サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

田辺哲男のスピナーベイト道場 :第3回(全6回)

ブレードについて知っておくべきこと

Basser編集部=写真と文、もりなをこ=イラスト
佐々木5山形3 田辺01
 
 
DSC_9394コロラド、ウイローリーフ、インディアナ。ブレードが変わればスピナーベイトの性格もがらりと変わる
 
田辺哲男先生のスピナーベイト道場!
今回はスピナーベイトの心臓部、
ブレードについて学ぼう。

 

編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ ※この記事はBasser2009年11月号に掲載されたものを再編集しています
 
田辺01講師=田辺哲男(たなべ・のりお)
 
1958年7月9日生まれ。1980年代に本場アメリカのバスフィッシング理論やテクニックを吸収し、日本に持ち帰ったアングラー。1986年発行の本誌創刊号に「パターンバッシング」を寄稿。その内容は今もまったく色褪せることがない。1998年からB.A.S.S. に参戦し、自身が生みの親であるクリスタルSを駆使して数々の実績を残した、理論派であり実践派。スピナーベイトをメインパターンにして初日2位にランクインした2015年のバサーオールスタークラシックが記憶に新しい。
 
山形3生徒=ヤマガタ
小学校6年生の冬に、山形の城跡の堀でバイブラシャフトで釣ったのがスピナーベイトでの初バス。「雪が降ってる日に釣れるはずがないと思って、根掛かりしにくいから、という理由で投げてたら釣れました」。以来、地元ではスピナーベイト派だったが、千葉へ越してきてからはクランクベイト派に。ちなみに「ヤマガタ」は新人時代に付けられたニックネーム。『Basser』編集長。
 
佐々木3生徒=ササキ
小学校6年生の夏に、広島の山間部の野池でデルタフォースで釣ったのがスピナーベイトでの初バス。「足もとのカバーから飛び出してきて食う瞬間が見えました。あのときの興奮は忘れられません」。以来、東京へ越してきてからも一途なスピナーベイト派で、一日中投げ続けることもある。2015年4月のH-1グランプリ新利根川戦でスピナーベイトを使って2位に入賞できたのはこの道場を受けたおかげ。
 
DSC_9377スピナーベイトとは……ブレード、ワイヤー、ヘッド、スカートで作られたルアー。水中で引くとブレードが回転し、光の反射と振動でバスを誘う。フックの前方にワイヤーがあるので根掛かりしにくい

 

田辺先生からの問⑤


  
ブレードについてどの程度、理解してるんだ?  

215-tanabe001丸いブレードがふたつ並んだダブルコロラドタイプ

215-tanabe004細長いブレードがふたつのダブルウイロータイプ

215-tanabe003

コロラドとウイローリーフが前後に並ぶタンデムウイロータイプ


  
y3 一般的に、ウイローリーフは波動が弱くてフラッシング重視、同じ番手のコロラドはフラッシングが弱くて波動重視、インディアナはふたつの中間的な性格のブレードです。
 
 
s4 ウイローリーフはクリアウォーターで効いて、コロラドはマッディーウォーターで効くという印象があります。
 
 
 
田辺02田辺 うん。まぁ、それくらいの理解度でも充分だよ。ただ、キミらの答えの落ち度は、〝ウイローリーフは水を掻く力が弱い〞と決めつけてるとこだな。それは一概にそうではない。
 
 
田辺06田辺 そ・こ・が! ……何て言うのかな、作り手としてはある意味キモだから……、言いたくないよ(笑)。でも、そうじゃないんだよ。頼むよ。わかってくれよ。
 
 
y2 すみません、わかりません(笑)。何が〝そうじゃない〞んでしょうか。
 

 
田辺01田辺 じゃあ、もうちょい言うよ。ウイローリーフも〝開けば〞波動が出せる。コロラドも〝閉じれば〞波動が消える。形状で一概に言えないというのがそこだ。
 

 
y4 カップが深ければ回転半径が狭くなって波動が弱くなり、カップが浅ければブレードの回転半径が広がって波動が強くなる、ということですか? Vブレードはまさにそうだから、ウイローリーフなのにフラッシングだけじゃなくて波動も強烈ですよね。
 

 
田辺04田辺 それ、自分で気づいたのか? わかってるな。
 

 
y6 ……。
 

 
田辺02田辺 何? どうしたんだよ?
 

 

y2 いや、田辺先生に褒められるとは……。
 

 
田辺01田辺 正しいことは正しいと言うよ。それとも何か? 俺が褒めることはしないとでも思ってたか? オ・マ・エ・なぁ〜。まぁ、いいよ。キミが言ったのも正解のひとつ。でも、それだけじゃないんだよ。カップの深さだけで〝ブレードの開閉〞や〝波動の強弱〞が決まるわけじゃない。
 
しか~しッ!! これはあくまでも「このような傾向がある」という話だ。たとえばクリスタルSディーパーレンジは“開く”性格のVブレードを搭載しているのに、実際に引いてみると明らかに“閉じて”いる。つまり、エンジンは同じでも、それを載せる車体やセットアップの仕方によって、車の性格や性能が変わるのといっしょ。だ から田辺先生は「カップの深さだけで“ブレードの開閉”や“波動の強弱”が決まるわけじゃない」と話すのだ。

 
s4 田辺先生はどういう性能をねらってVブレードを設計されたんですか?
 

 

田辺01田辺 スピナーベイトのスピナーベイトたる性能っていうのは〝いかに魚を引っ張れるか〞ってこと。それを最前列に押し出して作ったのがVブレードなんだよ。
 
 
y3 スピナーベイトの性能はブレードのよし悪しで決まるんでしょうか。
 
 
田辺01田辺 当たり前だな。「スピナーベイトにとってのブレードっていうのは、車でいうところのエンジン」なんだから。
 
 
y4 Vブレードは高馬力エンジンということになりますよね。
 

 
田辺04田辺 そう。ほかのブレードと比べて、同サイズでの高馬力化をねらった。それが回転して生まれる強烈な波動とフラッシングで魚を引っ張って引っ張って、さぁ、食うぞという距離感になったときにバスが見ると、ブレードも全体のシルエットも食いごろサイズ。だからよく釣れる、と。クリスタルSシリーズは、Vブレードというエンジンがあってこそのスピナーベイトなんだよ。
 
田辺prof田辺先生の答⑤
ブレードはスピナーベイトのエンジン。
開いて回るものは波動が強く、閉じて回るものは弱い。
が、例外もある。
 

 
 

田辺先生からの問⑥


  
ブレードのカラー選択に〝自分基準〞はあるか?
 
s4 ゴールドは派手、シルバーはナチュラルに感じるので、濁ってるところではゴールド、クリアなところではシルバーと使い分けてます。
 
 
y2 あとは〝晴れたらシルバー、曇りや雨ならゴールドが有効〞ということも言われてますけど、釣り場ではあまり気にしてません……。
 
 
田辺02田辺 なら言うな。本当のところを言えよ。
 

 
y2 はうっ……、リヤブレードがゴールドの物から投げ始めて、ダメならシルバーを試してみるくらいです。フロントブレードの色は正直、気にしてません。
 
 
田辺01田辺 バッチリじゃん。それが正解って意味じゃないよ。「〝自分の基準や好み〞を持ってる」という意味でね。ブレードに限らず、ルアーのカラーについては〝こうならこう〞と言い切るには考えるべき要素が多すぎる。
 
 
田辺01田辺 たとえば同じ〝濁り〞にしても、流れてくるベイトを伴った濁り、濁り始めなのか澄み始めなのか、ターンオーバーが絡んでるのか、雨が原因なのか風なのか、バンクの質は泥か岩か……、というふうに細分化される。〝濁り〞だけでこうなんだから、ほかの要素まで考えたら組み合わせは何百通りになるんだよ、と。
 
 
y3 マニュアル化できるもんじゃない、と?
 

 
田辺01田辺 そういうこと。自分のなかでこの色は派手、それよりも地味なのがこの色と決まってればいい。スカートの色についても同じだよ。
 
 
s4 カラーブレードの効果はどうなんでしょうか。ベタ塗りのチャートとかホワイトはフラッシングが弱い分、アピール力はゴールドやシルバーと変わらないように思うんですけど。
 
 
田辺01田辺 ベタ塗りのブレードは、フラッシングがどうこうじゃなくて〝物体として目立つ強さ〞が特徴なんだよ。言ってみれば「カラーブレードっていうのは〝欲望の現われ〞」だな。
 
 
s2 〝欲望〞……ですか?
 

 
田辺01田辺 そう。濁って目立たせたいからカラーブレード、というふうに、マイナスの状況を打開するために選択するものじゃないんだよ。今、ゴールドやシルバーで釣れてる、と。だったらもっと目立たせたらどうなる? もっと釣れるんじゃないか、と。
 
 
田辺04田辺 そういうふうに欲望むき出しで使う。ハマったらゴールドやシルバーを超越するよ。早く数が釣れたり、目立つブレードに物おじしないバスを選べるからアベレージがデカくなったりね。
 
 
y3 シルバーの上にクリアレッドやクリアブルーのペイントがされているタイプの効果はどうなんですか?
 
 
田辺06田辺 正直、わかんないな。クリスタルSにはそういうカラーもラインナップしてた(※一部は現在も販売されている)けど、そうさせたのは俺の〝アングラーとしての色気〞だな。こんなカラーも効いちゃうかもね、と。とにかく〝両面ベタ塗り〞だよ、勝負カラーとして持っておくとしたらね。
 
“欲望”の両面ベタ塗りホワイトブレード(※現在は生産されていない)
かつてラインアップされていた“色気”のレッドブレード。現行品のカラーブレードには、ガンメタがある
 
 
田辺prof田辺先生の答⑥
自分のなかで派手な色、地味な色を整理しておくのが大事だ。
 
 
 

 
  
 

 

スピナーベイトの基礎から
季節や状況ごとの使い方まで映像で解説

 

スピナーベイト講座
田辺哲男 DVD-100分


2016/6/2

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING