サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー別フッキング実例集⑫
小林知寛×ポッパー

「距離が近いほどロッドを下げる」という鉄則

Basser編集部=写真と文
今のバイト、どうやってアワせればよかったんだろう?
貴重なバイトを逃せば、誰もがそう思うでしょう。
上手な人はどうやってアワせているのか。
それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。


05解説=小林知寛(こばやし・ともひろ)
JB TOP50に参戦。2014年の北浦戦ではワンズバグ、シャワーブローズ、キッカーフロッグだけで10尾をウエイインして予選を突破するなど、トップウォーターを得意とするアングラーとして知られている。2014年シーズン年間チャンピオン。


この記事はBasser2015年4月号に掲載されたものを再編集しています。



ポッパー


kobaワンズバグ(エバーグリーン)


 まずはアワセを入れるタイミングから説明します。基本は「派手に出たら遅く、地味に出たら早く」。

 バイトが派手なときは、ルアーが水中に連れ去られたのを確認してからアワせます。バイトの瞬間からルアーはバスの口の中に入っているわけですが、アタックが激しいだけに、バイトの直後はフックが暴れている確率が高いです。フックポイントがどこにも立っていないのにアワせてもすっぽ抜けてしまうので、間をおくことが大事です。逆に、ルアーがついばまれるような地味な出方のときは口の中でフックが落ち着いている可能性が高いので、すぐにアワせても乗りやすいです。

 もうひとつ大事なのは、バスが出た地点とアングラーとの距離の遠近によって、フッキング時のロッドの向きを変えることです。

 自分の場合、ルアーとの距離が遠いときは、ロッドを立ててルアーアクションをつけることが多いので(ラインを水面から適度に離すことでアクションをつけやすくなる)、バイトが出たらそのままの流れでロッドを立てたままアワセを入れます。

 ルアーが近づいてきたらティップを徐々に水面に向けてアクションをつけるんですが(ティップの位置が高いとルアーが浮き気味になる)、この状態のバイトでロッドを立ててアワせるのはNGです。ルアーの背中がバスの口の上側を擦るようにスッポ抜ける確率が高いと感じます。ルアーの背中にはフックが付いていないのに、上方向に力が加わってしまうわけです。ルアーが近くにくればくるほど横方向のアワセが有効です。

 ちなみに僕のフッキング成功率はアフタースポーン期の前半で5割くらいで、季節が進むにつれて8割くらいまで上昇する感じです。

 最後にコツをひとつ。「出る、出る」と思いながらルアーを操作するのがオススメです。気持ちの準備を常にしておくことでビックリアワセを防げます。

小林知寛さんのポッパー用タックル
ロッド:コンバットスティック・ヘラクレスHCSC-64Mマニピュレーター(エバーグリーン)
リール:メタニウムMg(シマノ)+NRC710MSSRCハンドル(オフィスZPI”)
ライン:バスザイル・フレックスハードHD14、16Lb(エバーグリーン)


バスフィッシングの基本から最先端のテクニックまで。最新号はスモラバ特集を掲載。

↓表紙クリックでBasser2016年11月号の試し読みができます basser11

2016/10/13

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING