サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー別フッキング実例集④
橋本卓哉×ヘビーダウンショットリグ

低活性バスにはラインの存在感を消して食いこませる

Basser編集部=写真と文
今のバイト、どうやってアワせればよかったんだろう?
貴重なバイトを逃せば、誰もがそう思うでしょう。
上手な人はどうやってアワせているのか。
それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。



解説=橋本卓哉(はしもと・たくや)
W.B.S.に参戦するトーナメントアングラーで、霞ヶ浦や琵琶湖でのガイドも営む。主な戦績は2014年W.B.S.第5戦優勝、同年年間ランキング2位、AOY獲得2回、2007年Basserオールスタークラシック優勝など。


この記事はBasser2015年4月号に掲載されたものを再編集しています。



ヘビーダウンショットリグ

hashi ハイドロハンド5.5in(ダイワ)
フック:ワーム322スリムスタイル#2/0(がまかつ)
シンカー:バザーズワームシンカーTGペアー1/4oz(ダイワ)
※小型スイベルをフックから約20㎝上にセットする




小さなバイトにはラインテンションを抜いて対応

 僕のヘビーダウンショットリグ(以下ヘビダン)は、バスがいるであろうピンスポットを探っていく釣りが主で、一年中出番があります。

 ヘビダンに出るバイトは大きく2パターンあります。バスの活性が高く魚が浮くハイシーズンには、フォール中のバイトやバスがワームをくわえて横に走るような明確なバイトが出やすいです。こんなときはラインの動きを目で追いつつ、ラインスラックをしっかりとってから、バスが走る方向と逆向きにスイープにゆっくり大きくアワせます。

 アワセにひと工夫必要なのが、バスがルアーにバイトしたままその場で動かないときです。言葉で表現するならココ……とか、モタ……というわかりづらいバイトで、低水温期の底ベタバスや活性の低いバスをねらうときに多いです。アワセの動作の基本はハイシーズンと同じですが、違うのはバイトを感じた直後にロッドティップを下げてラインテンションを抜く間を入れることです。ラインから伝わる違和感でバスが吐き出さないよう、ラインの存在感を殺してあげるんです。時間はひと呼吸、1秒くらいかな。どれくらいテンションを抜くかを伝えるのは難しいですが、張らず緩めずで操作している状態からだるんだるんにして、水面の上に伸びているライン10㎝くらいが水面につくかつかないかになるイメージです。

 これですっぽ抜けるようなバイトが浅い状況なら、ラインだけを揺するようにシェイクします。こうするとより深く食いつかせることができます。

 このアタリをフックアップするためには感度のいいロッドを使うことも大事です。僕が使っているスティーズ・ブラックジャックはレジン量を少なくした高感度カーボン素材SVFコンパイルXを採用していてバイトを察知する性能が非常に高いのでオススメです。



橋本卓哉さんのヘビーダウンショットリグ用タックル
ロッド:スティーズ・ブラックジャック681MMHFB-SV(ダイワ)
STZ_681MMHFB-SV

リール:アルファスSV105SHL(ダイワ)
ALPHAS_SV_105SHL

ライン:スティーズフロロ Type-フィネス10Lb(ダイワ)
STEEZ_finesse   

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分


2016/8/22

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING