サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

注目のニューリール「STEEZ A TW」 試投してきました!

中~重量級ルアーの投げ感がGOODでした!

Basser編集部=写真と文
01 STEEZ A TW(2017年3月発売予定)

ギア比(最大巻取長)●6.3:1(67cm)/7.1:1(76cm)
標準自重●190g
最大ドラグ力●6kg
スプール径●34mm
ハンドル長●90mm
ボールベアリング/ローラー●8/1
標準イト巻量●14Lb(0.31mm)‐115m/16Lb(0.33mm)‐100m
スペック●TWS/G1ジュラルミン製超高精度34mmスプール(ロングキャストスプール)/マグシールド(ソルトウォーター対応)/ATDドラグ+ドラグ引出クリック機構/ゼロアジャスター/スピードシャフト/G1ジュラルミンドライブギア/90mmクランクハンドル+フラットタイプハイグリップノブ/マグフォースZ

[超高精度・高強度スーパーメタルハウジング]
フレーム、サイドプレート、セットプレートがアルミニウム製。スティーズAの「A」は、アメリカとアルミニウムの「A」。つまり本機はスティーズのタフモデルという位置付け

02

試投しました(堀部)


 ダイワのベイトリールといえば「TWS」と「SV」。この両方を搭載していてこそ同社のハイエンドモデル、という先入観が僕のなかにはできてしまっていました。けれど、「TWS」&「SV」搭載機と、「TWS」&「マグフォースZ」搭載の本機STEEZ A TWを比べながら試投したところ、「やや重~重量級ルアーの投げ感はTWS+マグフォースZのほうがいい」と感じました。

03
 ベイトフィネス対応シリーズとして「AIR(T3・SS・アルファス)」を有するダイワですが、極端な軽量ルアーでないかぎり、「SV」も充分にベイトフィネス用リールとしての役割を果たしてくれます。もちろん、より軽いルアーをより快適に扱えるのは「AIR」のほうですが、ぶっちゃけ我家は次男が生まれて専用リールを持てるような経済状況ではないので、ツブシが利く「SV」のお世話になっています(STEEZじゃありませんけど)。

 「SV」と「AIR」の関係性は、TWS&SVの「STEEZ SV TW(既発売のオリジナルモデル)」とTWS&マグフォースZの「STEEZ A TW」と似ているように思います。軽量級から重量級まで快適に扱える、ハイレベルな汎用性を求めるならオリジナルモデル。中心に据えるルアーが中・重量級ならNewモデルの「A」が候補に入ってくる、という感じです。

04
 実際、「A」は、90mmクランクハンドル+フラットタイプハイグリップノブや16Lb‐100mのイト巻量、MAX値が6kgに引き上げられたドラグといった、ヘビーデューティーな釣りに対応するスペックを備えています。加えて、メインフレームがエアメタル(マグネシウム合金/オリジナルモデル仕様)からアルミニウム(A仕様)になったことで、「カッチリ感」というんでしょうか? 剛性「感」が上がっているように思いました。機械としての精度は同等でしょうし、剛性も数値化したらどちらが上なのかはわかりませんけれど……、クラッチを切ったときや、ギアを噛ませた瞬間の気持ちよさは、ハッキリ言って「A」のほうが好みです。

05
 以上、「STEEZ A TW」を試投して感じたことをつらつらと書いてみました。が!! 「ぶっちゃけ我家は次男が生まれて……」とか書いているとおり、インプレッションはあくまでも個人的なものですし、使って釣りをしたのは1時間ちょっとです。苦情はご勘弁を。そして意図するところが違っても、ダイワさんも怒らないでください(弱気)。

 最後にこの「A」は、並木敏成さん、清水盛三さん、赤羽修弥さんが、先日のオールスタークラシックですでに実戦投入済みです。「A」はAluminum、そしてAmericaのイニシャルですが、Allstarで選手たちが使ったように、日本国内でも出番が多い機種といえます。

2016/11/26

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING