サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

川村光大郎の答えはスナッグレス・ネコ :第3回(全4回)

フックアップ率、キャッチ率ともに向上したスナッグレスセッティング

Basser編集部=写真と文
kawamura03

「食わせの利くネコリグで、ストレスなくカバーも撃ちたい」
「根掛かりしたくないけれど、バスはしっかり掛けたい」
川村光大郎さんが編み出したスナッグレス・ネコリグは、矛盾していたこれらふたつの欲望を同時に叶えた。
この記事では具体的な使用方法を紹介させていただきたい。


※この記事はBasser2013年9月号に掲載されたものを再編集しています

スナッグレス・ネコの構造 261-kawa-007 普通にラインにN・S・Sフックを結んでからこのようにセットする。セットする位置の目安としては、「これまでマスバリをチョン掛けしていた位置が、フトコロの中心(アイとフックポイントの中間)にくるように」と川村さん。「セットするときはハリ先を抜いてから戻すのではなく、ワームの厚みの半分くらいの位置に留めて、ハリ先をワームに埋めておいてください。しっかりアワせれば、これでも確実にいいところに掛かります」

近・中距離でメインで使い、スイープに強くアワせる


「このセッティングを思いついた当初は、正直フッキング性能については多少犠牲になると思っていました」
 こう話す川村さんだが、ということは?
「むしろ、このスナッグレス・セッティングのほうが、従来式よりフックアップ率もキャッチ率も上です。サイトをしていて気づいたんですけど、食わせたい物(=ワーム)の中にフックが収まっている効果なのか、スパッと一発でバスの口の中に吸い込まれるので、フックまで食ってなくてアワせたらズルッと抜けてしまった、ということがほとんどなくなりました。これは魚を見ないで普通に釣っているときもいっしょです」

 そうして掛けた魚のキャッチ率が上がるのは想像できる。N・S・Sフックは、当初から川村さんがオカッパリでの強引なファイトと抜き上げを想定して作ったフックだからだ。フッキング時は、バスの口内で最初にハリ先が立った位置からズレにくく、深いところに分厚く掛かることが多い。そのため、ファイト中のバレや抜き上げの失敗がかなり減少するのだ。

「ただ、製品化するとなって、まったく問題がなかったわけじゃないんです。いろんな人にテストしてもらった結果、意外に『貫通しない』という声が聞かれました。アワセの強さやタックルは使う人それぞれですし、何より『距離』が違うせいかな、と」

261-kawa-001N・S・Sフック

 N・S・Sフックの原型はオカッパリ用であり、川村さんは岸際のカバーなどを近距離から撃つ釣りを得意としている。つまり、川村さん個人が使用するロケーションではフッキングパワーのロスが少なかったのだ。

dsc_7139
 「ボートの場合は、ロングピッチなどで中距離からカバーを撃つケースも多いので、ラインが伸びる分フッキングパワーをロスします。そのことを考慮してワイヤー線径を煮詰め、フックポイントが露出しにくいように形を修正してN・S・Sフックは完成しました。結果的に小さい番手に関しては通常のスピニングタックルでもイケますし、僕もカバーを想定する必要がないときでも、ネコリグはいつもスナッグレス仕様で使っています。ゴミとかも引っ掛かりにくいのでストレスがないんですよ。実際に使ううえでのポイントはアワセです。瞬間的にバシンッ!とアワせる必要はありませんが、ラインスラックをしっかり巻き取った状態から、グイ~ッと力強くアワせてください」



01川村光大郎さんがスナッグレス・ネコと並んでよく使うルアーのひとつがスモラバだ。とくに「秋こそスモラバのマイクロピッチシェイクが有効」だという。Basser2016年11月号で、その理由を詳しく解説してもらっているので要チェック!

↓表紙クリックでBasser2016年11月号の試し読みができます basser11
 


次回
川村光大郎の答えはスナッグレス・ネコ :第4回
「ミスなく活用するための要点を押さえよう」は10月15日公開予定!

 
バスフィッシングにおけるフック選びの道しるべとなってくれる1冊。
k011
FINAL Ans. of Hook
ファイナルアンサー・オブ・フック
フックセレクトの結論
 

  
誰よりも釣るための
マル秘オカッパリレッスン開講!
川村光大郎 ”釣れる”オカッパリの歩き方vol.01基礎編
DVD-170分
 
 

2016/10/12

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING