サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD 開催!

残り1名の出場枠をかけた一戦は7月28日(金)!

サイト・ビー=まとめ
wctop02

オールスタークラシック、最後の出場枠を賭けた戦い


 昨年に引き続き、Basser Allstar Classic THE WILD CARDを開催します。

 このトーナメントは、9月30日~10月1日に開催予定のBasser Allstar Classic2017年大会の予選会という位置付け。メーカーやトーナメント団体の推薦を受けた20名の選手が出場し、優勝者がオールスター本戦の最後の1名の出場枠を勝ち取ります。

 「0尾でも5尾4㎏でも優勝以外は同価値の大会」とは、昨年出場したある選手の言葉。勝敗の決定はバッグリミット5尾の総重量(キーパーサイズ30㎝)という一般的なフォーマットですが、シリーズ戦のトーナメントと異なり、常にフィールドのマックスウエイトを持ち帰る釣りが求められます。

 siteBでは、28日午前10時ごろからリアルタイムで各選手の釣況を配信していく予定です。また、14時からのウエイインの模様はBasser公式ツイッター(https://twitter.com/Basser_editor)にて実況します。さらに試合終了後には選手ひとりひとりのフットステップを随時更新!

 残念ながら当日の会場には、駐車場もメーカーブースの出店もありませんので、一般の方の観戦・応援はできません。その分、siteBにご注目ください! なお、荒天の場合は延期といたします。

Basser Allstar Classic THE WILD CARD出場選手

※紹介は50音順です。

市村直之(いちむら・なおゆき)
JB TOP50選手として全国を転戦しつつ琵琶湖でプロガイドを営んでいる。2017年は自身のブランドismを立ち上げた。

ブログ:イチジェネブログ

ichimura recommended by
ism
江口俊介(えぐち・しゅんすけ)
JB TOP50で4勝の実績をもつ。オールスタークラシックのビッグフィッシュレコード(2920g)ホルダーでもある。

facebook

eguchi-a recommended by
raidjapan-logo-gold
大高 哲也(おおたか・てつや)
JB桧原湖やJB霞ヶ浦に参戦するトーナメントアングラー。2017年4月のJBⅡ霞ヶ浦第1戦で優勝。

ブログ:継続は力に変わる……⁈

otaka-b recommended by
raidjapan-logo-gold
折金一樹(おりかね・かずき)
房総半島を中心にNBCチャプターやH-1グランプリに参戦するアングラー。2016年はハードベイトオンリーのH-1グランプリで年間優勝を決めている。

ブログ:オリキンボックス

orikane recommended by
h-1_logo
片岡壮士(かたおか・そうし)
2016年よりJAPAN B.A.S.S.NATIONにクォリファイしデビューイヤーでAOY獲得とクラシック制覇を成し遂げた。かつてはJB TOP50に参戦し優勝経験あり。

ブログ:そーしの琵琶湖deバスフィッシング!

kataoka_11 recommended by
bassofjapan
川口直人(かわぐち・なおと)
「組長」の愛称で知られる。JB TOP50選手で同カテゴリーの3日間合計ウエイトのレコードホルダー(高滝湖で樹立)。

ブログ:組長日誌

kawaguchi_01 recommended by
daiwa_logo-1024x236
草深幸範(くさぶか・ゆきのり)
霞ヶ浦を主戦場とするトーナメント団体W.B.S.のグランドスラマー。利根川水系、桧原湖、琵琶湖でプロガイドも営んでいる。

facebook

kusabuka recommended by
showa
小池貴幸(こいけ・たかゆき)
2010~2016年にJB TOP50に参戦。2015年の遠賀川戦を優勝。NBCチャプター河口湖で2004年に優勝。現在は琵琶湖でガイドを営みながらJBマスターズに参戦。

ブログ:cikeのブログ

koike recommended by
gi-logo-ill
酒井俊信(さかい・としのぶ)
霞ヶ浦水系のスーパーロコアングラー。釣りビジョンで真冬のジャークベイティングなどを披露し注目を浴びるヤングライオンだ。

sakai recommended by
duo-rogo
佐々一真(さっさ・かずま)
2016年からJB TOP50に参戦。今年は開幕戦の遠賀川で優勝争いを演じ、3戦終了時で年間10位という好位置に着けている。

ブログ:life goes on

sassa recommended by
shimano
杉村和哉(すぎむら・かずや)
琵琶湖プロガイド。「バスフィッシングで食べていきたい!」という強い思いを胸にフィッシングガイドという生き方を選んだ。

ブログ:琵琶湖ブラックバスフィッシングプロガイド 熱-HEAT-!!!blog
    杉村和哉のメガバスブログ

sugimura_01 recommended by
megabass_logo
鈴木隆之(すずき・たかゆき)
JB TOP50、同マスターズ、同桧原湖などに参戦。ガイドを営んでいるホームレイクの桧原湖に強く、JB桧原湖で2012年、2014年に年間タイトルを獲得。

ブログ:極上☆Style…

suzuki recommended by
0_osplogo-1024x433
近松卓二(ちかまつ・たくじ)
琵琶湖でガイド業を営み、BATNETに参戦。2016年の同シリーズ(ボーター部門)で年間タイトルを獲得。優勝、入賞多数。

ブログ:琵琶湖北湖ガイド 近松卓二のG.O.Mガイドサービス

chikamatsu recommended by
batnet
橋本卓哉(はしもと・たくや)
W.B.S.に参戦し、霞ヶ浦でガイド業を営む。W.B.S.では2006年にクラシックを優勝し、2008年と2009年に年間タイトルを獲得。2007年のBasser Allstar Classicを優勝。

ブログ:Boooon!

hashimoto_01 recommended by
daiwa_logo-1024x236
長谷川耕司(はせがわ・こうじ)
琵琶湖でガイドを営んで20年のキャリアを持つ「湖北の住人」。湖北ガイドサービスFLASH POINT HASEGAWA所属。

ブログ:琵琶湖 バス釣り ガイド 長谷川耕司「続・スクリューなブログ」

hasegwa recommended by
boreas
福光正樹(ふくみつ・まさき)
利根川のTBCで2013年に年間タイトルを獲得。チャプター徳島で2015年に年間タイトルを獲得2004年のチャプター千葉で年間タイトルを獲得。

ブログ:Achieve the best !!

fukumitsu recommended by
thimco
本堂靖尚(ほんどう・やすなお)
JB TOP50に参戦。2016年にJBⅡ四国で年間タイトルを獲得し、同年の旧吉野川戦で優勝。2013年のNBCチャプターさめうら第4戦を優勝。

ブログ:”HONDO style”

hondou recommended by
logo 徳島チャプター


茂手木祥吾(もてぎ・しょうご)
JB TOP50に参戦。2009年の年間ポイントランキング6位。2012年の桧原湖戦を優勝。

ブログ:さかなと釣りと僕

motegi recommended by
casting-logo
薮田和幸(やぶた・かずゆき)
2013~2016年にJB TOP50に参戦。2009年NBCチャプターヒューマン仙台校年間1位、同年チャプター山形年間2位。琵琶湖でガイドを営む。

ブログ:琵琶湖・八郎潟ガイド薮田和幸のバス釣りblog

yabuta recommended by
header_logo_01
山岡計文(やまおか・かずふみ)
JB TOP50に参戦。2012年の早明浦湖ダム戦を優勝。2012年にNBCチャプター紀伊半島王座決定戦年間1位(2009年も獲得)、チャプター奈良年間1位(2011年から連覇・2009年も獲得)。ほかJB津風呂、同ウエスタンなどで優勝多数。七色・池原貯水池でガイドを営む。

facebook

yamaoka recommended by
0_osplogo-1024x433

2017/7/27

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING