サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

荻野貴生&沖田護コンビが語るPEライン論 :第5回(最終回)

オギタコンビのお気に入りPEライン

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
01
バスだけでなくソルトウォーターのターゲットも日ごろから釣りまくっている荻野貴生さんと沖田護さん。
バスよりもPEラインの使用頻度が高い海釣りに精通しているふたりは、PEラインに関する知識も豊富だ。
この記事ではBasser2013年3月号、特集「PEラインで手繰り寄せるバスフィッシングの新たな世界」に掲載された対談をプレイバック。
PEラインの長所、短所はもちろん、リーダーの結び方、モノフィラとPEでルアーのアクションや操作性にどんな違いが出るのか、などなどオギタコンビが語りつくします。


kako1荻野貴生(おぎの・たかお)

荻野先生のブログ「荻野貴生のオギ日記
1967年生まれ。東京都出身、東京都在住。プロガイドとして活躍しながらタックルショップ「GOOBER」の店主を務める。バスはもちろん、シーバスやメバルなどさまざまな魚種のエキスパートとして活躍している。かつてはW.B.S.に参戦し、クラシックやスーパー3デイズで優勝経験あり。



247-zagaku-titlep沖田護(おきた・まもる)

1971年生まれ。TBCトーナメントで2010年から2015年までの6年間に5回AOYを獲得するなどの実績をもつ超実力派アングラー。一方、Basserにて連載されていた「オギタ式。」のように日ごろからバスに限らず海の魚もバンバンねらいに行くという顔ももつ。



オギタコンビの愛用PEライン


――第4回まででPEラインへの考え方を教えてもらいましたが、今回はおふたりのお気に入りのPEラインを教えてください。

okita01「ボクは沖釣りが好きなんで、各種PEを使ってきましたけど、なかでもジギング用の『PEジガー8HG』はお気に入りで海でもバスでも使っています。指触りがツルツルのとってもしなやかな表面加工なのでスプール離れもいい。だからキャストの釣りでもPEならではの違和感がほとんどないんです」

pe_jigger8_hgソルトウォータースペシャル PEジガー8HG(サンライン)

――バスではおもにどんな場面でいいんですか?

okita01「わかりやすいのはフロッグ。キャスト精度の違いを感じるし、単色じゃなくてマーキング入りなのもいい」

ogino4「それはなぜ?」

okita01「オーバーハングの下の木の根もととか見えない位置までスキッピングで送り込んだときに『ドブンッ』という捕食音が聞こえても、咄嗟にバシンとアワせたところでフッキングしませんけれど、これならラインがどこにあるのか、ススっと引き込まれるラインの動きを見て適切な方向とタイミングでアワせられます」

2016 NEW ITEM stuter シューター・ステューター(サンライン)


「2016年に新しくバス用として登場したPEラインで、今はこちらも気に入っています。フロッグをカバーの奥の奥に入れるようなときはPEジガー8HGの出番ですが、そこまで入れる必要がない場面ならステューターのほうが使いやすい。PEジガー8HGよりも比重が高いので、風に流されにくく、操作しやすいと感じています」と沖田さん。

――なるほど。荻野さんのお気に入りは?

ogino2「それはもう断然スーパースムーズですよ。これはブレイデッドラインではないから適度な張りがある」

――ブレイデッドラインとの使い分けは?

ogino2「アキュラシー性を高めるなら適度な張りでメンディングしやすいスーパースムーズ。アキュラシー性が最優先ではない、飛距離とか沈めることを優先するときにブレイデッドラインです」

――強さはどうなんですか

ogino2「どちらも強いですね。ただ撚らずに束ねたものを表面加工しているスーパースムーズのほうが強いように思えるけど使っているうちに毛羽立ってくるのが早い。だからある程度使ったらこまめにチェックして毛羽立ってきたところはカット。全体的に毛羽立って来たら交換します。これは短所じゃなく長所ですからね。だってほかのPEだって毛羽立ちにくいだけで同じようにヨレてるし擦れて消耗しているのに気づきにくいだけだから。最近のPEは表面がツルツルスベスベしていますが、撚っている以上は凹凸がある。モノによっては見るからにザラザラしているものもある。それがガイドと接触するわけですから魚からしてみれば騒音です」

okita05「ひどくガイド鳴りのするPEで巻き物をしても釣れる気がしないよね」

ogino2「その点、スーパースムーズは使用感がまんまモノフィラなんでノイズがない」

荻野さんの2016年現在の愛用PEライン amproアーマードF+プロ(デュエル)

本文中で登場したスーパースムーズは残念ながら販売が終了してしまっている。それに代わって荻野さんが現在愛用しているのがアーマードF+プロだ。「表面が滑らかでアキュラシー重視のキャストがしやすい、適度な張りがあってメンディングなどのライン操作がしやすいといった長所をスーパースムーズから受け継いだラインです。さらに強度と耐久性がともにアップしていたり、つぶれにくくなっていたりと進化しています」と荻野さん。

――なるほど。第1回からの内容をまとめるとオギタコンビにとってのPEは海ではバーサタイル、バスでは特定条件におけるスペシャルな存在ということでよろしいですか?

ogino2「うん、そうですね」

――本日はありがとうございました!



banner_03


沖田護さんのスモラバ克服歴も掲載。「正直、今でも、試合とその練習以外では、ボートに積むこともしない」という沖田さんが「このルアーじゃなきゃ」とスモラバを投入するシチュエーションとは?

↓表紙クリックでBasser2016年11月号の試し読みができます basser11

 

荻野貴生さん&沖田護さんコンビが映像でも活躍

3057_S 動く オギタ式。
DVD-180分

2016/10/9

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING