快なジャークが容易で食い込みもいいZENAQ BLACKART B67 Frog (M-MH)をセレクト。

6:35
「アカンかぁ。ココで1尾は釣れると思ったんですけど…そう甘くないっすね」
ルアーをローテーションしながら三ツ合堰跡方向へ流していく。

6:40

■三ツ合堰跡下流側
「ハスがメッチャおる! ハスを食ってるバスを釣りたいから、このあたりにデカイのがおるはずなんですけどタイミングですね」
ブレーデッドジグで流しながら進み、冠水ブッシュにはテキサスリグを撃ち込んでいく。



7:00
■新高橋周辺
「もう7時か! 朝のタイミングを逃しましたね……。さぁ、どうなるんでしょうか」
ソフトジャークベイトでテンポよく橋脚際を通していく。
「ん~。釣れません。移動します」



7:10
■馬詰橋下流右岸側
「このエリアは、昨日水が動いてないタイミングで確認したときは、やる気はないものの複数バスを確認できたエリアです。ベイトは常にいるエリアでもあるんで、釣れる魚はいるはずなんですけどね……」
ブレイクブレードとテキサスリグをローテーションしながらタイトなアプローチは続く。
ロッドはピッチングでのキャスタビリティーが高く、わずかなボトム変化や一瞬のバイトも捉えられる高感度なモデル、ZENAQ BLACKART B3.5-68 BottomSensor(MH)をセレクト。



7:30
■牛屋島橋
「この橋脚も超本命ポイント! でもこのポイントは1回か2回しか時間的に来れないから、今釣っときたいトコやなぁ……。ちなみにプラでこのパターンに気づいたときは、この橋だけで3本釣れたからね」
ソフトジャークベイトの速い動きで橋脚の際を通していく。
「いいときは数投で出るはずやけど、これだけ通して魚が出てこんってことは、この橋脚のシェードに入ってる感じがないな。やっぱりもう少し晴れてこないと成立しないパターンか。ということは展開を変えないと……」
プラクティスでかなり手応えがあり自信があったパターンであったが、少し迷いが生じだしたようす。ルアーをローテーションしながら、下流方向のアシ際を撃ち進めていく。



8:10
■広島橋下流右岸側
これまでカバーのシェードに潜む、活性の高い魚をスピーディーにねらっていたが、ローライトによりカバーから外に出たポジションにいる魚をスローに攻める展開に変更したようす。アシから8m程度離れたボートポジションでノーシンカーリグ・バックスライドセッティングの釣りを試す。

8:25
中洲状のアシが広がるエリア。
リアクション重視のテキサスリグと、スローで食わせ重視のバックスライドワームで撃ちわけながら魚の反応を探る。魚へのプレッシャーを考えたボートポジションからアシ際へのキャストを繰り返す。

0826
「もうすぐ9時か。上流で2時間ぐらいはしたいからなぁ。まぁまぁ時間なくなってきたやん。プラのときはこのアシでデカいのを釣ってるんですけど……ん~。ムズい!」
想定していたプランでは、この時間には3尾は釣っている予定だっただけに少し焦りが見える。開始からここまでノーバイト。

8:45
待望のファーストヒット! 800gクラスをキャッチ!

s__8110089
「あぶねー! ビビッたー! 魚掛けたら、ロープのほうに走って……獲られへんかと思いましたわ! ここまで長かったわ~! やっと落ち着いた! さぁ、今から巻き返しますよ!」
ルアーはカバースライド4in。
これに合わせたロッド、ZENAQ BLACKART B3.5-68 BottomSensor(MH)はピンポイントに撃ち込みやすいレングスと感度を重視し、手前に走るバイトでも確実にフックアップしやすい。

8:55
立て続けに2尾目をキャッチ。推定600gクラス。
「よっしゃ2本目! 乗ってきた! 水が当たってるアシで来たな! まぁまぁ苦戦したけど、今からっすよ!」
タックルは先程と同じく、B3.5-68 BottomSensor + カバースライド。

s__8110104
「やっとペース取り戻して、1時間に1本ペースで釣っていけばなんとかなる! でも、下流で釣れる魚は少し痩せてるからウエイト伸ばしにくいんですよね。ここからどう展開するかですね。少し晴れてきたし」
アシ際への精度の高いキャストを繰り返す。


9:30
■新広島橋
「さぁハメるぞ! このウエイトじゃ絶対に勝てん。ここから可能性の高いところをランガンします! この橋脚でコンディションのいいのが釣れたら展開が大きく変わるんやけど……」
晴れてきたタイミングで橋のシェードに入ったバスをねらい、橋脚際にテンポよくソフトジャークベイトを通していく。

0930


9:45
■高速橋上流左岸側へ移動
アシ際へ、ブレイクブレードとテキサスリグをローテーションして攻める。
1投における所要時間は約5~7秒。上流に向かいながら丁寧かつスピーディーに撃ち進めていく。



9:50
■牛屋島橋
ノーシンカーワームをアシ際へキャスト、フォール中に一瞬バイト!
「クーッ! マジかよ! でもアタリを一瞬感じただけで重みも感じなかったから、たぶんノンキーやろな」


10:00
■大谷川放水路下流
「やっぱりココはベイト多いな! でも簡単には釣れんか。ここから上流に上がって、誰かとバッティングしたら時間の無駄やしな。かと言って、下流であと3本釣れるポテンシャルもなさそうやし。迷う……。運命の別れ道ですね」
ソフトジャークベイト、ブレイクブレードをローテーションで撃ちながら、上流方向へ流していく。


10:15
■新高橋
橋脚をソフトジャークベイトで攻める。しかし、展開を決めたのか、可能性があるコースを数投だけトレースして即移動。



10:20
■三ツ合橋橋脚
同じく橋脚をソフトジャークベイトで攻める。プラで連発したパターンを再現するため際どいコースを何度もトレースする。
「頼むで、しかし! 出てこい! アカンか。メインパターン崩壊か。むしろ、ココで5本揃う予定やったのに。ほな、その魚はドコ行ったって話ですよね! ん~。バス釣りってムズい。なら、上流に上がりましょか!」


10:35
■川崎橋
橋脚際をソフトジャークベイトで可能性があるコースを数投だけトレースして即移動。

1037

10:40
■競技エリア最上流域
流れの当たるブッシュへ、ノーシンカーワームを流れに乗せてドリフトで送り込んでいく。
「これが忍耐の釣りです! 流れに乗せてカバーの最奥へとドリフトさせることで釣果が変わりますからね。やる気のある魚は、簡単に釣れると思うんですけど。一番アテにしてたパターンが当たらなかったから、こういう釣りで拾っていくしか仕方ないっすよね。ま、そんなことも想定して、このドリフトでも釣れることは確認しといたんですけど」
これまでのペースとは真逆で、1キャストにつき約1分かけて、じっくりとねらう。
ロッドはZENAQ BLACKART B3-70(MH)。
ルアーを流れに乗せて送り込む動作とフッキングしやすいストロークと、さらに魚を掛けた際にカバーから魚を引き離すパワーも備えたロッドをセレクト。

11:00
「下流で粘ってたら、あと3本ぐらい絞り出せてたか? いや、そんなコトはない! 勝負せんと、優勝しか意味がない! 1本ぐらい釣れてくれ! 頼む! 1時間に1本でいいから」
じっくりとねらうものの、バイトが遠いため少し焦りが見え隠れする。マグナムクランクやブレイクブレードも時折投げてみるが、最上流域に来てから約1時間、魚からの反応がないまま時間は過ぎる。B3.5-68 BottomSensorを使い、カバーのシェードに吸い込まれるようなキャストでルアーを送り込む。

11:55

沈黙を破り、3尾目がヒット! 1950gのキッカーフィッシュ!

1202 1154
「キタッ! デカい! ヨッシャー! 2本分ぐらいウエイトある! 予想外のサイズで震えたっすわ! 明確なアタリがあったわけじゃなかったけど、違和感を感じてアワせたらデカかったですわ! さぁ、やるで! なんとか絞り出せそうな気がしてきた!」
攻め方を変え、オーバーハングが絡むブッシュエリアと流れのカレントが絡むスポットを丁寧に撃ち続けてキッカーを釣りあげた。

s__8110097
12:11
「勝負のステージに立ったことは間違いないね! 下流で釣りしてる人よりはウエイトを持ってると思うんやけど。あと1本このストレッチで釣って、最後に橋脚で1本釣って帰着や! それが、今の僕が描いているベストのプラン! 1時間に1本ペースで、あと2匹か。なんとかなりそうな気がしてきた。しかし、バイトが遠くてしんどい展開ですね。さっきの魚は、しっかりシェードになってるオーバーハングで、反転流の始まりで流れ当たってる側って感じか」

キッカーが釣れた状況を読み、似たスポットを重点的に精度の高いアプローチで撃ち進めていく。

12:30
エリア最上流部、ひのき橋下流。
「なんとなく、さっきより水の流れが緩くなった感じがする。ってことは、30分後ぐらいにまた流れ出すかな。水が止まったら、魚が口を使わへんからな。あ、今バスがルアー見に来たっすわ。流れがあったら食ってたかもしれへんけど。ほんとタイミングっすね」
集中力を研ぎ澄ましフィールドの状況を読みながら、オーバーハングのシェードをバックスライドで攻め続ける。

13:10

エリア最上流域右岸側にて4尾目1kgUPがヒット!
「食った! よっしゃ! ちょっと痩せてるけど1kgは超えてる魚やな!」
流れの当たるシェード状になったオーバーハングを丁寧に撃ち続けてキャッチした。
これまでの魚をキャッチしたロッドはすべてZENAQ BLACKART B3.5-68 BottomSensor。フォール中の微細なバイトや違和感を敏感に感じとる鋭い感度と、ストラクチャーからバスを確実に引きずり出せるパワーも備える。

「どうやら流れキテルで! これはオールスターが見えてきたか!? このウエイトなら、あと1本でたぶん優勝できる! もうヤリきるしかないでしょ! 間違いなくチャンスはある!」


13:30
■鳴門藍住大橋付近、中洲
「魚がおる可能性あるから数投だけします。これで来たらラッキーですからね」
中洲の反転流が生じるスポットを、マグナムクランクとバックスライドでチェックして即移動。


13:40
■三ツ合橋橋脚
橋脚際へソフトジャークベイトをテンポよくキャストを繰り返す。
「マジか……。アテにしてた僕のメインパターンは最後の最後まで不発でしたね」
帰着に向かう選手がいるなか、帰着時間ギリギリまでキャストする手を止めることなくルアーを投入していく。チャンスがある限り、全力で戦う姿勢を崩さない。

13:52

ストップフィッシング。
「アカン。去年みたいに最後に1本絞り出したかったんやけど。そんな甘くないっすね。帰着します」

13:55 
帰着。

s__8110092
「4770g! 今のところ暫定1位っすか。まぁ、5本持ってる選手がいたら厳しいでしょうね……」
想定していたメインパターンが外れてしまったなかで、フィールドの状況を敏感に感じ取り、魚を探し最後まで諦めずにキャストし続けたが、ラスト15分が勝敗を分ける結果となった。
惜しい結果となったが、最後まで可能性を信じてキャストを繰り返したトーナメントアングラー・片岡壮士。B.A.S.S. JAPAN Nation代表として、2017年10月にアメリカ・サウスカロライナ州で行なわれるB.A.S.S. Nation Championship on Lake Hartwellの大会に挑戦する。次のチャンスはぜひ掴んでもらいたい。


片岡壮士選手の成績
4尾4770g……2位

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!



2017/8/8

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING