サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 長谷川耕司選手のフットステップ

カバーねらいのノーシンカーリグに2尾の1kgフィッシュが応えた!

赤羽修弥=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


長谷川耕司選手



6:07
フライト14番でスタート。
旧吉野川方向にバウを向け、上流へ行くべきか下流へ行くべきか迷いながらも、先行者のようすを見て下流に向かってスタート。


6:25 
■馬詰橋下流左岸
消波ブロック帯から釣りをスタート。
ファーストキャストはデビルズテール(スティックベイト系ワームのプロトタイプ)のノーシンカーリグ。
スピニングタックルで使用し、スキッピングでバンク際のアシや消波ブロックをねらう。
キャスト後はロッドティップを軽く上下に振りながらリトリーブ。
ロッドはスティーズ681MLFS-SVキングボルトを使用。ラインはフロロカーボン5.5Lb。

大谷川放水路河口で折り返し、馬詰橋まで戻る。

6:39
馬詰橋上流側へ移動。
同じくデビルズテールのノーシンカーリグをスキッピングさせていく。
水門まで流すが反応なし。

0641

6:48
■共栄橋上流左岸
デビルズテールのノーシンカーリグをキャスト。

6:56
やや上流へ小移動。

7:03
チェイスあり。

7:04
岸際のブッシュにノーシンカーリグをスキップさせ、枝にからませて揺するとバイトあり。
乗らなかったものの次のキャストにもバイト!
これをしっかりフッキングさせ1kgフィッシュをキャッチ。

0705
「これでノーフィッシュはなくなった!」

7:22
バイトを得たストレッチを再び流す。

7:29
対岸へエレキで移動し、下流に向かって流す。

7:55
再び対岸に戻りデビルズテールのカラーをピンクからグリーンパンプキンにチェンジ。


8:08
■新高橋
新高橋の下で再びワームのカラーをピンクに戻す。
「プロトのなかでも一軍が少なく、修理しながら使っている」

8:20
岸際のオーバーハングの下でノーシンカーリグにチェイスしてきた魚がいたがニゴイ。

0820

8:30
■三ツ合付近
三ツ合堰跡の岬へ移動。
ひたすらノーシンカーリグをスキップさせていく。

8:39
0847
合流付近の橋の橋脚をクワトロシャッドのダウンショットリグで探る。


8:52
■スタート地点付近
スタート地点付近のオーバーハングに移動。
デビルズテール(ピンク)のノーシンカーリグをスキッピングさせ続ける。

9:00
オーバーハングを攻めた後、対岸に移動して上流側を流していく。

9:04
「暑くなってきた~」
エンジンで移動しながらバナナを摂取。


9:13
■大正橋
大正橋の上流側の沈みもの(流木)に赤のミディアムクローのテキサスリグをキャスト。
「このクローワームは昔から好きなんです」

9:23
アノスライダーのダウンショットリグにチェンジ。

9:28
クワトロシャッドのダウンショットリグにチェンジ。


9:32
■川崎橋下流左岸
デビルズテール(ピンク)のノーシンカーリグをオーバーハングへスキッピングによる丁寧なプレゼンテーションで送り込む。
ワームを新品に交換。

9:44
川崎橋の橋脚もデビルズテール(ピンク)のノーシンカーリグでチェック。


10:19
■鳴門藍住大橋上流右岸
消波ブロックをクワトロシャッドのダウンショットリグで撃っていく。

10:32
タナゴがスレ掛かり。
「昨日の練習も外道ばかりだった(笑)」

1032
11:03
再び川崎橋へ移動。下流に向かって流しながら岸際のレイダウンやオーバーハング、ブッシュをデビルズテールのノーシンカーリグで探っていく。


11:09
■大正橋下流
下流に向かってボートを進めながらデビルズテールのノーシンカーリグで探る。


11:20
■スタート地点付近
スロープ上流のオーバーハング。
このスポットには相当自信があるようす。

ルアーをテキサスリグにチェンジしてブッシュの奥へアプローチしていく。
シンカーを7gに変更しさらにブッシュの奥をねらう。
「このエリア、風がないからヤバい。暑い、死にそう」


11:37
■北島応神橋の橋脚
アノスライダーのダウンショットリグで橋脚を撃っていく。
隣の橋脚も同様に撃っていく。

11:56
ボートをショアに移動させ、係留船の横へジョインテッドクローをキャスト。しかしわずか2投で見切る。


12:12
■共栄橋手前左岸のストレッチ
デビルズテールのノーシンカーリグをスキッピングで岸際のカバーの奥へ入れていく。

12:18
ワームを同じカラーの別のものに交換。

12:33
共栄橋の橋脚もデビルズテールのノーシンカーリグでチェック。
その後対岸へ移動。
「プロトタイプを実戦投入できていいテストになっている」

12:45
再び対岸に移動。
共栄橋上流左岸を流す。

12:59
カバーの下へスキッピングで入れたデビルズテールのノーシンカーリグにバイト。
1kgフィッシュをキャッチ。

1258
1259
「カバーの奥にワームが着水してからのワンアクションで食ってきた」

13:09
同じストレッチを往復。


13:49
■スタート地点付近
スロープ手前のブッシュに移動。
デビルズテールのノーシンカーリグを岸ギリギリへスキッピングさせていく。
「昨日はここで魚が釣れたのだけど……」

13:56
ストップフィッシング。


長谷川耕司選手の成績
2尾2174g……5位

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!



2017/8/11

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING