サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー別フッキング実例集⑥
山岡計文×ジグヘッドリグ

ミドストのフッキングはフックを口の縁に掛けたい!

Basser編集部=写真と文
今のバイト、どうやってアワせればよかったんだろう?
貴重なバイトを逃せば、誰もがそう思うでしょう。
上手な人はどうやってアワせているのか。
それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。



249-oka-006a解説=山岡計文(やまおか・かずふみ)
JB TOP50に参戦するトーナメントアングラー。おもな戦績は2012年第1戦さめうら湖優勝など。
池原貯水池、七色貯水池をホームにガイド業を営む。


この記事はBasser2015年4月号に掲載されたものを再編集しています。



ジグヘッドリグ(ミッドストローリング)


yamaoka PDLスーパーリビングフィッシュ3in(ティムコ)
ジグヘッド:マジックミニ1/32 ~ 1/16oz(デコイ)


バスの歯でラインを
切られないための即アワセ


 ミッドストローリングは水面直下から水深5m位まで中層をねらう釣りです。ラインは3〜4Lbという細いものを使うので、バスにルアーを飲み込まれてしまうと歯で擦れてラインブレイクしてしまいます。とくに、私のホームの池原、七色では60㎝アップもバイトしてくる可能性が高く、確実に取り込むためにはフックを口の縁に掛ける必要があります。そのためにアタリを感じたら、間髪入れずにアワセを入れます。

 アタリの出方は2パターンあります。まずは操作しているワームがグ〜っと重くなるアタリで、7、8割はこれです。バスがルアーを後ろから追いかけてきて食ったときのアタリですね。もうひとつはロッドにコンッと出るアタリで、バスが食って反転したときや、ラインが若干弛んでいるときにバスが吸い込むとこんなアタリになります。

 アタリを感じたら、その瞬間にリールを自分の限界の速さで巻きながらロッドをジワッと強めに立ててアワせます。バットにバスの重みが乗るまでしっかり立てるようにします。もしリールを巻かずにラインが緩んだままでアワせると強い衝撃がラインに伝わってアワセ切れしてしまうので、アワセと同時にラインを巻き取るのは非常に重要です。

 コンッという明確なアタリのときはどうしてもびっくりしてしまって、先にロッドをあおってしまいがちなんですが、アワセ切れしやすくなるので、なるべく落ち着いたアワセができるようになるといいですね。

 口の縁にフッキングするためにジグヘッドにもこだわります。私が使っているのはデコイのマジックミニです。フックポイントがアイのほうに向いているタイプで、この形状はバスの口の奥では掛かりにくい反面、口の縁まで来たときにしっかり掛かってくれるので気に入っています。

山岡計文さんのミッドストローリング用タックル


ロッド:テクナGP TAV-GP64SXULJ“ミッドストローリングスペシャルフィネス”(フェンウィック)
4930843819896

リール:ヴァンキッシュ2500S(シマノ)
product1_s
ライン:バウオスーパーハードスーパーフィネス3~4Lb(東レインターナショナル)


  

TrippinBanner  

2016/8/29

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING