サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 近松卓二選手のフットステップ

現役琵琶湖ガイドが繰り出したのはスモラバのカバー撃ち!

山口議章=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


近松卓二選手



6:45
■大正橋上流
左岸からスタート。

0703
7:17
テキサスのカバー撃ちでバイトあり。
フォローに入れたエグジグ1/16oz+バトルホッグ2.6inにヒット!

0715
0716
0717

7:18
上流へ小移動。


7:29
■川崎橋下流右岸


7:59
■川崎橋上流右岸


8:26
■鳴門藍住大橋下流右岸

0831
「流れのないときは、ほかの水が入るところがいいと思う」


10:00
■川崎橋上流右岸
③のエリアに戻る。


10:14
■大正橋上流
①の対岸。

1034
10:56
水路側へ移動。

11:55
再度対岸に入り直す。


12:30
■大正橋周辺

1234

12:45
■三ツ合上流右岸


13:07
■三ツ合周辺


13:26
■新高橋

13:29
1326
エグジグ1/16oz+バトルホッグ2.6inで700gクラスをキャッチ!


13:44
■三ツ合周辺

13:56
帰着。


近松卓二選手の成績
2尾1874g……8位

dscf3026
試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!

2017/8/16

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING