サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

泉和摩が語るジャークベイト論 :第1回(全4回)

「ラパラF」+「ダートアクション」がHMKLの出発点

Basser編集部=写真と文
dsc_8427
低水温期にアドバンテージを発揮するルアーのひとつがジャークベイトだ。
高校3年生にときにオリジナルHMKLを完成させた泉和摩さんはこのルアーの第一人者。
津久井湖で拾ったラパラF7に「ある性能」を付加したことが、日本のバスフィッシング史に残るミノー誕生のきっかけとなった。
それ以来名作ルアーを生み出し続ける泉さんに、ジャークベイトについて教えてもらいました。


dsc_0044解説=泉 和摩(いずみ・かずま)
1955年福島県生まれ、東京都在住のプロフェッショナル・ルアービルダー。1987年から1990年までの4年間、B.A.S.S.インビテーショナルに日本人として初めてフル参戦を果たす。JBではJBTA時代から優勝、入賞多数。1997年にトップカテゴリーが少数精鋭化されてワールドシリーズがスタートすると、その第1戦の生野銀山湖で、ワンオフのHMKLを駆使して優勝。2000年にはW.B.S.スーパースリーデイズを勝っている。
HMKL
ショールーム:東京都小平市御幸町123-1
営業は月~土曜日の9:00~17:00。
日・祭日は定休


この記事は2012年12月号に掲載されたものを再編集しています。

ラパラFの泳ぎを崩す



 「あのときは本当にボコボコに釣れましたねぇ」と、泉和摩さんは振り返る。

 1972年、当時から気難しいバスが多いフィールドとして知られていた神奈川県の津久井湖で、泉さんはF7(通称フローティングラパラ7cm)を拾い、そのルアーで入れ食いを体験した。

「ラパラというのは凄いものなんですねぇ、と驚きましたねぇ。具体的には、小気味のいいローリングアクションと、それに伴うチカチカと明滅するようなフラッシングです。それと、すでにルアービルディングにのめり込んでいた私が感心したのは、泳ぎのバランスが非常にいいことです。意図的に崩そうとしても崩れない、それくらい安定して泳ぐのがラパラの凄さです。構造はシンプルですが、あの動きを再現するのは難しいんですよ。ふふふ」

 泉さんはこの出会いからインスピレーションを得て、HMKL第1号の試作品を作った。しかし、そのミノープラグに持たせた機能のなかでもとくに重要な部分は、F7と真逆だったという。つまり、その違いがラパラFとHMKLの違いと言っていい。

scan
「リトリーブには、スローからファストまで対応して安定して泳いでほしかったのですが、ロッドワークを加えたときは、ただ前につんのめるのではなく、ヒラヒラッ、キラキラッといわゆるダートアクションをしてくれたらF7はもっと釣れると思いました。そこがHMKLの出発点でしたねぇ」

dsc_8416K-Iミノーシリーズはバルサ製のオリジナルHMKLをプラスチック素材で量産化したモデル。写真はK-Iミノー85

ふたつの疑問


 なぜ、ジャークベイトにはリップが付いているのか。

 このルアーの性能を語るうえで欠かせないとされるダートアクション。そのキレを増し、ダートの距離を伸ばすことを優先するなら、水の抵抗を受けてしまうリップは明らかにジャマな存在だ。事実、ソフトスティックベイトのほうが、スライドダート性能は明らかに高いことを考えれば、リップ付きのミノープラグをしんどい思いをしながらジャークすることには意味がないように思えてしまう。

 そして「ジャークベイト」には実体がないのではないか、とも思う。

 ただ巻きで使うならともかく、ジャークしたときに、ミノープラグの性能差で釣果に大きな違いなど出るのだろうか。それこそしんどい釣りにはなってしまうが、バンバン、バシバシとジャークして無理やりダートさせてしまえば、何を使ってもいっしょなのではないか。

 たとえばラトリンログ(スミスウィック)とロングA(ボーマー)はどちらもジャークベイトの名作とされるルアーだが、これらの使用感には共通点が少ない。つまり、「ジャークベイト」は実体がないルアーで、ミノープラグをそのように使ったときだけの呼称なのではないか、と……。

 しかし、泉さんによれば名作と呼ばれるジャークベイトは、ある特徴を備えており、そこにリップの必要性があるのだという。その答えは次回。


  
 

 

ハンドメイドルアーを手がけるビルダーたちの素顔に迫るムック。
泉和摩さんによるルアーメイキング講座も収録。

 

匠の素顔



 

 

夏、秋、冬のリザーバーを舞台に、菊元流ハードベイトの使い方をレクチャー。
冬の丸山貯水池での「釣れるジャークベイティング理論」解説を見逃すな!

 

MOMENTUM2 ハードベイト・タクティクス

菊元俊文 DVD-150分


2016/12/23

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING