サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 橋本卓哉選手のフットステップ

「篠塚亮になる!」。ヘビダン×消波ブロック撃ちで連発!

田島直樹=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


橋本卓哉選手


プラの感触と当日のプラン
「プラのいいときで3尾+3バイト。サイズは1500gぐらいのナイスサイズが釣れている。ただ、基本釣れない。今日はアシをメインにする。フライトは20番目。1DAYの試合だし、ただ釣りする時間が短くなるだけで損だよね。まずはねらいのエリアに入れるかどうか……」

入りたかったエリアに続々とエレキを下す各選手を横目に三ツ合堰跡を上流へ向かう。


6:22
■大正橋上流
プラではよかったエリア。
ファーストキャストはスピナーベイト。
その後、スティーズポッパー、5gテキサスリグ、ノーシンカーリグ・バックスライドセッティングとタックルをローテーションしながら細かくアシ際を攻めていく。

0654
「釣れないか~! 水があまりよくないな。皆がノーマークのところへ行く」


6:56 
■三ツ合周辺
テキサスリグやノーシンカーリグ・バックスライドセッティングを細かくカバー際に撃ちこんでいく。
「ここもプラでよかった。皆こっち側(左岸)やらないでしょ。ここ釣れるんだよ。プラでさ、朝は皆ここ通って行くでしょ? そのときグングンしちゃっててさ、シェイクオフしても外れないんだもん。皆に挨拶しながらもラインはドンドン出してさw大変だったんだから!」
プラのエピソードを話しながら細かくキャストを続ける橋本選手。
「ちなみにね、バイトあったところはもう過ぎちゃった……」


7:29
■北島応神橋
「俺は篠塚亮になる!」
高らかに宣言し、北島応神橋の消波ブロック帯を丁寧にペシペシと撃ち始める。
一見単調な作業であるが、「亮と俺しかやらない釣り方があるんだよ」とのこと。

「テトラやるときは引っ掛かるからダウンショットリグにヨリモドシはつけちゃダメ! スティーズフロロは根ズレに強いからテトラ撃ちでも安心して使えるよ」
ロッドはスティーズ681MMHFB-SVブラックジャックにリールはスティーズSV TW1016SV-SHL。ラインはスティーズフロロType-モンスターの13Lb。
リトルレインズホッグの7gダウンショットリグでヨリモドシなしの穴撃ち仕様。タックルは完璧である。
「プラでは1500gが釣れている。ちなみにその穴はもう過ぎちゃったけどね……」

8:00
ファーストバイト。
「食ったよ!」
ラインの強度に任せて穴から推定500gのジャストキーパーサイズを引きずり出すも、リグが捨てイトに絡まり無念のフックオフ。
「なんで、ラインが捨ててあるんだよぉ! ったく。てか、あのバスじゃ勝てない!」

「どこまで撃ったかな?」とすぐに気持ちを切り替えるあたりさすがである。

8:18
「食ったよ!」
しかしノンキーパー。
「サイズが変わっちゃった……」
消波ブロック帯の反応は悪くない。


8:45
■今切川下流域
「ゾウさんに見えるテトラがあるじゃないですか? いや、あれはコアラでしょ?」と一部のアングラーの間で意見が二分している消波ブロックを撃つ。橋本選手はコアラ派。

「このコアラでもプラでは釣れた」
コアラを目がけてダウンショットリグを黙々と投じる橋本選手。
「あ、ちなみに釣れた穴はもう過ぎちゃってるから……。どうっすかなぁ……。全部やるか?」
バイトが遠く迷いが生じる。

「亮、ゴメンよ~。プラが役に立たない(泣)」
距離を超えたチーム愛とテトラ愛好家同士の絆にしばしホッコリ(プレス)。
バスは釣れず。


9:05
対岸へ移動。
風が当たり、水門があり、ベイトっ気もある。
「ここ以外でどこよ?」とスティーズシャッドを投げ倒す!!


9:18
■北島応神橋下流の逆ワンド
「ちょっと寄り道!」と急遽逆ワンドへ。


9:29
■スタート地点付近の土管
スピニングタックルを手にし、「食わせる!」と宣言するも反応なし。


9:45
■共栄橋下流
スティーズシャッド。
「ここはゴロタが入っていて沈みものがたくさんある場所。だから、どちらかというとプアなところでポンとなにかがあるスポットをねらっていく」

「本当はあっちの水門やりたかったけど……」
他選手とバッティング。その選手がライトリグを使っているのをみて選択肢から外す。


9:50
■牛屋島橋周辺
コンクリート護岸をスティーズシャッドで流す。前方でボイル!
「ベイトがデカい……。シャッドでいいのか?」
迷いながら、タックルをドライブシャッドにチェンジ。
「旧吉はドライブシャッドがよく釣れるんだよ」

ひととおり流したあとに、シャッドでさらに流し直し。
「いい濁りが入ってる。ベイトもいる。なのに釣れない」


10:30
■長岸橋下流
アシをテキサスリグでフリップ、フリップ、フリップ……。
スピナーベイトとローテーションしながらアシを攻める。
「苦しいよ~、苦しいよ~。俺のセオリーがまったく通用しない……」

1127
「アシはさ~、突然バスが入ってきたりするのよ。まだ諦めてないよ」


11:10
■空港インター大橋下流
小移動。
スピナーベイトをハイピッチャーから来春発売予定のプロトタイプ(ダイワ)にチェンジしアシ際を丹念に探る。
「ハイピッチャーもいいけど、強さが違う。使いわけです。風が吹いて、アシ際についてたバスがフラフラしだしたのをねらう。釣れたらデカいよ」


11:30
■牛屋島大橋下流
バッティングで思ったエリアに入れず。
護岸沿いにスピナーベイト。

「あっ食ったな! 今食ったよ~」


11:55
■三ツ合周辺
沈船・流入河川・ガマをスピナーベイト主体に探るもノーバイト。
「こんな釣りじゃ絶対釣れないな」

1210

12:10
■北島応神橋周辺
再び消波ブロック帯へ。
「ん~、釣れない。修正が効かないわ」

12:30
「食ったよ!」

1303
1304
リトルレインズホッグ(7gダウンショットリグ)で700gクラスをキャッチ!

「いや~、ツラい。亮ありがとう……。しかしイト切れなくてよかったぁ」
耐摩耗性に優れたスティーズフロロの本領発揮である。
「ここで心中する」とその後も同じストレッチを撃ち続ける。

13:15
「食った……。よしっ、デカイ!!」

1346
1347
1348
1200gクラスをキャッチ。
「いや~、疲れた。篠塚亮の強さを知ったよ。ひと流しで2本出やがった。1日やってりゃ5本揃ったのかもな」

13:50
ストップフィッシング。
「いや~、力不足ですな。テクニックも引き出しもないとこうなるってことかな。でもこれがトーナメントですよ」

「いや、でも今回はいい経験になった。普段からもっとしっかりやらんと!」

14:00
帰着。


橋本卓哉選手の成績
2尾1905g……7位

1438
試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!



2017/8/15

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING