サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

小林知寛×フェイス 冬は黙ってジャーキング :第3回(全5回)

ウエイトの貼り方も使い分ける。小林流チューニング&タックル

Basser編集部=写真と文
koba-title-aa
12月から早春まで、小林知寛さんはフィールドタイプを問わず第一投にフェイスを選ぶ。
そして時には終日ジャーキングを貫徹する。
「絶対にコレでしか獲れないデカバスがいるからです」。
今回は、小林さんがフェイスを使うときに実践している各種チューニング法を紹介する。



05小林知寛(こばやし・ともひろ)
JB TOP50や同マスターズなどで試合漬けの日々を送るアングラー。2012年JBマスターズ年間優勝。2014年JB TOP50年間優勝。2016年はJB全日本バスプロ選手権河口湖優勝、チャプター岡山第3戦高梁川優勝。パワーフィッシングを得意にしており、TOP50の試合でもジャークベイトなどでたびたびビッグフィッシュを持ち帰ってくる。「釣りのスタイルは清水盛三を思わせるな」とは菊元俊文さんの言葉。 愛称は「コバ」。

この記事は2014年1月号に掲載されたものを再編集しています。

キャストする前に整えておきたい各種チューニング

ウエイトチューン

 12月にフェイスを使う場合はウエイトチューンを施してジャストサスペンドで使うことがほとんど。ノーマルで使うのはシャローを釣るときと、暖かい日が続いてバスがルアーの浮く動きに反応しやすいときぐらいだという。ウエイトを貼る位置は、意図別に3通りある。貼るウエイトは、水温やタックルによってジャストサスペンドになる重さが違うため現場で微調節が必要だ。ウエイトはボードウエイト(ザップ)など、樹脂タングステン製シールウエイトを使っている。

lure-4b
写真上/ジャストサスペンド仕様にするとともに、最大潜行深度がアップし2.5mまで潜るようになる。ジャーク時のダートアクションはおとなしくなる。冬はコレのフェザーフック仕様がもっとも出番が多い。バスの動きが鈍いため、バスの近くで長く止めておけるようにするためだ。

写真中/潜行深度はノーマルと同じでジャストサスペンドさせたいときはココに貼る。前に貼るとアクションが控え目に、後ろだと暴れる傾向あり。

写真下/ジャーク時に上方向に暴れさせたいとき。上下にダートさせることで、移動距離を抑えつつアクションさせることができる。潜りにくくなるのでシャローを釣るときにも有効。

lure-5 ウエイトは多めに貼って、足もとでサスペンド具合を見ながら削っていく。ハサミで角をとるように削るため、ハサミにはウエイトの一部がたくさん付着している

フェザーフック

lure-3
 12月以降はリアをフェザーフックにすることが多い。フェザーがあることでフックの浮力が強まり、ジャーク後のポーズ時にフックがボディーと水平の状態からゆっくりと倒れ込むようになる。バスに吸い込まれやすい位置を保ってくれるのでポーズ時の後ろからのバイトでフッキング率が向上する。ポーズ時にゆらめいてバイトを誘う効果も期待できる。フェザーフックはシャワーブローズから移植するか、トレブルマジック♯4(エバーグリーン)にフェザーを巻いている。ただし、浮力が強すぎるフェザーを巻くとフックが浮き気味になるので要注意とのこと。

アイチューン

how-1
 コレをしないとジャーク後のアクションが乱れ思いどおりに動かせない。クランクベイトではほぼ全員が行なっているが、ジャークベイトだと意外とやっている人が少ないように思われる手順だ。クランクと同じで、高速巻きしてルアーが右に泳げばアイを左に倒し、左に泳げば右に倒す。

小林知寛さんのタックル koba-tackle ロッド:コンバットスティック・ヘラクレスHCSC-64Mマニピュレーター/6ft4in、ミディアムパワー
リール:メタニウムMg + NRC710M(ミディアムウエイトのルアーに対応する替えスプール)+SSRCハンドル
ライン:バスザイルマジックハードR14Lb(フェイス87には12Lbを使用)
※ロッドとラインはエバーグリーン、リールはシマノ、リールのチューニングパーツはオフィスZPI”


 高梁川での取材当日は同じセッティングのタックルを3組用意した。ロッドは清水盛三さんがジャーキング用にプロデュースしたマニピュレーター。レギュラーテーパーでジャーク時に適度にしなってくれる。「ロッドの選択基準は、とにかく“ジャークしやすいかどうか”。これに尽きます」と小林さん。リールのギヤ比は6.3:1。ハイギヤだとリズムが速くなりすぎるからだ。ラインはフロロカーボンの14Lbが基準。これより太いとラインが重くなり、ポーズ時にルアーがラインに引っ張られて動いてしまう。リザーバーを釣るときなど、より深く潜らせたいときは12Lbをチョイス。




 Basser Allstar Classic 2016で5位に入賞した沖田護選手がプラクティス時から追いかけたのがジャークベイトパターンでした。冷え込みによる状況変化で競技中はうまく機能しなかったものの、ハマったときは1300g以上のキッカーのみが反応したといいます。詳しい釣り方は発売中のBasser2017年1月号でレポートしています。

  
 

 

夏、秋、冬のリザーバーを舞台に、菊元流ハードベイトの使い方をレクチャー。
冬の丸山貯水池での「釣れるジャークベイティング理論」解説を見逃すな!

 

MOMENTUM2 ハードベイト・タクティクス

菊元俊文 DVD-150分

2016/12/6

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING