サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論 :前編

着水音をあえて大きくするという選択肢

Basser編集部=写真と文
main2ルアーならではのバイトの引きだし方を解説。「ルアーの操作法はいかにおいしそうなエサを演出するかということだけではない」とヒロ内藤さん。

04 夏は水温上昇によってバスがタフになりやすい季節だ。
たとえ食欲のないバスであってもバイトを引き出す方法がないわけではない。
ヒロ内藤さんはバスが口を使いたくなる心理状態を想像し、ルアーでその状況を演出する「攻めの釣り」を実践している。
トップウォーター上達の近道という威嚇と焦りによるバイトを引き出す方法を解説してもらった。



この記事はBasser2015年8月号に掲載されたものを再編集しています。

バスを直撃する外敵を演出


 バスを釣るときって食性でバイトさせるのが一番簡単なんです。警戒心とか、余計なことを考えずにルアーに食ってきますから。でも、バスが満腹でエサを食べる気がない、もしくはルアーを学習してしまって反応が鈍いというときもあります。

 たとえば、ルアーに寄ってくるけど、スピードが遅くて、そのままだと見切られてしまいそうだと思えるとき。普通のアクションではどうやっても食わせられないな、と感じるときがありますよね?
 
 そんなとき僕がよくやるのは、バスがいるであろうピンポイント目がけて、わざとライナーでキャストして、着水音を大きく出す釣り方です。ソフトプレゼンテーションが毎回いいとは限りません。バスにとって近すぎるところでドカンと大きな音をさせてやると、条件反射で襲い掛かってくることがあります。これはエサだと思ってバイトしてきたんじゃないの。正体不明の外敵から身を守るための防衛本能を利用した釣りです。近すぎて逃げられない、襲われる前に襲わなきゃ、という状態です。

DSC_9968派手な着水音を立てることによって条件反射のバイトを引き出すこともできるとヒロさん

 バスがルアーを見つけて飛びかかろうとする範囲は、活性が高いときでバスの頭から半径1.5mくらいです。活性が悪いときだと半径30㎝まで小さくなります。だから、太陽の向きや風向きを考慮して、バスの顔の向きまで想像して、バスの鼻先にキャストしてやるんです。バスがあまり深いところにいてもダメなので、水深は1m未満のところが理想です。

 このとき、バスはルアーをはっきり見てバイトしてくるわけではないので、ルアーの種類にはあまりこだわらなくでいいです。ただ、ある程度ボリュームのあるルアーのほうが、キャストしやすいのでオススメです。



ゲームを始めるための着水音


 バスの活性が悪いとき、僕が着水音を大きくするにはもうひとつ理由があります。今説明した釣りは、確実にバイトが得られる保証はない釣りです。バスから中途半端な距離に着水させてしまえば、危険を感じて逃げてしまいます。しかし、その「中途半端な距離」の外側にいる魚には興味をもたせることができます。

 もしあなたが街を歩いていて、すぐ後ろで交通事故が起きたら一目散に逃げるでしょ? でも少し離れたところでドンと音がしたら必ず振り返って何が起きたのか確認しようとするじゃない? それと同じです。食欲がなかったとしても、何があるんだろう、と見ちゃうんですよ。

 バスがルアーのほうを向いてくれなかったら魚は釣れません。でも、着水音でバスを振り向かせることで、バスにルアーを見せてバイトを引き出すゲームを始めることができるんです。



ヒロさんがオススメする
「攻めの釣り」を学ぶためのトップウォーター・その①


ポップンイメージ 02 ●3in、5/8oz
ポッパーは多彩な音を出せるのが魅力的。長いストロークで大きな捕食音に似た音を出せば、着水音と同じように離れたところのバスの興味を引くことができる。「ポッパーは誰でも同じように、バスを引き付ける音というアピールを出すことができます」とヒロさんは言う
  
 
 

 

明日使えるテクニックから
国内外のトーナメント情報まで

Basser
最新刊好評発売中

2016/7/21

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING