サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

篠塚亮のテトラ撃ち道場 :第2回(全6回)

テトラ帯で釣れやすい条件はある? テトラの古さで釣果に差は出る?

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
254-dojo-005a

冬といえばテトラ撃ちの季節!!
「え? そうなの?」という方もいるでしょうけれど、そういうものだと思ってください。
そしてテトラ撃ちといえば「しのつか」さんです。
「しのづか」ではなく「しのつか」です。
JB TOP50屈指のテトラーである篠塚亮先生に、厳しい冬の釣行で心のよりどころとなるテクニックを伝授してもらいましょう!


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2013年2月号に掲載されたものを再編集しています

sinotuka01講師=篠塚亮(しのつか・りょう)

1980年生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒で、同大学の先輩である並木敏成さんのあとを受けて卒論の題材に「ブラックバスの釣獲調査」を選ぶ。学生時からJBマスターズやNBCチャプター茨城に参戦。2006年にTOP50へ昇格。主な戦績は2009年JB TOP50 第5戦桧原湖優勝、2013年JBジャパンスーパーバスクラシック北浦優勝。2015年JB霞ヶ浦年間優勝など。

ブログ「シノツカ君、幸せそうなの。

山形1生徒=ヤマガタ(Y)

1978年生まれ。世界中のバス釣り雑誌編集部員のなかで、篠塚先生のテトラ撃ちをもっとも長時間見ているランキング1位(TOP50で同船して通算6日間分見ている)。

s4生徒=ササキ(S)

1984年生まれ。2013年のオールスターで優勝した小野俊郎さんのウイニングエリアは利根川のテトラ帯。そのオールスターの2日後、篠塚先生に教わったとおりに、オカッパリで同じテトラ帯をねらうとナイスフィッシュを3尾キャッチできた。

 


254-dojo-016a テトラ撃ちとは……消波ブロック(通称テトラ)帯のバスをねらうため、ブロックの隙間にリグをプレゼンテーションしていく釣り方。

YとSからの質問③
テトラ帯がとくに釣れる条件を教えてください


y3 ……教えてください。

s4 前回のお話では、夏と冬にとくにいいということでしたけど、じゃあその季節の一日のなかで、「こんなときはテトラを撃ちなさい」というタイミングはあるんでしょうか。

sinotuka03篠塚 む、難しいですね(汗)。教科書的な答えはありますけど……、実体験をもとに言えば、これといったパターンは見出せていないのが正直なところです。

s4 たとえばですけど、マヅメになったら、曇ったら、風が吹いたら、流れが出たら、穴の奥から浮いて来てフィーディングするとか、そういうことは言えないんですか?

sinotuka03篠塚 いや~、歯切れが悪くて申し訳ないんですけど、それも言い切れませんねェ。完全に「テトラ帯=住み家」ならそうなんでしょうけど……。

y3 僕も、ササキが言うように思ってたんですよ、2012年の夏のJB TOP50旧吉野川戦の前までは。

254-dojo-003sinotuka01篠塚 あのときは、流れが止まっている時間帯に、曇って風が出ると、テトラ帯の中でバスの食いが立ちましたね。

y3 逆に流れて晴れている時間帯は、近くのエリアで巻きモノをやっていた福島健さんや、杭やリップラップなどの割とオープンな場所を釣っていた小林知寛さんが好調でした。ほかの選手やエリアを見ても、テトラ組とその他とでは、釣れていた時間帯がキレイにズレていましたよ。

s4 曇ったらテトラ帯の中で、晴れたら外ですか? 想像と真逆です。

sinotuka01篠塚 毎日、ごく短い時間でしたけど、テトラ帯の中でラッシュが掛かったんですよ。前回の設問のとおり、ただの住み家じゃなく、コンビニ隣接ってことですね。

y3 あのとき印象的だったのが、長いテトラ帯のなかでも、釣れる場所では毎日釣れたということです。

sinotuka01篠塚 コンビニの場所は動かないってことです。どこのテトラ帯でも、釣れる場所はだいたい決まっています。

s3 え!? どんなところが釣れるんですか? テトラ帯って、撃つ場所がありすぎて困っちゃうのでぜひ聞きたいです。

sinotuka01篠塚 そのあたりは実践篇で解説します。かなり単純なことですよ~。

254-dojo-019a長く続くテトラ帯のなかでも釣れやすい場所があるという。どんな場所をねらうべきかは実践篇で解説!


shinotuka 篠塚先生の答え③
一日のなかで釣れるタイミングがいつなのか、はっきりとしたことは言えません。
ただ、テトラ帯のなかで釣れる場所はだいたい決まっていますから、ねらいどころは絞れます。
どんな場所を撃つべきかは、実践編で解説します。

YとSからの質問④
新しいテトラと古いテトラ、釣れるのはどっちですか?


y3 ……教えてください。

s4 以下、同文です。

sinotuka03篠塚 え? テトラの新しい古いで釣れたり釣れなかったりするんですか?

y2 「新しいテトラはコンクリのアク(?)を嫌ってバスがつきにくい」という話を聞いたことがありまして、どうなんだろう、と。

sinotuka03篠塚 それはないですね。工事が終わって釣りができるようになった直後のテトラ帯でも普通に釣れますから。アク(?)が出るにしても、工事の期間中にけっこう水に浸ってますし、流れが利く場所だからすぐに流れちゃうんじゃないですかね?

y3 言われてみればそうです。あと、新しいテトラのほうが、表面がザラついててラインが切れやすそうです。

sinotuka01篠塚 あ~、それはなんとなく気持ち的にわかりますよ。でも、実際には新しいテトラだからってラインが切れやすいと感じたことはないんですけどね(笑)。

s2 僕は古いテトラのほうがラインが傷みやすい気がします。付着してる貝にラインが触れてスパッと。

sinotuka02篠塚 要はふたりとも、「テトラ撃ちはラインブレイクが怖い」と。

s4 おっしゃるとおりでございます。

sinotuka01篠塚 タックルバランスと撃ち方とアワセ方、この3つがちゃんとできていれば、滅多にラインは切れたりしないもんですよ。

shinotuka 篠塚先生の答え④
新しいテトラでも古いテトラでも釣れ方に差はないと思います。
ラインブレイクへの不安は、適切なバランスでタックルを組んだうえで、正しい撃ち方とアワセ方が実践できればだいぶ解消されますよ。

 
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分


  
 

 

2016/11/21

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING