サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

秋でも冬でも使えます! ”ヘビー”カバー攻略徹底講座 :第1回(全4回)

オカッパリでのヘビーカバー攻略を関和学さんが解説

関和学=文、Basser編集部=写真

p044-045b4inヤマセンコー+E.G.タングステンシンカー1ozの組み合わせでカバーの中からキャッチ

カバー撃ちというと夏の釣りのイメージが強いけれど、実際は秋でも冬でも有効な釣り方だ。
現に「オカッパリで行こう!」の連載では、水温10度以下の状況でもカバー撃ちでバスをキャッチしている。
この記事ではタックルセレクトやプレゼンテーションの考え方など、オカッパリのカバー撃ちで釣果を伸ばすための基本を解説しているので、ぜひ参考にしてください。


この記事はBasser2009年12月号に掲載された「オカッパリで行こう! 第47歩」を再編集しています。

ライギョ用のタックルがなぜあんなにもヘビーデューティーなのか


 「オカッパリでの“ヘビー”カバー攻略」をテーマに、今回から4回に分けて解説したい。まずは「タックル」についてだ。

 オカッパリといえば、タックルの数を絞り、軽いフットワークで釣り歩くのが定番のスタイル。そのため、タックルには通常“汎用性”が求められる。そのことを念頭に置いて設計したベイトロッドが、コンバットスティックタクティクスシリーズのエクスプローラー(※注)である。一般的に使用されるウエイトのルアーに広く対応するロッドだが、使ったことがある人はたぶんお気づきだと思う。一般に「バーサタイル」と呼ばれるロッドより硬めだということを。それというのは、“カバー撃ち”に使うことも想定し、釣果を得るためのより実践的な汎用性を求めているからだ。

 釣りの場合、道具と魚に「柔よく剛を制す」は成立しない。どれだけ腕が立つアングラーであってもだ。そこにカバーが絡んでくると、その傾向はより顕著になる。

p044-045aフックアップしたバスが複雑なカバーにがんじがらめの状態。ティップが完全に真下を向くほどロッドを曲げ、ほとんどバットパワーだけでバスを抜き上げる。ヘビーカバー攻略用のロッドには、最低でもこれくらいのパワーと耐久性が欲しいところ

 たとえば、ライギョ用のタックルがなぜあそこまでゴツイのか。ライギョはメーター級に育つから、というだけではない。対・魚だけを考えれば、もっとライトなタックルでも相手にできる。プールに泳ぐメーター級のライギョなら、時間を掛ければバス用のスピニングタックルでも充分に釣りあげられる。要は、対・カバーのためにヘビーデューティー化している部分が大きいのだ。

 これは、オカッパリのヘビーカバーフィッシングについてもそのまま言える。相手はたった30㎝のバスなのに、掛けたあとでカバーに巻かれて四苦八苦、なんて経験はないだろうか。ねらう魚の大きさがどうこうではない。ヘビーカバーに相対するには、それだけで相応の道具を用意する必要があるということ。オカッパリでも、この釣りにだけは道具に汎用性を求められない。

 専用の道具を手にして、ヘビーカバーを前に臆しない体勢を整えること。テクニックを身につけるよりもこちらのほうが優先だ。

phase_exp ※注:2016年現在は、コンバットスティック・フェイズシリーズに「PCSC-71MH エクスプローラー」がラインナップされています。タクティクス・エクスプローラーと同じく関和学さんがプロデュース。オカッパリで有利な汎用性を備え、カバー撃ちにも対応するモデルです




最新刊のBasser2016年12月号には、関和学さんのショップ「LiMiT」がある稲敷市で9月末に開催された「『稲敷BASSトーナメントin霞ヶ浦』開催レポート」を掲載しています。加えて稲敷市周辺の「おすすめガイドマップ」も掲載し、霞ヶ浦、利根川で実績のあるエリアと釣り方やおすすめの食事処なども紹介しています!

↓表紙クリックでBasser2016年12月号の試し読みができます hyo1

  
 


 

オカッパリでの難易度が高い「ヘビーカバーフィッシング」がテーマの第1部と、
初秋の水門ラン&ガンと低水温期のシャッドを解説する第2部を収録

 

「オカッパリで行こう!第3歩」
DVD-105分


 

クランキングテクニックの基本から応用までが満載

 

「関和 学 クランキング講座」
DVD-115分



2016/11/10

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING