サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場 :第2回(全6回)

タイプ別の特徴を覚えよう

Basser編集部=写真と文、もりなをこ=イラスト
s3y3並木7
 
212_namiki-kirinukiペンシルベイトやポッパーは浮き姿勢や得意とするアクションの違いでさらに細分化できる。ひとつひとつのルアーの個性を理解して使いこなそう
 
ポッパーやペンシルベイトは、
得意とするアクションが異なるさまざまなタイプがある。
それぞれの特徴を把握して使い分けよう。

 
編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ ※この記事はBasser2009年8月号に掲載されたものを再編集しています
 
並木6講師=並木敏成(なみき・としなり)
並木敏成先生のブログ「TOSHI’s DAYS
並木敏成先生のfacebook
 
 
1966年10月17日生まれ。バスマスタークラシックにクオリファイした初の日本人。2005年シーズンはFLW ツアー第3戦で優勝し、年間ランキング2位と大暴れ。本誌連載「The Mission」でも、トップウォーターで数々のナイスフィッシュをキャッチしている。
 
y3生徒=ヤマガタ
追い詰められるとツンデレ口調になる三十路男。かつて地元のクリアなリザーバーでペンシルベイトで相当釣ったというが、編集部に入ってからは霞ヶ浦水系がホームになり、その出番は皆無に。現在は『Basser』編集長。
 
s3生徒=ササキ
かつてトッパーだったらしいが、「見えないほうが興奮する」とチラリズム(?)に目覚め最近はご無沙汰。東京に越してきてからポッパー&ペンシルベイトよりもビッグバド系ルアーの出番が増えた。
 
212_namiki-kirinuki-09ポッパーとは……トップウォータープラグ(水面で使うプラグ)のうち、口を大きく開けた形状(カップ)をもつもの。アクションを加えるとポコッポコッというポップ音や水しぶきを発生させる。短い移動距離で首を振らせるのも得意
 
212_namiki-kirinuki-03ペンシルベイトとは……トップウォータープラグのうち、シンプルな細長い形状のもの。ロッドをうまく操作して頭を左右に振らせるドッグウォークやスケーティングと呼ばれるアクションが持ち味

 

並木先生からの出題③

  
ひと口にポッパー、ペンシルベイトといっても、それぞれにさまざまなタイプがある。
どんなタイプがあり、またそれがどんな特徴をもつのか述べなさい
  
  
y3 浮き角度やサウンドが違うんですよね……。それぞれの特徴は……、ごめんなさい。今まで意識して使ったことがありませんでした。どのモデルを使うときもチャチャチャと高速で首振りさせて使っていたもので。
 
s2 僕も同じで、気にしたことがありませんでした……。

 
並木7並木 OK。口で説明するのは大変だから、下の図見てほしい。具体的な使い方は湖上でレクチャーするから、今は理屈を頭に叩き込んどいて。
 
 
y2 思えば僕たちは、随分もったいない使い方をしていたんですね……。愛するルアーたちの持ち味をまったく引き出していませんでした。
 
 
並木3並木 そうだね。とりあえず、ルアーたちに謝りなさい。

 
y8s8Y&S ザラスプークさん、ごめんなさい! ポップRさん、アイムソーリー! ヤマトさん、ミアネヨ!
 
並木prof並木先生の答え③
ひと言で説明するのは無理だから、
下の図を見て特徴を覚えておこう!

namikiillustB スーパースプークJr.(ヘドン) 212_namiki-kirinuki-03 浮き角度●約15°
言わずと知れた名作。簡単にドッグウォークさせることができる定番モデルで、並木さんも愛用している
  
ベントミノー(O.S.P ) 212_namiki-kirinuki-06 浮き角度●ほぼ水平
トゥイッチすると瀕死の小魚のようにへろへろとアクションし、ポーズ中は“へ”の字で水面に浮くワカサギのような姿勢をとる
 
ヤマトO.S.P(O.S.P ) 212_namiki-kirinuki-01 浮き角度●ほぼ水平
ペンシルベイトのアピール力の弱さを解消するため、浅めのカップとサイドカップ、そしてセンターボードが付けられている。広角なドッグウォークを見せつつスプラッシュも上げる
  
ヤマトO.S.P Jr. (O.S.P ) 212_namiki-kirinuki-02 浮き角度●ほぼ水平
ベイトフィッシュのサイズが小さいときにチョイス。小さくなったぶんのアピール力を補うため、オリジナルモデルよりも大きめのラトルサウンドが出るようになっている
&nbsp
レッドペッパー(ティムコ) 212_namiki-kirinuki-05 浮き角度●ほぼ垂直
キャスタビリティーが非常に高く、小魚が逃げ惑うようなアクションが出せるため、ボイルねらいにジャストマッチ
 
T.D. ペンシル1090F(ダイワ) 212_namiki-kirinuki-04 浮き角度●75°
ダイビング系ペンシル。ダイブしつつカップが甘いサウンドを発するので、レッドペッパーよりもアピール力は強め
 


 
namikiillustC マグナムポップR(レーベル) 212_namiki-kirinuki-09 浮き角度●45°
強めにトゥイッチするとゴボオッ!とかなり豪快なチャグサウンドを出す。一旦潜らせてからロッドワークで引っぱると、泡のトンネルを作りながら水中を進んでくる
  
ダイビングフロッグ(O.S.P ) 212_namiki-kirinuki-11
浮き角度●ほぼ水平
通常のポッパー&ペンシルではねらいにくいカバー周りを釣るときはコレの出番
  
BH ポッパー(ダイワ) 212_namiki-kirinuki-10 浮き角度●約75°
甘いチャグサウンドが特徴の小型ポッパー。バスが小魚を食べているときやムシパターンで投入したい
  
Gスプラッシュ(ラッキークラフト) 212_namiki-kirinuki-01 浮き角度●ほぼ水平
首を振らせやすく、簡単にスプラッシュを上げさせることもできる。中型と大型の中間的なサイズのポッパーとして重宝しているという
  
T.D. ポッパー(ダイワ) 212_namiki-kirinuki-07 浮き角度●75°
トゥイッチすると水中に頭を突っ込み、ポコンと大きなチャグサウンドを奏でる。ラインを張り、ヘッド部を水面に近づけた状態でトゥイッチすればスプラッシュも上げられる

(次回に続く)
 
 
 


  
 

 

フック選びで「結論」を導き出すための1冊

 

FINAL Ans. of Hook


2016/5/29

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING