サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

西山徹が経験したウインターバスフィッシングのヒントとは?

温故知新でひも解くバス釣り(第2回)

西山徹=文
この記事では、『Basser』が創刊される以前、1979年から1981年にかけて月刊『つり人』で連載された「FLY & LURE 今月のおすすめフィッシング」を掲載する。
筆者は我が国のルアー&フライフィッシングのパイオニア、故・西山徹さん。
これは、今日のバスフィッシングの理論やテクニックが形作られる途上で、自らの頭で考え、方法論を確立していった西山さんの試行錯誤の記録である。



nishiyama01a

なお、この記事が書かれたのは37年前であり、ルール、マナー、テクニック面で現在の常識と一部外れる部分がありますが、原文のままで掲載しています。どうぞ、そのことをご了承のうえお読みいただき、当時の西山さんが考えたこと、感じたことに触れてみてください。

筆者プロフィール
西山 徹(にしやま・とおる)
1948年、高知県生まれ。日本大学農獣医学部水産科卒業後、ダイワ精工(株)勤務。1983年から『THEフィッシング』のキャスターとして活躍したのち、フリーのフィッシングライターとなる。『つり人』へは1973年から寄稿。国内の魚類資源の減少を憂い、ルアー&フライフィッシングでのキャッチ&リリースを70年代後半から強く訴え続け、定着させた功績は大きい。1988年には、Basser ALLSTAR CLASSIC第2回大会に出場。ルアーフィッシングに関する著書多数。2001年に惜しまれながらこの世を去る。


今回の内容を簡単に……冬バスをルアーでねらう人が少なかった時代、西山さんは水温11℃の河口湖でトップウォーターへの入れ食いを経験。1979年12月から1980年3月までの期間、低水温期のバスねらいに挑戦し続けた。その結果学んだ成果として、トップウォーターへバスが出る水温の限界や、ワームでさえ反応が鈍ってしまう「魔の期間」の考察などを記している。

昨年の冬 河口湖のバスは異常だったのか


 昨年(79年)の本誌2月号(※これも機会があればsiteBにて紹介いたします)で、河口湖のバスがトップウォーターに連続ヒッ卜したと報告した時、その後も長く釣れ続くとは思っていなかった。というのも、数週間前の山中湖では、わずかな水温低下で完敗していたからだ。しかし、11℃の表面水温でトップウォーターの入れ食いをしてしまったものだから、冬のバスに対する挑戦心が再び頭を持ち上げることになる。

 翌週からというもの、毎週末、夜明けの本栖湖から日中は河口湖、山中湖、相模湖、津久井湖と、執念じみたバスヘの挑戦が始まる。本栖のブラウンは12月前半で見切りをつけ、あとはもっぱらバス狂い。大雪のクリスマス、年末の大晦日、大雪の1月15日、湖面の凍る2月……ボクはほとんどの休日を河口湖で過ごした。途中、ほかのバスポンドと比較しながら、この挑戦は3月末のバスシーズン開幕まで続き、ヒットさせたバスの数は300尾を超えてしまった。結果、ボクは多くの新事実をバスから学んだ。

nishiyama01b
トップウォータープラグの限界とは


 過去何年かの間、ボクはトップウォーターの限界を表面水温17℃と考えてきた。事実、表面水温が18~21℃の期間には、日中でもランカーサイズのヒット率がかなり高い。しかし、17℃を切るとバスは急速に沈黙する時期がある。20㎝前後のマイクロバスが、たまにバシャッとやらかす程度なのだ。だが、この長年いだいてきた概念は、11℃の河口湖でもろくも打ち砕かれた。
 では、表面水温何度まで、バスはトップウォーターに反応するのか……。これが最初のテーマになったのである。

 データを振り返ってみよう。最終的には12月16日、表面水温9℃まで河口湖のバスはトップウォーターにヒットしているが、連続的にヒットしたのは12月3日、表面水温10℃までである。実に興味深いのは、表面水温10℃以上であればいつでもトップウォーターにヒットするのかというと、そうでもないのだ。16℃から13℃までの期間、トップウォーターヘの反応は非常にムラがある。いい日もあれば、まったくダメな日もある。この期間、バスのトップウォーターヘの反応はおおむね朝型で、夜明け直後の早朝にピークを迎える。日中はケースバイケースで、ムラが多い。ところが、表面水温11℃前後を境にして、バスは昼型になる。寒い早朝よりも、日差しの強くなる日中にトップウォータープラグを激しく追うのだ。どうやら、表面水温11℃前後にバスの活動は一大転機を迎える。ピークは表面水温10℃までと、ごく短い。この現象は、芦ノ湖のバスが8月末から9月にかけての数日間、日中、狂ったようにトップウォーターにでることによく似ている。

 では、ほかのバスポンドではどうかという疑問が残る。いくつかのバスポンドで、ボク自身、試してみた。その結果、山中湖では同様のデータを得たが、水位が不安定で急深の津久井湖では、まったくかんばしくなかった。どうやら、水位の安定したオープンウォーター特有の現象らしい、というのが現時点での仮説である。ともかく、河口湖のバスに限った現象でないことだけは確か、である。

トップウォーター以外ではどうか


 バスがトップウォーターによく反応するということは、バスの活性度が著しく高いことの指標でもある。表面水温11℃の条件ではディープダイバー、ミディアムランナー、ファーストリトリーブのクランクベイトはもちろん、ワームにもバスは活発にヒットした。この、あらゆるルアーにバスがヒットするという条件下では、クランクベイトのファーストリトリーブに次いでトップウォータープラッギングが効率よく釣れる方法になる。ディープタイバーは障害物に弱い、つまり根掛かりが多い。ワームは、1つのポイントを探るのに時間がかかり過ぎるからだ。

 バスのポイントとルアーのリトリーブコースは、いわば点と線の関係にある。低水温期のトップウォーターゾーンは、障害物スレスレのごく限られたピンポイントであり、ルアー着水後の半径1mがゴールデンゾーンだ。プラグがゴールデンゾーンをはずれたあとは、もうヒットの確率は極端に落ちる。ところが、水面でのヒットゾーンは狭くても、中下層の湖底にのびるヒットゾーンはかなり広い。

 低水温期のトップウォータープラッギングでボクが用いる方法は……ルアー着水直後のゴールデンゾーンではあくまでもトップウォーター的にプラグを操作し、少しでもゾーンをはずれると、約3mをハイスピードリトリーブし、次いでスローリトリーブに切りかえる。用いるプラグは、浮力の特に強いクランクベイトということになる。ピンポン玉のような強い浮力、そして激しいクランクアクションが有効なのだ。ヒットするチャンスは、プレゼンテーション直後、ハイスピードリトリーブに移る瞬間、ハイスピードからスロースピードに移った直後に集中している。トップウォーターが絶好調の日でも、突然バスが沈黙する時間帯がよくある。こんな時には、ディープダイバーのスローリトリーブかワームが威力を発揮する。どうやら、表面水温10℃までの期間なら、あらゆるねらい方が通用するようである。

どうにも手がでない、魔の期間


 オールラウンドバスフィッシャーを目ざすボクにとっても、1日中がんばって2~3発しかアタリのない、魔の期間がある。その1つは、先にのべた表面水温16~13℃の期間である。湖により固有のサイクルがあり、必ずしも一律に論ずるわけにはいかないが、16~13℃の秋から初冬にかけての期間は水温下降率が高く、雨が多い。この期間、バスは急激な水温の低下に順応でさないのだろう……とボクは単純に考えていた。ところが、79年の秋、この期間にヒットさせたバスのほとんどは丸々と太り、エサに満たされていた。水温低下によって活性が鈍ったのなら、空腹に耐えていたはずだ……。

nishiyama01d
 ルアーヘの反応が少ないにもかかわらず、バスが満腹であることの理由として、1つの仮説をたててみた。秋、急激に水温が低下する頃、温水性の魚と冷水性の魚、いや魚ばかりでなく甲殻類や貝類、水生昆虫までもが、きわめて近い層に集まる。夏の間、浅場にいた生物はやや深揚へ移動し、深場にいた生物は水温の低下とともに中層から表層に移動する。バスにとって秋の水温16~13℃は、春から初夏にかけてと同様、最もエサに恵まれている時期だと思う。バスの腹からはクチボソ、ワカサギ、マブナ、バスの稚魚、そして富士四湖のバスからは、カワニナのような巻貝が多量にでてくる。満腹でエサはどこにでもあるから、ルアーなどかまっていられないのが、この時期のバスかも知れない。しかも、かなり広範囲にバスが移動するようなのだ。

 もう1つの魔の期間は、12月25日、クリスマスの河口湖で訪れた。1週間前、12月16日の河口湖では、ワームで連続ヒットをやらかした。低水温期の奥の手は、やはりワームだろうと信じかけたこの日、表面水温は8℃を少し切っていた。ワームですら、チョンとつっつくだけ。ティープタイバーのスローリトリーブでも、たまに20㎝級のマイクロバスがヒッ卜するのみ。その後の調査でも、バスがワームにアタックし、充分に食い込むのは表面水温9℃までというデータを確認している。水滴が凍りつくロッドのガイドを見ながら、間もなく訪れるであろう低水温の限界を、魔の期間を実感しようとしていた。

 ここで有力なヒントになったのは、先月号で触れたハーディー氏のシンキングミノーによる山中湖でのデータである。トロウリングではつまらないので、ボクはキャスティングで再現を試みた。シンキングミノーを投げ、カウントダウンの直後、チョン、スーッときいてみる。再びチョン、スーッ。ココンと、グラファイトロッドに、ラインに変化がでた直後、思いきり合わせると、ギューンとラインが横に走り、バスは確かなメッセージを伝えてくれた。このノウハウは、湖面が4℃をきって凍るという厳寒の湖でも確実にバスをキャッチし、1月末の津久井湖では47㎝、51㎝、53㎝を連続ヒットさせる結果を導いたのである。

 冬のバスフィッシングは、バスの聖域を捜すことと、その湖固有のノウハウを確立することにより、大いなる可能性を秘めているのである。

2016/9/1

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING