サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

吉田幸二のクランクベイト道場 :第2回(全5回)

アクション、リップ形状、ラトルサウンド。クランクベイトのタイプ別使い分けを学ぼう!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
213_doujyou-jissen-09b

日本で最初にバスプロ宣言をしたアングラー、吉田幸二さんはクランクベイトの名手だ。
霞ヶ浦開催のオールスタークラシックで幸二さんがこれまでに獲得した楯は優勝、入賞、ビッグフィッシュ賞を合わせて10枚を超える。
そのすべてがクランクベイトの釣果によるものだ。
「投げて巻いてェ~♪」の幸二節を、YとSは免許仮伝してもらえるのだろうか!?

 


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2009年9月号に掲載されたものを再編集しています

%e5%90%89%e7%94%b09講師=吉田幸二(よしだ・こうじ)

幸二先生のブログ「熱血! 幸運児

1951年3月16日生まれ。日本で最初にバスプロ宣言をしたアングラー。大好きなクランキングとフリッピングで霞ヶ浦を釣り巡りつつ53 Pick UP! に勤しむ水辺基盤協会の代表。


山形1生徒=ヤマガタ(Y)
この連載の取材前日は「お仕事♥(取材準備)」と称して釣具店を巡り、ラインを巻き替え、フックを研いで陽が暮れる。もともとクランクベイトは大好きだったので今回のクランクベイト道場に弟子入り志願。現在はBasser編集長としてクランクベイトに合わせやすいBasser30周年記念モデルのロッドを鋭意制作中。

佐々木3生徒=ササキ(s)

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場」ではまさかのノーフィッシュにおわり、自称「元・トッパー」の自信を打ち砕かれてしまった。今回、もうひとつの自称「クランカー」も霞ヶ浦に捨てることになるのか。捨てたところを幸二先生に拾ってもらえるのか? 


213-dojo-lure03aクランクベイトとは……リップ付きのずんぐりしたボディーが特徴的なプラグ。リトリーブするとボディーを揺すりながら潜り、止めると浮く。水面直下を泳がせやすいものから水深5m超まで潜り込ませられるものまで潜行深度別にいろいろなタイプがあり、ねらいたい深さによって使い分けるのが基本。

吉田幸二先生の問③
ラウンドタイプとフラットサイドタイプをどう使い分けるか答えなさい。


y3 小魚を見かけたときはヒラヒラ泳ぐフラットサイドをメインに使って、それ以外のときはラウンドタイプを使ってます。


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 水辺を観察して得た情報を元に釣りをするのはいいことだな。考えたことがハマれば自信になるし、何度もいい結果がでれば、誰が何と言おうとそれがヤマガタにとっての正解になる。ササキはどうなの?


s2 僕は正直、ラウンドタイプしか使ったことがありません。




%e5%90%89%e7%94%b05幸二 ラウンドタイプはロケーションを選ばないからね。フラットサイドとの比較で言えば、ラウンドタイプは、太いボディーがフックを障害物からガードしてくれる。フラットサイドは沖のブレイクとか、基本的にはオープンウォーターを釣るときが出番。ちなみにノーネイム・フラット♯1/0のビーッていう細かいアクションは、小魚の群れをイメージして作ったんだ。バスがその波動を感じて、エサの大群だと思って寄ってくる。すると、そこにいるのは群れからはぐれた哀れな小魚が1尾で、さぁソイツを食うぞ! ってな具合だな♪


%e5%90%89%e7%94%b09吉田幸二先生の答え③

ラウンドタイプはロケーションを選ばず、オールマイティーに使える。フラットサイドは沖のブレイクとか、基本的にはオープンウォーターを釣るときが出番。


吉田幸二先生の問④
ワイドウォブルとタイトウィグルをどう使い分けるか答えなさい。



y3 ブオンブオンした大きい動きのクランクには、バスは威嚇でアタックしてきて、細かい動きのクランクには、捕食のためにバイトしてくると思っています。


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 そういうことも言えるよな。思い込みの部分が大きい話だけど、イメージをもつことは大切。たとえばノーネイム・クランク♯2/0はアクションが大きいけど、俺はそれが、アシの根元とかに掴まってたザリガニが落ちるときの動きに見える。脚と尾を開いて落ちる、グライディングのイメージだな。


s4 たしかに、ザリガニは水の抵抗を受けて大きく揺らめきながらフォールしますもんね。


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 機能の話をすると、ワイドウォブルのクランクは遠くにいるバスを引き寄せる力が強い。たとえばノーネイム・クランク♯3/0はサーチベイトとしてとても優秀で、やる気があるバスを探すときにいい。巻きながらよ~く観察してると、バスが見に寄ってきたり、ルアーの後ろや下で反転することがけっこうあるんだよ。


y3 ボリュームがある♯3/0に食ってくるバスはやっぱり大きいんですか?


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 バカデカイのしか釣れないってことはない。35㎝くらいから釣れるよ。反対に、タイトウィグルのクランクはここだ! って場所で有効。周りから余計なバスを寄せる必要がなくて、そこにいるデカバスにだけアピールさせたいときに使う。



%e5%90%89%e7%94%b09吉田幸二先生の答え④


ワイドウォブルのクランクは遠くにいるバスを引き寄せる力が強いから、やる気があるバスを探すときにいいよ。タイトウィグルのクランクは周りから余計なバスを寄せる必要がなくて、そこにいるデカバスにだけアピールさせたいときに使うんだ。


213-dojo-lure06b 213-dojo-lure06a ノーネイム・フラット♯1/0(ウッドリーム)
全長:2-1/4in/重量:5/16oz/最大潜行深度:1.8m/潜行角度:急

アクションはローリングの混ざったタイトウィグル。フラットサイドから発する速いピッチのフラッシングが特長。幸二先生は、リヤフックをリマリックタイプに交換して使っている

※表記の「最大潜行深度」は、幸二先生のタックルで20m以上キャストし、ティップを水面近くに下げてリトリーブしたときに到達する水深のこと。ティップを上げたり、リトリーブスピードを下げたりすれば、この数値より浅いレンジを引くこともできる。とくに「潜行角度:緩」のクランクがこうした操作をしやすい
213-dojo-lure03b 213-dojo-lure03a ノーネイム・クランク♯2/0(ウッドリーム)
全長:2-1/2in/重量:9/16oz/最大潜行深度:2m/潜行角度:緩

2004年11月開催のオールスタークラシックにおいて、幸二先生が2尾の50㎝アップ、2kgオーバーのバスを釣ったクランク。アクションはワイドウォブル。浮力が強く、実際には表記の深度より浅いレンジで使用する

213-dojo-lure04b 213-dojo-lure04a ノーネイム・クランク♯3/0(ウッドリーム)
全長:2-7/8in/重量:5/8oz/最大潜行深度:2m/潜行角度:緩

高浮力でアクションはワイドウォブル。パワフルな水押しで離れたところにいるバスも引き寄せるビッグベイト的クランク


吉田幸二先生の問⑤
リップの形状による得手不得手を答えなさい。



s3 スクエアリップは、尖っている角が障害物に当たったときに弾いて回避します。ラウンドリップは、障害物を弾かずタイトにトレースすることができます。コフィン(棺桶型)リップは、スクエアとラウンドの中間的な性能です。


%e5%90%89%e7%94%b05幸二 予習はバッチリって感じだな。さらに言えば、スクエアリップのように先端の面積が広いタイプは水の抵抗を受けやすい。面積と取り付け角度を同じにした場合、ラウンドより潜る傾向がある。


y3 シャロークランクにはスクエアリップを備えたクランクが多くて、ディープクランクにはラウンドリップを備えたものが多いように思います。


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 シャロークランクの場合は、障害物に触れたときのイレギュラーな動きでリアクションバイトを誘うのが有効だからな。けど、ディープクランクの場合は、深いレンジであまりに突拍子もない動きをされると、根掛かったときに回収が難しい。それに、巨大なスクエアリップは巻き抵抗が重くてしんどい。だからノーネイム・フラット♯1/0DDも青龍も、セオリーどおりラウンドリップを搭載してるんだよ。




%e5%90%89%e7%94%b09 吉田幸二先生の答え⑤


スクエアリップは障害物を弾いて回避しやすく、イレギュラーな動きでリアクションバイトも誘いやすい。ディープクランクにラウンドリップのものが多いのは、障害物に当たったとき突拍子もない動きをしにくくて、引き抵抗が小さいからだよ。


213-dojo-lure02b 213-dojo-lure02a ノーネイム・クランク♯1/0(ウッドリーム)
全長:2-1/4in/重量:5/16oz/最大潜行深度:1.5m/潜行角度:急

ワイドウォブルかつハイピッチで泳ぐシャロークランクの基本形。幸二先生が中層クランキングに本格的に目覚めるキッカケとなったルアーでもある。角を落としたスクエアリップを搭載

213-dojo-lure01b 213-dojo-lure01a ノーネイム・クランク♯1(ウッドリーム)
全長:1-4/5in/重量:1/4oz/最大潜行深度:1.6m/潜行角度:急

ノーネイム・シリーズ唯一のハードウッド製(ほかはバルサ製)で、小粒ながらもベイトタックルで充分にキャストできるウエイトがある。その反面、浮力がやや弱いので、潜りすぎを避けるためにラウンドリップを搭載している

213-dojo-lure05b 213-dojo-lure05a ノーネイム・クランク♯1/0MD(ウッドリーム)
全長:2-1/4in/重量:7/16oz/最大潜行深度:2m/潜行角度:急

ロングコフィンリップを搭載したミドルダイバー。ボートフィッシングだけでなく、幸二先生がオカッパリでも多用するクランクベイトだ。赤い縞模様に合わせて赤バリをセットしている

213-dojo-lure07b 213-dojo-lure07a ノーネイム・フラット♯1/0DD(ウッドリーム)
全長:2-1/4in/重量:5/16oz/最大潜行深度:3m/潜行角度:緩

ボトムノッキングでも使用するが、青龍と使い分ける場合、こちらは中層クランキングでの使用がメイン。また、水温が大きく上下したときの青龍に対して、こちらは水温が安定しているときが出番。ラウンドリップで障害物をなめるようにトレースできる


吉田幸二先生の問⑥
ラトルサウンドの有無でバスの反応が変わるかを答えなさい。



s4 ノンラトルを使うことのほうが多いですけど、波風や濁りがバスの視覚や聴覚を妨げているときはラトル入りのクランクも投げます。


y3 僕も同じです。


%e5%90%89%e7%94%b04幸二 俺はクランクにラトルサウンドは必要ないと思う。クランクと長く付き合ってきた結論だな。いろんな状況でさんざん使い比べてきたけど、ラトル入りがノンラトルを圧倒したケースは本当に少ない。割合的には「ない」と言ってもいいくらいだ。けど、その逆は頻繁に起こる。なら、使い分けで悩まなくていいし、そのためのルアー交換に時間を割く必要もない。その分、1投でも多くキャストしたほうが釣れる。


y3 音質がどうこうではなく、まったく不要だということですか?


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 そう。リップ付きのクランクに関しては、ジャラジャラもゴトゴトも要らない。紅龍と青龍はカタカタ鳴るけど、あれも本当はウエイトを完全に固定しちゃいたかった。けど、そうすると製造コストが上がるらしいし、プラスチック製は使ってるうちに結局はカタカタ鳴るようになる。で、価格が高くならず、釣りの邪魔にもならない、大人しいサウンドに落ち着いたというわけ。


y2 なるほど。でも、ここまできっぱりラトルサウンドを否定されるとは……。


%e5%90%89%e7%94%b01幸二 俺が話してるのは教科書を読んで得た知識じゃない。あくまでも、自分の実体験に基づいたらこうだという話。だから、一般論から外れる部分もでてくる。そこを疑問に思うのは大いにけっこう。何でもかんでも教えてもらって、そのとおりの釣りしかしなくなるのは不幸なことだよ。ふたりとも若いし経験も少ないんだから、俺の言うことが理解できなくて当然。迷いなさい!




%e5%90%89%e7%94%b09吉田幸二先生の問⑥

俺はクランクにラトルサウンドは必要ないと思ってるよ。サウンドのあるなしで悩むより1投でも多くキャストしたほうが釣れる!


213-dojo-lure08b 213-dojo-lure08a 紅龍(スミス)
全長:64mm/重量:11g/最大潜行深度:1.5m/潜行角度:緩

ファットで高浮力なプラスチック製クランクベイト。ノーネイム・クランク♯1/0が植物系カバーの際で使いやすいのに対して、こちらはリップラップなどの硬い障害物にスタックしにくい

213-dojo-lure09b 213-dojo-lure09a 青龍(スミス)
全長:64mm/重量:10.5g/最大潜行深度:3m+α/潜行角度:急

おもに低水温期のボトムノッキングで使用。また、湖底の地形を探るときにも用いる



TrippinBanner
 

2016/9/16

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING