サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

なぜ釣れるのか!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第4回(全5回)

こだわりのフック、シンカー、リーダー長とタックルセレクト

Basser編集部=写真と文
9レッグワームリグに合わせるタックルは?

day2_12
今年、JB TOP50で第1戦、第3戦を制し快進撃を続けるトーナメントアングラーがいる。
小森嗣彦さんだ。
小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。
その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。
このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。



この記事はBasser2013年3月号に掲載されたものを再編集しています。

tackle4 レッグワームリグとは……小森さんが愛用する、2.5inレッグワームのダウンショットリグのこと。フックはSSフック・ワーム19♯3を合わせる。


Tackle & Setting for LegwormLig



 小森さんのレッグワームリグは使用するフックの品番とサイズまで決まっていると先に説明した。これは小森さんが導き出した2.5inレッグワーム・ダウンショットリグの最適解だ。ほかにシンカーウエイトや形状、リーダーの長さはどう決めているのか。それぞれのパーツを詳しく見てみよう。


フック
SSフックワーム19♯3(デコイ)
tackle3
 フックはどんなときもSSフックワーム19♯3。レッグワームリグには絶対に欠かせないパーツだ。オフセットフックなのは、根掛かりを防ぐためと、レッグワームの動きをあえて制限するため。ボディーに「背骨」を通すことで、上下にはためく動きを殺すことができる。マスバリだとソフトベイトの自由度が高いため、アングラーの意志を超えて大きく動きすぎることがある。
 またサイズも絶妙だと小森さん。「このハリに合うソフトベイトを使用すれば、自然と日本の標準的なマッチ・ザ・ベイトを実践できると考えています。僕にとってレッグワームリグはサーチベイトですから、最大公約数のバスに興味をもってもらうことが大事なんです。レッグワームに美しく収まるシェイプもいいですね」


シンカー
tackle4a
 レッグワームに合わせるシンカーは1/16~5/16oz(1.8~5g/すべてタングステン製)。「ボトムをとれるかどうか」、「リアクションバイトねらいなら重く」、「根掛かりが多発するなら軽く」など、さまざまな判断基準がある。1/16ozより軽いとレッグワームのテールが動きにくくなるため要注意。形状は球型と涙型(写真)を使い分けている。根掛かりが多い場所では涙型をチョイス。感度が高く操作感をつかみやすいのは球型。


リーダーの長さ
DSC_4598
 
 かつて小森さんは「リーダーは18㎝」と決めていたが、今では変わってきているという。「ボトムやカバーをタイトに釣るショートリーダー・5~10㎝」と、「浮いたバスをねらうロングリーダー・20~30㎝」、「悩んだときの15~20㎝」の出番が多いという。ただし「レッグワームリグをより掘り下げて深く使い込むため、リーダーの長さは状況に応じて常に試行錯誤中です」とのこと。消波ブロック帯ではリーダーに海釣り用のビニールパイプを通すこともある。ラインが挟まることによる根掛かりが少なくなるという。


小森さんの使用頻度が高いカラー6選

ヨシノボリを模したカラー 341 ♯341(ダークブラウンブルーギル)

万能カラー 194 ♯194(ウォーターメロンペッパー)

マッディーウォーターで夏以降に強いエビ系カラー2色
231♯231(ファンタグレープ/スモールグリーンフレーク) 236♯236(ライトスモークブラウン/コパー&グリーンフレーク)

亀山湖のディープの定番カラー 020 ♯020(ブラック)

ワカサギなどの小魚食いのバスねらいに欠かせないカラー
306 ♯306(ナチュラルシャッド/レインボー&ゴールド&ブラックフレーク)  


小森さんのレッグワームリグ用タックル

●メインタックル
ロッド:ファンタジスタ・スチュディオス nano FSNS-60ULSⅡMGS Experience(アブ・ガルシア)
60ULSII-thumb-650x49-54376 リール:レボ スチュディオス(アブ・ガルシア)

STUDIOUS_2
ライン:G7 ストラテジック フィネス3+Lb(ラインシステム)
G31F
シンカー:1/16~1/8oz(1.8~3.5g)
 
 レッグワームリグの基本形と呼べるセッティング。ロッドは長年小森さんがレッグワームリグ用に使用し、数々のタイトルの原動力になったFSS-60ULSのリファインモデル。スペックはそのままに、新素材ブランクとKRガイドを採用し、軽量化とともによりトラブルが少なくなっている。FSS-60ULSの特徴だったソリッドにしては張りがあるティップと強めのバットパワーはもちろん健在。操作性の高さと食い込みのよさ、確実なフッキングをすべて実現している。


●ベイトフィネス仕様
ロッド:ファンタジスタ・スチュディオス69LSBF MGS −9−(アブ・ガルシア)
tackle2スチュディオス69LSBF MGS(写真手前)は小森さんが3度目のJB TOP50年間タイトル獲得を決めた2012年最終戦(霞ヶ浦戦)でも使用していたロッド

リール:レボLTX-BF8-L(アブ・ガルシア)
2_REVO LTX-BF8-L_1_7647

ライン:G7 ストラテジック フィネス4.5Lb(ラインシステム)

シンカー:3/32~5/16oz(2.7~5g)

 2012年シーズンからレッグワームリグをベイトフィネスで使用する機会が増えたという。メリットは太いラインを使えること以外にも多い。手返しのよさやフッキングパワーの強化、より正確なキャスティングなどだ。基準は4.5Lbだが、杭撃ちなど障害物周りをねらうときは7~8Lb、オープンウォーターでは3.5Lbラインを合わせることもあるという。


※2016年現在の情報です


 
  
 
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分


2016/7/22

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING