サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2014年JB TOP50桧原湖戦を振り返る :第3回(全4回)

2日目に炸裂した馬淵の大口。

Basser編集部=写真と文
 この記事ではBasser2014年11月号に掲載されたJB TOP50桧原湖戦のレポートを掲載する。8月29日~31日にかけて開催されたこの試合では、吉田秀雄選手が他をあっと驚かせる釣りで優勝した。

 折しも今週末(2016年9月9日~11日)には、同じく桧原湖でのJB TOP50戦が控えている。今回の試合を見守るうえで、同じフィールドで開催された試合を振り返るのはとても意義のあることだと思う。

 2014年とは2週間ほど日程に違いがあるが、その季節的なうつろいも踏まえたうえで、選手たちの釣り方やタックルに注目しつつ、試合結果を追っていくことで、このフィールドへの理解が一層深まることは間違いない。

 第3回は、2日目にすべてラージマウスバスで5尾のリミットを揃え、6325gをウエイインした馬淵利治選手を取り上げる。


※記事内敬称略

“伝説”が作られるまで


 今大会、いや、今シーズン……、いや、JB TOP50史上のハイライトのひとつに間違いなく選ばれる出来事が桧原湖戦の2日目に起きた。

 それは馬淵利治が6325gというウエイトを持ち帰ったこと。多くの選手や観客が期待すらしていなかった前人未到の数字だった。

mabuti-1a伝説を記録として残すべく、写真撮影時のバス持ちは異例の3人体制で行なわれた。馬淵のボスでもある今江克隆と、そのサポート役としてツアーに同行する渡辺健司が手を貸した。5尾のラージマウスの内訳は2kg超1尾と1kg前後が4尾というもの

 この記録が生まれるまでの流れを追ってみよう。

 まずは試合初日。帰着直前、馬淵はリミットメイクしていたが、キーパーギリギリのスモールがライブウエルに1尾入っていた。「どうしても入れ替えたい」と時間ギリギリまで粘った結果、スコアアップには成功したものの、まさかの帰着遅れを宣告される。よって初日は失格扱い(スコアはゼロ)。

「最悪……。なんでこんな遠くまで来てこうなるんや……っていう気分でした(馬淵は四国在住)。初日は宿に帰って何もせずに18時に寝ました。で、朝、今日出場するのイヤやなぁ~と思いながら起きた。でも、同時に『今日は釣れるな』とも思いました。初日に思いっきり外したときに2日目に爆発するのがいつもの僕なんで。まぁ、いくらがんばっても予選落ちは決まりですよ。やっぱイヤやなぁ~と宿を出て、『どうせなら違うことをやろう』と思って、ラージねらい用にタックルを組みました」

 2日目のスタート後、馬淵が入ったのは桧原湖の北端にあるシャローエリア。ほかの場所と比べて濁りが入っており、スタンプや立木などのシャローカバーが豊富なのが特徴だ。水深2~3mのエリアに生える立ち木を2.5gリーダーレスダウンショットリグで撃つとすぐに1kgクラスのラージがヒット。周辺にある同じ条件の立ち木を探ると、リグが着水後にラインが走るバイトが続いて900gクラスのラージを2連発。瞬く間に3kg近いスコアを作った。

「バイトの出方から察するに、ヤル気があるラージのスクールに当たったんだと思います。運がよかった」

 その後、各種ウイードが生えるシャローエリアへ移動。サイトフィッシングで1200gのラージを獲り、続けて800gのスモールを2尾キャッチ。11時を前にして計5kg弱をライブウエルに入れた。

 その後、朝のシャローエリアに戻ったのが11時ごろ。スタンプや立ち木をリーダーレスダウンショットリグで撃ち600g前後のラージとスモールを1尾ずつキャッチ。ひと流しすると雲行きが怪しくなり、馬淵は「もう少しで雨が降るな」と感じたという。そのため巻き物にシフトしてもうひと流しすることを決断。スピナーベイトとチャター系ベイトが選択肢にあったが、あまり迷わずチャター系ベイトをキャスト。

「このエリアはもう終わり気味だと感じました。飽和気味の場所を釣るとき、スピナーベイトだと絞り出せないイメージがある。でも、チャターは意外なことが起きる印象があります。自分のなかでスピナベは“探す”ルアー。チャターは“スイッチを入れる”ルアーです」

 読みどおり、水深1m前後のスタンプエリアでチャター系ベイトを高速引きして水面直下を通すとバイトが出た。1kgアップが船べりでルアーを襲うのが見えたという。ミスバイト後のバスの動きを観察すると、スタンプとウイードが絡むスポットに戻るのを確認することができた。場を休めるために15分のインターバルをとるとちょうど雨が降り始めた。

「ここに絶対おる!と確信していたので、スタンプから10mほどのところでパワーポールを刺して船を固定しました。同じコースに何回も投げるつもりだったからです。一投目で『何か通った?』と思わせて、2、3、4投と重ねることで本能的なバイトを誘うイメージでした。チャターはそういうことができる」

 その5投目で食ってきたのが56cm、2134gのモンスターだった。この一撃で馬淵は野尻湖に引き続き2試合連続のビッグフィッシュ賞を獲得。

 その後チャター系ベイトで1200gのラージでさらなる入れ替えに成功した馬淵は6325gというウエイトを持って帰着。もちろんトップウエイト。これが2日目の流れである。

 試合後のインタビュー時、「二度と桧原ではこのウエイトは出ないでしょうね」と馬淵に言った。すると馬淵はすかさず否定した。

「いや、自分なら桧原湖で8kgまで出せると思っています。今回の6kg超えも、すべてが噛み合った結果なのは間違いないですけど、想定内の数字です。自分ならできると思っていました。ただ、僕じゃないと無理でしょうね。このウエイトを出すにはトーナメントで勝つための釣りから離れなきゃダメです。
 トーナメントでの強さって、統計学的に確率が高いパターンをいかに正確にテクニカルに続けられるかで決まると思うんですよ。長い間釣り人が積み重ねてきた“普通の釣り”を高い精度でやることが大事。
 そういう意味では、最近の僕はトーナメントアングラーのなかでは別の部類に入ってきてる。伝説を作れる釣りができるようになってきたんです。野尻湖でビッグフィッシュ(1672gのラージ)を釣った日も、実はラージのロクマルと、特大のスモールを掛けてるんですよ。スゴいパターンで。バラしてなかったら何kgいってたんやろ? って思います。
 去年あたりからそういう釣りを追求しています。自分の釣りで人も感動させたいんですよ!」

MABUCHI’s Tackle

■チャター系ベイト
ルアー:モグラモスチャターパーフェクション3/8oz+ジャバシャッドISプラス4.5in
ロッド:ロデオライド/6ft6in、ミディアムパワーのプロトタイプ
リール:レボ・パワークランク5
ライン:バウオスーパーハードプレミアムプラスハイグレード12Lb

■2.5gリーダーレスダウンショットリグ
ソフトベイト:ダッドカット2.5in
ロッド:ロデオライドRR-BF65LXFF
リール:レボLTZ BFC930PROファクトリーチューン仕様
ライン:バウオスーパーハードプレミアムプラスハイグレード8Lb

■ノーシンカーリグ
ルアー:アンクルゴビー3inテールカット&ラバー刺し仕様
ロッド:ロデオライドRR-S511LFF
リール:イグジスト2506
ライン:バウオスーパーハードスーパーフィネス4Lb
※ロッドとルアーはイマカツ、ベイトリールはアブ・ガルシア、スピニングリールはダイワ、ラインは東レインターナショナル



  
 

TrippinBanner



  
JB TOP50を戦う青木大介選手とそのライバルに密着!
シリアス8
DVD-155分
 
 

2016/9/7

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING