サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

川村光大郎のバックスライド道場 :第1回(全6回)

バックスライドセッティングのメリットとは?

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
01ノーシンカーリグ・バックスライドセッティングのカバー撃ちメソッドを川村光大郎先生が座学と実践で伝授!

着水後、アングラーから離れる方向にスライドフォールし、カバーの奥にオートマチックに進入するバックスライド系。
ドライブスティックやファットイカなど、高比重系ソフトベイトの逆刺しノーシンカーリグがその代表格だ。
「あえて大雑把に言っちゃいます。バックスライドって、すごく釣れるメソッドなんです!」
川村先生が断言する理由と、その活用方法とは?

 


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2012年9月号に掲載されたものを再編集しています

kawa01講師=川村光大郎(かわむら・こうたろう)

1979年生まれ。茨城県生まれ、東京都在住。オカッパリをメインスタイルに、10代のころから本誌に登場してもらっているアングラーで、いまや雑誌やDVDなど各メディアで引っぱりだこ。茂みが似合う男。O.S.Pの社員としてドライブスティックやドライブクローなどの超人気ソフトベイトのデザインを手がけている。ボートフィッシングでも釣りまくるのは変わらず、草深幸範さんと組んで出場した2010年のW.B.S.スーパースリーデイズでは、17200g(3日間合計)というトーナメントレコードで優勝。メインリグはドライブスティック4.5in逆刺し・バックスライド仕様だった。


s3生徒=ササキ

1984年生まれ。広島県出身、東京都在住。川村先生が優勝したスリーデイズを取材して以来、バックスライドの釣りに何度かトライ。そもそもテキサスリグなどカバーを撃つ釣り全般に強い苦手意識があり今回の道場はとっても不安。後日行なわれた編集部対決(2015年9月号掲載)でもびっくりアワセを連発。日々修行中。


amano03生徒=アマノ

1969年生まれ。東京都出身、東京都在住。バックスライドでは1尾も釣ったことがない。道場に参加するにあたり、牛久沼の編集部対決(2012年9月号掲載)でバックスライド予習に励んだが、着水点やラインテンションの緩急、ブレーキ設定など、逆に疑問が増えて1日が終わった。この取材でその疑問も解決。ドライブスティックも大好きになり使用頻度が増えた。現ルアーパラダイス九州編集長。


バックスライドセッティングとは……フォールさせたとき、アングラーから遠ざかっていく方向にスライドするようワームをセットする方法。ノーシンカーリグか、ネイルシンカーを埋め込んだ形態が多い。オーバーハングしたカバーの下や、岸際のエグレのなかなどをねらいやすい

川村先生の質問①

バックスライドすることのメリットを答えなさい

s4S アシや護岸のえぐれとか、ヒシモの下とか、奥行きがあるカバーの奥にオートマチックに送り込めることです。


amano03 同じく。たとえばボートでアシ撃ちをしているとき、アシ際から少し離れたところにリグが着水しても、勝手にアシの方向に進んでいってくれるのは正直ありがたいっス。キャスト精度が100点満点じゃなくても釣れる気にさせてくれます。


kawa02川村 正解です。ふたりの回答がもっとも代表的なメリットですね。でも、それだけですか?


s2 う……。えーと……。




amano01 川村先生、実はふたり揃ってバックスライド童貞なんですよ。なので通り一遍の回答しか出てこないわけです……。


07kawa01川村 じゃあひとつずつ整理してみましょう! 絶対に見逃せないのが「フォール姿勢」。たとえばテキサスリグだとシンカーを下に向けて垂直に落ちますけど、バックスライドなら姿勢はほぼ水平です。


s4 たしかに。でもそれはほかのノーシンカーリグでも一緒じゃないですか? ドライブスティックやヤマセンコーの普通刺しとか、マスバリのワッキースタイルとか。


kawa01川村 それが違うんです。バックスライドだと、水平フォールにプラスして横方向のスイミングがプラスされますよね。泳ぎ進むことで、より本物のエビや小魚に近づいているんです。


amano03 たしかに、真下方向へ泳ぐ小魚はいません。それにリグがバスの目線の上を通る時間が普通のノーシンカーリグよりも長そうですよね。


kawa01川村 はい。同じカバーを撃つにしても、テキサスリグやラバージグだと食わないバスが反応することが多々あります。バックスライドはフィッシングプレッシャーに強いですよ!


s4 ってことは川村先生!オープンウォーターで使うのも全然OKなんですか?



kawa02川村 アリアリです。表層付近でフォールさせて「弱った小魚」感を出すのもいいですし、ボトム付近でリフト(withシェイク)&フォールして、「ピピッと逃げてスーッと落ちるエビ」を演出するのもいいですね。


amano03 バックスライドってカバー専門じゃないんだ……。




kawa02川村 意外と効くのはサイトフィッシング。想像してください。バスを見つけました……、バスの視線の先にソフトベイトを落します……、バスがソフトベイトを発見します……。ハイ! ここでバックスライドのメリットが発揮されます。


amano06 わかりました。バックスライドだと、ソフトベイトを見るバスの視野にアングラーが入りにくいです(イラストA)。


illust-aバックスライド系はサイトフィッシングでも有効。アングラーから離れる方向へスライドフォールするので、ワームを見つけたバスの視線が、「アングラーがいない側」に向く。警戒心をもたれにくい

kawa02川村 そのとおり! 最後により実践的なメリットを紹介します。風や流れの影響で、通常のノーシンカーリグやライトテキサスをタイトにフォールさせにくいことってありますよね?



kawa01川村 手前に寄ってきちゃう。そんな状況でも、バックスライド系なら、アングラーから離れようとする力が働くから手前に寄ってきにくい。スローフォールで、よりタイトなアプローチをしたいときに威力が発揮されます(イラストB)。


illust-b垂直護岸などでも、風や流れがあるときはバックスライド系が頼りになる。ラインに引っ張られてリグが手前に寄って来ようとする力と、バックスライドしようとする力が相殺され、結果的にリグをタイトに落せる。通常のノーシンカーやライトテキサスリグではカーブフォール気味になりがち

s4 ふ、深い……。垂直護岸とか、奥行きがまったくないカバーで投入してもバックスライドのメリットは発揮されるんですな……。


kawamura川村先生の答え①


フォール姿勢が水平に近く、本物のエビや小魚をイミテートしやすい。
ワームを見るバスの視界にアングラーが入りにくく、プレッシャーに強い。
フォール中にアングラーに寄って来にくいので、タイトにアプローチしやすい。

川村先生が愛用するバックスライドワーム

川村先生が「釣れる」と感じるバックスライドワームの条件は「クネクネ、ピリピリ、ヨタヨタなどとアクションしながらバックスライドする」こと。テールやスカートなど、パーツの抵抗がある分バックスライド幅は抑えられるが、それでも動いた方がバイトが多いと実感している。


ドライブスティック3.5in(O.S.P)
kakomi2-ds35 適合フック:ワーム252♯2/0(自作キーパーを装着/フィナ)
バックスライド幅:中


ドライブスティック4.5in(O.S.P)
kakomi2-ds45 適合フック:FPPストレート♯3/0(フィナ)
バックスライド幅:中


ドライブスティック6in(O.S.P)
kakomi2-ds6 適合フック:バザーズワームフックSSパワーストレート♯5/0(自作キーパーを装着/ダイワ)
バックスライド幅:中


ドライブスティックファット4.5in(2016NEW/O.S.P)
dolivestickFAT 適合フック:バザーズワームフックSSパワーストレート♯5/0(自作キーパーを装着/ダイワ)


逆刺ししてフォールさせると、テールをフリフリしつつボディーをロールさせてバックスライドする。その泳ぎは非常に小魚的。ボトムなどでチョン!とアクションさせるとワッキー状態でキックバックし、そのようすはまるでエビ。実際、テナガエビが接岸している時期は爆発すると川村先生。ブッシュなどを撃つ際、ワッキー状態ゆえ、回収時に枝などに引っ掛かりやすいのが弱点。サイズは4.5inを基軸に、プレッシャーのキツい場所やサイトフィッシングでは3.5inモデルを、バスのアベレージサイズが大きいフィールドや、ロングキャストしたいときは6inモデルを使用する。オイカワなんかの大き目のベイトを追っていたら迷わず6inと川村先生。ドライブスティックファット4.5inは2016年発売のニューアイテム。コンパクトながら自重が重めなのでキャストしやすく太めのライン(フロロ14~16Lb)でもバックスライドしてくれる


ファットイカ(スミス)
fatika 適合フック:F・P・Pオフセット♯4/0(フィナ)
バックスライド幅:短~中

対ヘビーカバーで出番が多い。自重があるので、多少ラインが枝などに触れていてもズンズン突進してくれるため落とし込みやすく、14~16lbの太めのラインでも扱いやすい。ピックアップ時の突っ掛かりもないのですり抜け性能も高い。スカートが微細になびくアクションが素敵で、「チョン」とアクションを入れるとクラゲのような動きでバスを誘う。ボディーが太いため、フッキング率を上げるためにスリットを入れることも。このほか、イカ6in(スミス)をファットイカと同寸法に寸詰めしたものも使う。バスの活性が低いときなど、ファットイカではボリュームがありすぎる状況で活躍。細身の分フッキング率が高いのも特長。こちらにはD・A・Sオフセット♯3/0(フィナ)を合わせる



アバランチ(スパイキー)
kakomi2-aba 適合フック:T・N・S オフセット♯4/0(フィナ)
バックスライド幅:短~中

フォール時にフニャフニャと手を躍らせるアクションが秀逸。アピール力が強い


TKツイスター(メガバス)
kakomi2-tk 適合フック:T・N・S オフセット♯4/0(フィナ)
バックスライド幅:中 

2本のアームが不規則に揺れたり震えたりしながらフォールする。シルエットがテナガエビっぽいのが特徴


カバークロー4in(ジャッカル)
kakomi2-cover 適合フック:T・N・S オフセット♯4/0(フィナ)
バックスライド幅:中~長

フォール中はほぼノーアクションだが、自重が約16gと重いためキャスタビリティやカバーでの突進性に優れる


メタボック(ウォーカーウォーカー)
kakomi2-metabo 適合フック:T・N・S オフセット♯4/0(フィナ)
バックスライド幅:長

ヨタヨタしながら長い距離をバックスライドしてくれる。キャストごとのバックスライド幅のバラツキも非常に少ない


※セッティング例はウェブ掲載時(2016年6月現在)のものです。
※バックスライド幅は、フックサイズやモデルによってはキャストごとにバラつくため、あくまで目安となります。


 

 
  
 
 
 
 

  
誰よりも釣るための
マル秘オカッパリレッスン開講!
川村光大郎 ”釣れる”オカッパリの歩き方vol.01基礎編
DVD-170分
 
 

2016/6/25

おすすめ記事

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING