サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

小森嗣彦のダウンショットリグ道場 :第1回(全6回)

ダウンショットリグの長所と短所を学ぼう

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
220-zagaku-title

JB TOP50で年間チャンピオンを3度獲得した唯一のアングラーで、先に開催されたBasser Allstar Classic 2016で準優勝を収めた小森嗣彦先生。
小森先生が使うダウンショットリグは幾度も勝利に貢献し、先生の代名詞的なリグとなっている。
どんな状況でもきっちりバスを手にする巧みな技を、YとSは習得できるのだろうか!?


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2010年4月号に掲載されたものを再編集しています

komori-8講師=小森嗣彦

昭和49年10月20日生まれ。JB TOP50で3度の年間タイトル獲得している唯一の選手。ほかにも2008年JBスーパーバスクラシック優勝、2012年Basserオールスタークラシック優勝、2009年、2011年、2016年Basserオールスタークラシック準優勝、2016年JB TOP50第1戦さめうら湖&第3戦七色貯水池優勝などの成績を収めている。亀山湖、桧原湖、琵琶湖、霞ヶ浦水系でガイドも営む。

小森嗣彦オフィシャルホームページ「Komori Guide Service

山形1生徒=ヤマガタ(Y)

ダウンショットリグは「釣れるけどなんかピンとこない」存在だった。しかし、2014年の12月、冬の相模湖で行なわれた編集部対決では、2.5inレッグワームのダウンショットリグを使って小森先生の教えを忠実に実践し、出場チーム中唯一のバスをキャッチ。

s4生徒=ササキ(S)

地元、広島の野池では「ダウンショットリグを使わせたら右に出るものナシ」と自分で思っていたほど自信のあるリグだったため生徒役に志願。この道場取材を受けてからは小森先生のレッグワームリグに開眼。2013年~2015年の初バスとラストバスはこのリグでキャッチした。

 


tackle4 ダウンショットリグとは……フックに結んだラインの余りをリーダーとして、ソフトベイトの下にシンカーをセットする形状のリグ。ボトム感知性能が高く、スイミングやシェイクなどさまざまな操作で使える汎用性の高いリグだ。

小森嗣彦先生の問①
ダウンショットリグの長所を答えなさい

y3Y 移動距離を抑えて“点”で誘えることだと思います。

s3S リーダー(※フックからシンカーまでのラインを指すこととする)の長さ分、ボトムからソフトベイトを浮かせて、そのレンジをキープできることもメリットだと思います。

komori-2小森 う~ん、僕から言わせればふたりともちょっとズレてますね。まず、僕にとってのダウンショットは、“点”ではなく“線”を釣るためのリグなんですよ。

y3Y シンカーでボトムをズル引いて、引っ掛かり(障害物)を探して、そこで誘う使い方がメインということですか?

komori-1小森 そういうふうに、本当にボトムの“点”で誘うなら、テキサスリグやラバージグのほうが有効ですね。なぜなら、シンカーとソフトベイトの一体感が強いから。ダウンショットリグの場合はリーダーがあるので、止めようとしてもどうしてもソフトベイトが動いてしまいやすいんです。

s2S ボトムからソフトベイトを浮かせることができるというのも間違いなんでしょうか?

komori-5小森 バーチカルに釣る場合に限ってはそういうことも言えます。けど、キャスティングして釣る場合は、ボトムとラインの角度が狭くなると、ソフトベイトはほとんど底ベタになってしまいますね。

084-085
s2S ダ、ダウンショットリグの長所って……。

y2Y な、なんなんでしょうか……。

komori-1小森 じゃあ、僕なりの答えを。ダウンショットリグの長所は、アングラーの操作次第で、使いこなしの幅が非常に広いということ。スイミングもできますし、ヘビーダウンショットリグならカバーも撃てます。ボトムの感知性能も高く、演出できるアクションも多彩です。だから僕は、ダウンショットリグをオールラウンドなサーチベイトとして使っているんですよ。

s2S え? サーチベイトっていったら、普通はスピナーベイトとかを言いますよね?

komori-2小森 よく考えてみてください。スピナーベイトやクランクベイトなどの強いルアーは、バイトしてくるバスのコンディションやサイズを選びますし、ストラクチャーの中に潜り込んでいるバスの目の前には持っていきづらい。言い換えればバイトを得にくいわけで、ということはバスをサーチする性能が高くないということです。

y3Y なるほど……。サーチベイトはバイトを得やすくてナンボのものだ、と。

komori-1小森 そうです。エリアの絞り込みは、地図や魚探や視覚情報からもある程度はできるわけで、そうすると日本の標準的な規模のフィールドでは、ライトリグのほうがサーチベイトとして優秀だったりするんです。ここで、「アングラーの操作次第で使いこなしの幅が非常に広い」「ボトムの感知性能が高く、演出できるアクションも多彩」というダウンショットリグの長所に話を戻します。このリグは、移動距離とアクションの強弱の組み合わせが自在です。ソフトベイトがシンカーのウエイトに干渉されないので、ラインスラックを上手く弾けば、シンカー(リグ全体)の位置を動かさずに、ソフトベイトを激しくアクションさせることもできます。

s4S キャロライナリグやスプリットショットリグではそうはいきませんもんね。

y3Y 激しくアクションさせることもできれば、ボトム付近でふわふわ漂わせることもできるし、ピンスポットで誘い続けることも、引っ張ることもできる、と。

komori-1小森 そうです。僕の場合は“線”の釣りで横に引きながら、そのなかでアクションに変化をつけて、バスの有無や反応を確認していく使い方をメインにしています。そうして、とにかくバスを釣ってみて、ダウンショットリグで通せるようならそうしますし、たとえば中層のスイミングに食ってきたら、ジグヘッドリグやファストムービングにローテーションするというふうに釣りを展開します。

y3Y ダウンショットリグは先生のルアーローテーションの軸なんですね。

komori_prof小森嗣彦先生の答え①
アングラーの操作次第で使いこなしの幅が非常に広いこと、ボトムの感知性能が高く、演出できるアクションも多彩なことがダウンショットリグの長所です。


小森嗣彦先生の問②
ダウンショットリグの短所を答えなさい

y5Y ラインがヨレます!

s1S シンカーがプラプラして釣り場での収納に困ります!

komori-1小森 まず、ラインのヨレについては、リギングを丁寧に、綺麗にすることで、かなり解消できますよ。

220-zagaku001「パーティングラインに沿って丁寧にハリをセットしないとラインがヨレるし魚は釣れません」と小森先生

y2Y う~ん、それでもディープを釣る場合はけっこうヨレますけど……。

s3S フックの上のメインラインにローリングスイベルを入れたりすれば、かなりヨレにくくなりますよね。

komori-2小森 そうだけど、僕はラインのヨレよりも、仕掛けが複雑になるほうがイヤ。トーナメントでの使用を前提に話してしまいますけど、リギングの時間は1秒でも短くしたいので。

y3Y じゃあ、先生はとくにヨレ対策をしていないんですか?

komori-8小森 はい。釣りに支障をきたすほどヨレないので。実践編では、ヨレに強いレッグワームをメインに使ってもらいますから、ふたりとも大丈夫だと思いますよ。

y3Y レッグワームを使うとラインがヨレにくいんですか?

komori-1小森 水を掻いて泳ぐタイプのソフトベイトにはそういう効果があるんですよ。ボディーを回転させてしまう水の抵抗をほかのアクションに変換するからですかね。

y3Y へぇ~。

komori-1小森 それと、収納については簡単に解決できます。グリップに髪止め用のゴムを1本巻いておいて、そこにシンカーを挟むだけ。こうすれば、ダウンショットってむしろ収納しやすいリグですよ。

220-zagaku002
s3S あ、たしかにこりゃ楽ちん♪

komori-2小森 ところで、僕が考えるダウンショットリグ最大の欠点がまだ出てませんね~。

y2s2Y&S ……(わからん)。

komori-1小森 それは、プレッシャーに弱いということです。具体的に言えば、波動を嫌うバスを釣るのには適しません。

y2s2Y&S ダウンショットリグがプレッシャーに弱い!?

komori-1小森 ダウンショットリグの支点、力点、作用点を考えてみてください。

y2Y ??? 力点がロッドティップだとすると、支点はシンカーで、作用点はソフトベイト……いや、ティップからシンカーまでのラインすべて!?

komori-1小森 そんな感じですよね。では、キャロの支点、力点、作用点は?

s2S ??? 力点はティップで、作用点はシンカーで……いや、支点もシンカー!? とにかくソフトベイトはシンカーのおまけ的に動くだけです。

komori-2小森 キャロの場合、水の抵抗を受けにくいソフトベイトを用いれば、引っ張っている最中もリーダーの先に発生する波動はごく微弱です。けれど、ダウンショットリグの場合、引いたりシェイクしたりすれば、どうしてもラインが水を切ることになりますし、操作がダイレクトな分、ソフトベイトが生む波動も大きくなりがちです。

y3Y ダウンショットはプレッシャーに強いリグだとばかり……。

komori-1小森 低水温など環境要因のプレッシャーには強いんですけど、アングラーによる人的要因のプレッシャーや、時期的に魚がナーバスな状況には弱いんですよ。そういうときはライトキャロの出番ですね。

komori_prof小森嗣彦先生の答え②
ラインが水を切りやすく、ソフトベイトが生む波動も大きくなりがちなので、波動を嫌うバスを釣るのには適しません。


 
  
 
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分


 
 

 

小森嗣彦選手のレッグワームリグでのヒットシーンは必見!

DVD-downshotrig 完全密着!!Basser ALLSTAR CLASSIC 2013
DVD-170分



2016/11/16

おすすめ記事

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING