サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

泉和摩が語るジャークベイト論 :第4回(最終回)

タックルと操作法について

Basser編集部=写真と文
dsc_8427
低水温期にアドバンテージを発揮するルアーのひとつがジャークベイトだ。
高校3年生にときにオリジナルHMKLを完成させた泉和摩さんはこのルアーの第一人者。
津久井湖で拾ったラパラF7に「ある性能」を付加したことが、日本のバスフィッシング史に残るミノー誕生のきっかけとなった。
それ以来名作ルアーを生み出し続ける泉さんに、ジャークベイトについて教えてもらいました。


dsc_0044解説=泉 和摩(いずみ・かずま)
1955年福島県生まれ、東京都在住のプロフェッショナル・ルアービルダー。1987年から1990年までの4年間、B.A.S.S.インビテーショナルに日本人として初めてフル参戦を果たす。JBではJBTA時代から優勝、入賞多数。1997年にトップカテゴリーが少数精鋭化されてワールドシリーズがスタートすると、その第1戦の生野銀山湖で、ワンオフのHMKLを駆使して優勝。2000年にはW.B.S.スーパースリーデイズを勝っている。
HMKL
ショールーム:東京都小平市御幸町123-1
営業は月~土曜日の9:00~17:00。
日・祭日は定休


この記事は2012年12月号に掲載されたものを再編集しています。

タックルセッティングについて


「まずはルアーにラインを直結しないこと。ラインはスナップかスプリットリングに結ばないと、ダートしながら細かくローリングするというジャークベイトの一番の持ち味が生きてきませんから。ラインの素材は、私は水馴染みのいいフロロカーボンをメインに、シャローを連続ジャークでテンポよく釣っていく場合は、キャスタビリティーを優先してしなやかなナイロンを使うこともあります」

dsc_8427aK-Iミノーのラインアイは横向き。細長タイプのスプリットリングを標準装備している

「ロッドは、先調子のものはジャークに向きません。イト鳴りをさせずにジャークすることが釣るためのコツなのですが、先調子の硬いロッドでこれをやろうとすると気を遣わなければならなくなります。胴に乗ってロッド全体でルアーを動かしてくれる、弾性の低いロッドがジャークしていて楽ですし、よく釣れますよ」

泉和摩さんのジャークベイト用タックル
2016年12月現在の情報です。

●K-I MINNOW 65 SP用
ロッド:スティーズ621LFS-SP ルガー(ダイワ)
リール:イグジスト2505F-H(ダイワ)
ライン:フィネスブレイブ3Lb(ダイワ)

●K-I MINNOW 85 SP用
ロッド:スティーズ661MLFS ストームシャドー(ダイワ)
リール:イグジスト2505F-H(ダイワ)
ライン:T.D.ライン センサーエディティションII 6Lb(ダイワ)

dsc_0058

「止めて寄せる」のか、「見切られないこと」が大事なのか


「サスペンドモデルのジャーク&ロングポーズは低水温期にとても有効ですが、それがジャークベイトの使い方のすべてではありません。時には、止めることでバスにルアーを見切られてしまうこともあります。バスが素早く動くルアーを追い切れる水温のときはこうしたことが起こりがちなので、そういうときに『何か釣れないな』と感じたら、ポーズの時間を『一瞬の間』くらいまで短くして、連続ジャークでスピーディーにねらってみることをお薦めします」

ロッドでルアーを引っ張り続けない


「力まずにしっかりジャークすれば、ロッドが跳ね返されて勝手にラインテンションが抜けますので、それを2回、3回と繰り返したらポーズを入れる。これでワンセットです。リズムはその時々で変えます。けれど、ロッドでルアーを引っ張り続けないこと。とくに早いリズムで連続ジャークすると、ラインが張りっぱなしになってしまいがちですが、それはよくありません。これからジャークベイトで釣ってみたいという方は、時期も時期ですし、ゆっくり丁寧に操作するところから始めればいいと思いますよ」



 

ハンドメイドルアーを手がけるビルダーたちの素顔に迫るムック。
泉和摩さんによるルアーメイキング講座も収録。

 

匠の素顔



 

 

夏、秋、冬のリザーバーを舞台に、菊元流ハードベイトの使い方をレクチャー。
冬の丸山貯水池での「釣れるジャークベイティング理論」解説を見逃すな!

 

MOMENTUM2 ハードベイト・タクティクス

菊元俊文 DVD-150分


2016/12/26

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING