サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー別フッキング実例集⑭
加藤誠司×シャロークランク

前アタリはスルーして本アタリでフルフッキング

Basser編集部=写真と文
今のバイト、どうやってアワせればよかったんだろう?
貴重なバイトを逃せば、誰もがそう思うでしょう。
上手な人はどうやってアワせているのか。
それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。


解説=加藤誠司(かとう・せいじ)
数々の名作を生み出し続けるルアーデザイナー。JB TOP50に参戦するトーナメントアングラーでもあり、主な戦績は2014年最終戦優勝、2010年第3戦優勝など。また2015年からは米国B.A.S.S.にも参戦中。


この記事はBasser2015年4月号に掲載されたものを再編集しています。



シャロークランク

kato アスカ60SR(ジャッカル)

 クランクを引いていると、プルッ、コツッといった前アタリが出ることがある。このときバスはルアーを食ってるんだろうけど、フックポイントがバスの口のどこにも立っていない状態だと思う。アワセを入れるのはドン! ときたり重みが乗ったりしたタイミング。思いっきりロッドでアワせて、そのあとはとにかくハンドルを速く巻く。ロッドワークで掛けつつ巻きアワセも入れるイメージ。このときロッドを縦方向に煽っちゃうとそのあとラインスラックが出やすくなってバラしやすい。横、もしくは斜め上方向にフッキングするといいよ。

 トレブルフックは意外とバスの口を貫通しにくいことも知っておくべきだね。シングルフックの場合、600〜700gの力でバスの口を貫通すると言われているんだけど、トレブルフックの場合はポイントが多い分フッキングパワーが分散するから刺さり方によってはさらに力が必要。結果的に「ハリ先がバスの口に乗っているだけ」のような危なっかしい状態でファイトしなきゃいけない機会が多い。

 このケースでバラシを防ぐには巻き続けてイトフケを出さないことが最重要。自分の場合、ギヤ比7.4:1のハイギヤリールを合わせてフッキング後に速く巻くことを心がけてるよ。

 グラス素材を用いたロッドもバラシ防止に効果的だね。首振りや船べりでの突っ込みがあったときにグーッと曲がって追従してくれるから、薄皮一枚のハリ掛かりでもバスを逃がしにくいんだ。

 じゃあクランキングにはグラスロッドが絶対かと言うとそんなことはない。バラしにくいのはたしかだけど、クランクの動きがワイドになりすぎてバイトが減った(もちろん逆もある)体験も過去にあるからケース・バイ・ケースとしか言えない。ちなみに乗りに関してはグラスもカーボンも大きな差は感じないというのが正直なところだね。

加藤誠司さんのシャロークランク用タックル
ロッド:ポイズンアルティマ170M(シマノ)
リール:メタニウムMGL HG(シマノ)
ライン:レッドスプール14Lb(ジャッカル)




 Basser2016年12月号の「モノの舞台裏」では、加藤誠司さんが開発に携わった話題の新作バイブレーション「TN70 TRIGON」が登場。特徴的なウエイトがもたらす恩恵やタックルセレクトなどを解説しています。


  
 

 

サイトフィッシングでのI字系ルアーのノウハウを
わかりやすく伝授

 

加藤誠司 I字系ルアー講座
DVD-80分




2016/11/8

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING