サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

赤羽修弥のテキサスリグ道場 :第2回(全5回)

ちゃんと基準がある! テキサスリグのフック、シンカーの選び方

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
AKAストレートフックとオフセットフック、シンカーのウエイト、きちんと選べていますか?



フックの種類や大きさ、シンカーのウエイト。
状況に応じたセレクトを赤羽先生が解説。



編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2009年10月号に掲載されたものを再編集しています

赤羽01講師=赤羽修弥(あかばね・しゅうや)
赤羽先生のfacebook

1966年12月20日生まれ。W.B.S.で10年以上にわたって活躍を続け、同団体で歴代最多の優勝回数を誇る。2008年、2009年、2010年とオールスタークラシック三連覇。「もっとも使用頻度が高いリグ」としてテキサスリグを挙げる。マイブームは「4文字略語」で、たとえば「美浦にあるガスト」を「ミホガス」と呼ぶ。口癖は「まいど!」。


山形3生徒=ヤマガタ(Y)

追い詰められるとテキサスリグを撃つ習性がある現Basser編集長。締め切りが迫ると会社に泊まり込むが、原稿を書いているのではなく、夜な夜なピッチングの練習をしているだけなのではないかという疑惑をもたれている。


佐々木5生徒=ササキ(S)

取材当時は編集部に入りたての新人。カバー撃ちを毛嫌いし、「もっとも信用できないリグ」としてテキサスリグを挙げていた。苦手を克服するまたとないチャンスとこの道場の生徒役に志願。取材後も練習に励み、2012年9月号掲載の編集部対決ではビリを回避する1尾をテキサスリグでキャッチ。


214_doujyou-zagaku-01 テキサスリグとは……ウイードレスにフックセットしたワームの上にバレットシンカーをセットした形のリグ。根掛かりしにくくすり抜けがいいので、込み入ったカバーやウイードの中をねらうのに適している。ボトムのズル引きも得意。カーリーテールやシャッドテールワームをセットして巻き物として使うにも相性がいい。

赤羽先生の問③

フックのタイプ、大きさによる使い分けを答えなさい

赤羽01赤羽 まずはストレートとオフセットタイプの使い分けから答えてみよう。




214_doujyou-zagaku-10aオフセットフック
214_doujyou-zagaku-10bストレートフック

ストレートタイプとオフセットタイプにはそれぞれメリット、デメリットがあるので、それを理解して適切に使い分けよう

佐々木3 それならバッチリ予習してますよ。ストレートタイプのほうがフッキングがいいんですよね。赤羽さんが去年(2008年)のオールスターでストレートフックを使ってノーミスだったの、覚えてますよ~。


赤羽08赤羽 完璧なフッキングが決まれば、という条件付きでね。そのためにはねらうスポットとの距離が近いことと、縦のロッドストロークで上方向へ強くアワせることが必要になる。その条件を満たせば、最初にフックポイントが触れた位置を貫通してくれるストレートタイプは大きな武器になるよ。


214_doujyou-zagaku-11ストレートタイプのフックをパワーホッグ4inにセットしたときの断面図。フッキングすると、フックポイントがソフトベイトに対して斜め上方向にズレるので上アゴを捉えやすい

山形3 じゃあバスの活性が低くてショートバイトが多いときや、ディスタンスをとってオダとかを探るときはオフセットタイプのほうがいいんですか?


赤羽01赤羽 そのとおり。ストレートタイプのフッキングのよさが活きるアングラーとバスの距離は5m以内、遠くても10mまでだね。オフセットタイプはフッキングがいまいち決まらなくても、薄皮1枚で掛かってくれる。逆に言うと、ストレートフックと比べて薄掛かりが多いってことでもあるんだけどね。


214_doujyou-zagaku-12オフセットタイプのフックをスイングインパクトファット3.8inにセットしたときの断面図。フックポイントの向きがソフトベイトと平行になっているので、ショートバイトのときやフッキングが甘い場合でもバスの口の周りの薄皮を拾ってくれる

佐々木4 ふむふむ。赤羽先生、ひとつ質問が。ストレートタイプのフックだと、何投かするとどうしてもソフトベイトがズレちゃいます。こまめに直すしかないんでしょうか?


赤羽01赤羽 いろいろ試したけど、自作のワームキーパーをセットするのがベストだね。ソフトベイトがズレにくくなるからセットし直す手間が減るし、フッキングのときにハリ先を出やすくする効果もある。


ソフトベイトがズレない! 熱収縮チューブによるワームキーパー作成法

214_doujyou-zagaku-tube-01
①家電関連の専門店などで購入できる熱収縮チューブを用意する。赤羽先生が用いているのは、内側に接着剤が塗られた外径2.5mmの肉薄なタイプ。納得がいくものを見つけるまでにかなり苦労したという


214_doujyou-zagaku-t#806E93 ②ハサミで1cmほどにカットしたものをさらに半分にカット。切り口は斜めにしよう
214_doujyou-zagaku-tube-05 ③写真のようにフックに通してライターであぶり、柔らかいうちに形を整える



赤羽01赤羽 じゃあ次は、フックの大きさについて。ヤマガタ君はどんな基準でサイズを選んでるの?


山形3 できるだけ大きいほうが掛かりやすい気がします。ソフトベイトのボディーとほぼ同じ長さのフックを合わせるようにしています。


赤羽01赤羽 それでいい。あとはフッキングの妨げにならないように、ソフトベイトのボディーの太さに対して充分なゲイプ幅があるフックを選ぼう。


214_doujyou-zagaku-031ストレートフックを用いて完璧なフッキングができた場合、このように上アゴを貫けることが多い。ここまで身が厚い箇所にフックアップできれば、ちょっとやそっとではバレない

a-prof 赤羽先生の答え③


バスとの距離が近く、確実なフッキングができるならストレートフック。
バスの活性が低くてショートバイトが多いときや、10m以上離れたところを探るならオフセットフックと使い分けます。
ソフトベイトの太さに対して充分なゲイプ幅があるフックを選びます。



赤羽先生の問④

シンカーウエイトの使い分けを答えなさい

佐々木4 僕は、リグがストン! と落ちちゃったら釣れる気がしないので、フォールスピードを抑えることができる3.5gばかり使っています。ゆらゆら落ちたほうが美味しそうに見えるんじゃないでしょうか。


赤羽01赤羽 間違っちゃいないんだけど、「カバーの中に入れられる重さ」っていう絶対条件を忘れてるかな。3.5gでも入る薄めのカバーなら問題ないんだけどね。基本は、カバーにちゃんと入れられて、なおかつボトムを感知できる範囲で軽いウエイトを選ぶこと。そのウエイトは、技量やカバーの種類と密度、風と流れの強さ、ソフトベイトのタイプによって変わってくるから、臨機応変にローテーションしよう。


214_doujyou-zagaku-13テキサスリグにセットするのはバレットシンカー。赤羽先生がよく使うウエイトは3.5~10g

佐々木5 ということは、ゆっくり落としたほうがバスが口を使いやすいっていう僕の考えは正解ってことですか?


赤羽01赤羽 そうだね。ただ、ストン! と落としたほうがバスの反応がいい日もあるから、あえて重いシンカーを試してみるのは大アリだよ。カバーの奥へも入れやすくなるしね。あとは、ソフトベイトのパーツがフォール中にしっかりアクションするウエイトを選ぶことも大切だね。


a-prof 赤羽先生の答え④

・カバーに入れられる
・ボトムを感知できる
・フォール中にソフトベイトのパーツがしっかりアクションする
この3点を満たす範囲で軽いウエイトを選ぶのが基本的な考え方です。

ただし、ストン! と落としたほうがバスの反応がいいこともあるのでいろいろなウエイトを試してみましょう。



赤羽先生の問⑤

シンカーストッパー(ウキ止めゴム)はセットすべきか答えなさい

山形3 ほぼ100%セットします。シンカーストッパーなしだと、シンカーだけ水中に入って、ソフトベイトはカバーの上に……、なーんて悲しい事態が起きてイヤなんです。


佐々木4 僕も同じです。シンカーが動かないように付けます。




214_doujyou-zagaku-011赤羽03赤羽 たしかにカバーを撃つことだけを考えると悪くないチョイス。でも、それだとシンカーとソフトベイトが完全に一体化するフロリダリグを使ったほうがよくない?


山形1 あ……、たしかに。じゃあ、もうテキサスリグは用ナシですね。


赤羽06赤羽 ちょっと待った! フロリダリグはカバーには入れやすいけど、デメリットも多いんだ。まず、ソフトベイトのアクションがシンカーの動きに影響されやすくて、ナチュラルなアクションが出せないんだ。それに、ストレートフックをキレイにセットしにくい。


佐々木4 つまりテキサスリグの場合でも、ストッパーでシンカーとソフトベイトを完全にくっつけると動きが損なわれるんでしょうか?


214_doujyou-zagaku-03赤羽01赤羽 そうだね。だから、よほど濃いカバーを釣るとき以外は、ストッパーをシンカーから1cmくらい離してセットすればこのデメリットを解消できる。バスの食い込みもよくなるしね。濃いカバーを釣るときはストッパーを二重にするのも手だよ。


山形3 なるほど。じゃあオープンウォーターを釣るときは付けなくてもOKなんですね。ところでビーズは入れたほうがいいんですか?


赤羽08赤羽 どっちでもいいと思う。ただ、もし入れるのであればシンカーの凹みよりも大きなサイズのビーズを使うこと。そうしないとカチカチッという音が出ないから意味がなくなっちゃうんだ。


a-prof 赤羽先生の答え⑤


多くの場合、ワームの動きが引きだせるようにシンカーから1㎝くらい離してシンカーストッパーをセットします。
濃いカバーを釣るときは入れやすさ重視で、シンカーにくっつける。
オープンウォーターでは付けなくてもOK。





  
 
 

 

明日使えるテクニックから
国内外のトーナメント情報まで

Basser
最新刊好評発売中

2016/7/8

おすすめ記事

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING