サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

注目のニューリール「STEEZ A TW」 試投してきました!

中~重量級ルアーの投げ感がGOODでした!

Basser編集部=写真と文
01 STEEZ A TW(2017年3月発売予定)

ギア比(最大巻取長)●6.3:1(67cm)/7.1:1(76cm)
標準自重●190g
最大ドラグ力●6kg
スプール径●34mm
ハンドル長●90mm
ボールベアリング/ローラー●8/1
標準イト巻量●14Lb(0.31mm)‐115m/16Lb(0.33mm)‐100m
スペック●TWS/G1ジュラルミン製超高精度34mmスプール(ロングキャストスプール)/マグシールド(ソルトウォーター対応)/ATDドラグ+ドラグ引出クリック機構/ゼロアジャスター/スピードシャフト/G1ジュラルミンドライブギア/90mmクランクハンドル+フラットタイプハイグリップノブ/マグフォースZ

[超高精度・高強度スーパーメタルハウジング]
フレーム、サイドプレート、セットプレートがアルミニウム製。スティーズAの「A」は、アメリカとアルミニウムの「A」。つまり本機はスティーズのタフモデルという位置付け

02

試投しました(堀部)


 ダイワのベイトリールといえば「TWS」と「SV」。この両方を搭載していてこそ同社のハイエンドモデル、という先入観が僕のなかにはできてしまっていました。けれど、「TWS」&「SV」搭載機と、「TWS」&「マグフォースZ」搭載の本機STEEZ A TWを比べながら試投したところ、「やや重~重量級ルアーの投げ感はTWS+マグフォースZのほうがいい」と感じました。

03
 ベイトフィネス対応シリーズとして「AIR(T3・SS・アルファス)」を有するダイワですが、極端な軽量ルアーでないかぎり、「SV」も充分にベイトフィネス用リールとしての役割を果たしてくれます。もちろん、より軽いルアーをより快適に扱えるのは「AIR」のほうですが、ぶっちゃけ我家は次男が生まれて専用リールを持てるような経済状況ではないので、ツブシが利く「SV」のお世話になっています(STEEZじゃありませんけど)。

 「SV」と「AIR」の関係性は、TWS&SVの「STEEZ SV TW(既発売のオリジナルモデル)」とTWS&マグフォースZの「STEEZ A TW」と似ているように思います。軽量級から重量級まで快適に扱える、ハイレベルな汎用性を求めるならオリジナルモデル。中心に据えるルアーが中・重量級ならNewモデルの「A」が候補に入ってくる、という感じです。

04
 実際、「A」は、90mmクランクハンドル+フラットタイプハイグリップノブや16Lb‐100mのイト巻量、MAX値が6kgに引き上げられたドラグといった、ヘビーデューティーな釣りに対応するスペックを備えています。加えて、メインフレームがエアメタル(マグネシウム合金/オリジナルモデル仕様)からアルミニウム(A仕様)になったことで、「カッチリ感」というんでしょうか? 剛性「感」が上がっているように思いました。機械としての精度は同等でしょうし、剛性も数値化したらどちらが上なのかはわかりませんけれど……、クラッチを切ったときや、ギアを噛ませた瞬間の気持ちよさは、ハッキリ言って「A」のほうが好みです。

05
 以上、「STEEZ A TW」を試投して感じたことをつらつらと書いてみました。が!! 「ぶっちゃけ我家は次男が生まれて……」とか書いているとおり、インプレッションはあくまでも個人的なものですし、使って釣りをしたのは1時間ちょっとです。苦情はご勘弁を。そして意図するところが違っても、ダイワさんも怒らないでください(弱気)。

 最後にこの「A」は、並木敏成さん、清水盛三さん、赤羽修弥さんが、先日のオールスタークラシックですでに実戦投入済みです。「A」はAluminum、そしてAmericaのイニシャルですが、Allstarで選手たちが使ったように、日本国内でも出番が多い機種といえます。

2016/11/26

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING