サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 江口俊介選手のフットステップ

FAT WHIP3inのライトテキサスリグで2キャスト2キャッチの連続ヒット!

竹原永智=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


江口俊介選手



スタート前
フライトは4番。 
「上流には上がらない。昨日雨が降って濁りがあり、サイトが難しい。行くならシェードができてから。まずは下流から」


6:10
■三ツ合、旧吉野川側左岸
●ダッジ
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
●ヤゴオオオオン(ノーシンカーリグ)
リップラップをダッジで流していく。
流れがよどむ場所ではFAT WHIP3ライトテキサスを丁寧に撃っていく。
オーバーハングにはヤゴオオオオンを岸ギリギリに入れていく。
「ローライトで魚がシャローに差していない」

0629
6:30
バイトなし。移動。


6:32
■新高橋下流右岸のアウトサイド
●ダッジ
到着後、漁師が仕掛けを投入しに登場。
「今日モッテないかもなー」とぼやく。

6:35 
移動。

6:45
導水管下流のリップラップエリアに移動。
●スピナーベイト 
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
本命スポットの100mほど手前からスピナーベイトをキャストしていく。
アシがからむリップラップをテンポよく流す。

50mくらい進みライトテキサスに変更。
「ここからリップラップの岩の幅がよくなる」
丁寧にリップラップ上からブレイクまでリアクションをからめたアクションで探る。
着底後、シャクリを3、4回入れてワームを暴れさせるというもの。

丁寧に探るがバイトなし。
「プラではかなり釣れたのになー。本番と同じ満水のタイミグで入って釣れたのに……」
やはりローライトで魚が散ってしまっているのか。

7:20
スピナーベイトで折り返す。
水門まわりでは5inスリムヤマセンコー(ジグヘッドワッキーリグ)を投入。
10㎝刻みの丁寧な釣りで時間をかけて探ったもののノーバイト。
「流れがない! 流れがあるところに行く」

7:35
移動。


7:38
■長岸橋付近左岸
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
●スピナーベイト 
●ダッジ
リップラップの岩の隙間にライトテキサスリグを撃ちながら橋に向かい、スピナーベイトで橋脚を1本ずつチェック。
「やはり流れがない。風が勝ってる」
左岸まで流して沈船をライトテキサスで探る。
ノーバイト。

0758
7:59
橋から下流に向かい、岩のからむフラットエリアにダッジを投入。
「ローライトで風もある。フラットにいるかも」
2投目、岸から5mほどダッジをスローに巻いているとバイト!!
フッキングし魚の顔が見えた瞬間、痛恨のフックアウト。
「間違ってなかった。まだ出る!」
まったく動じていなかった。

8:05
そこから下流に5mほど流し、アシがからむ際にダッジを通す。
2回目のバイト!
しかし、フッキングまでいかない。
「いつも乗るのに……。モッテねー」
フォローで5inプロセンコー(ジグヘッドワッキーリグ)を投入。
ノーバイト。

気を取り直して、下流に流し始める。風が強くなってきた。
風が当たるところはバドに変更して流す。
風が当たらないところはダッジを投げるがバイトがなくなる。
「気温が上がり始めてフラットからいなくなった」

8:30 
移動。


8:35
■牛屋島橋下流
●ダッジ
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)

ダッジで牛屋島橋まで流すがノーバイト。
先ほどのバイトがあったフラットを意識したものだったが、気温の上昇と曇りから晴れに変わった影響か釣れる気配がないようす。

8:37
牛屋島橋まで流した後、ライトテキサスリグで橋脚を撃つ。
しかしノーバイト。

8:40
牛屋島橋上流をダッジで流す。

8:46
大谷川放水路対岸の水門にライトテキサスリグを入れるがノーバイト。

8:53
放水路側に移動。
ダッジで流し、水路と本流の水が当たる岸を5inプロセンコー(ジグヘッドワッキーリグ)で丁寧に探る。
ノーバイト。

9:00
移動。


9:05
■馬詰橋下流の消波ブロック帯
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
消波ブロックの隙間にきれいに入れていく。
「テトラで出てもサイズが伸びないからなー」

9:07
待望のヒット。しかし20cmほどのノンキーパー。
「厳しい……。ノンキーとかプラで釣ってないのになー」

0915
9:23
0919
馬詰橋まで流すがその後のバイトはなし。
移動。


9:33
■新高橋周辺
●フラッシンデビル1/2oz
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
●5inスリムヤマセンコー(ジグヘッドワッキーリグ)
再度入りなおしてスピナーベイトで流す。
その後、ライトテキサスリグで丁寧にリップラップを撃っていくがノーバイト。
「なぜ釣れない!!」
プラでいい思いをしてしまったためかパターンを捨てきれない。

「もうこの場所は捨てる。移動だ! “ブンボカン!”するぞ!!」

9:51
移動。


9:56
■牛屋島橋下流
●ダッジ
●5inスリムヤマセンコー(ジグヘッドワッキーリグ)
ダッジで流すが、すぐに橋脚に移動しジグヘッドワッキーリグをドリフト。

その後ライトテキサスリグで橋脚をタイトに撃つがノーバイト。

10:04
移動。


10:15
■新高橋周辺
●ヤゴオオオオン
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
ヤゴオオオオンを岸ギリギリにキャストし中層をフワフワさせる。

10:22
10mほど流したのち、ライトテキサスリグに持ち替え流し直す。
着底後、3~4回シャクリを入れながらFAT WHIP3inが暴れるように動かす。
数投後、シャクリを入れた直後にロッドが曲がる。
落ち着いて魚をいなしランディング成功。

1030
1031
「よし!! これから、これから!」
推定40cm。800g。

1032
10:26
流し始めたスポットまで戻り、テキサスリグを再度投入。
岸とオイルフェンスギリギリにキャストした1投目。
フォール後、シャクリをいれた直後にロッドがしなる!!

「連続ヒット!! 連発はたまたまじゃねぇぞ! パターンだー!」
大きくガッツポーズ。
推定42cm。1㎏。

1035
10:47
ラインをチェックし結び直す。
ひと呼吸いれて同じストレッチを同リグで再度流す。
フラットエリアを流し、ブレイクもチェックする。
ブレイクのエッジ付近で同エリアでの3バイト目!!
しかし27cmのノンキーパー。
さらに流し続けるがバイトなし。

10:58
場を休めるために対岸に移動。
ライトテキサスリグ。シェードがからむ岩の岸へタイトに投げるがバイトなし。

11:02
再度、②に移動。
下流から上流に流す。ライトテキサスリグ。

1104
「風の向き的に下から流すほうがきれいに流せる」

11:18
移動。


11:30
■川崎橋上流
●バトルホッグ3.8in(テキサスリグ)
●BFカバージグ+バトルホッグ2.6in
カバー奥に撃っていくがノーバイト。

11:37 
移動。


11:42
■藍住大橋上流
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
●バトルホッグ3.8in(テキサスリグ)

1145
カバーとリップラップを撃つがノーバイト。
そのまま上流に流していく。

12:05
カバーにバトルホッグ3.8in(テキサスリグ)を撃つ。
魚からの反応はない。

12:07
移動。


12:11
■ひのき橋
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
橋の下から岸に向けてライトテキサスリグを撃ちながら下流に向けてボートを進める。
シャローカバーとリップラップを丁寧に撃つがノーバイト。

1228
「上流はダメだ。魚も少ない」

12:30 
移動。


12:44
■三ツ合、旧吉野川側左岸
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
シェードが絡んだ岩を撃つがノーバイト。

「皆ねらってるところが同じだな(苦笑)」


13:00
■新高橋周辺
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)
「ラストはここに賭けよう」

しかし先行者がいてうまく流せない。
時間だけが過ぎる……。

13:35 
移動。


13:40
■三ツ合橋より旧吉野川上流側
●ヤゴオオオオン
●FAT WHIP5in(1.3gネコリグ)
●FAT WHIP3in (2.7gライトテキサスリグ・ペグなし)

1352
「帰着まで諦めません!!」
シェード、カバーにヤゴオオオオン、ネコリグ、ライトテキサスリグを入れるが追加はできず帰着。


江口俊介選手の成績
2尾1853g……9位  

dscf3017
試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!

2017/8/17

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING