サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

『FROG the TOY BOX MAD-RAD tribute』、好評発売中

FROG×Basserのコラボで登場したおもちゃ箱!

サイト・ビー=文


dsc_8459 FROG the TOYBOX
MAD-RAD tribute

7,200円+税
DVD40分/冊子32頁/マッドラッド1色・1個
創立20周年のFROG PRODUCTSと、創刊30周年の『月刊Basser』とのコラボレーション企画。冊子ではFROGの歴史やマッドラッドの使い方を紹介。DVDにはテスト中の爆釣劇が収録されている


「大人の趣味」にも、
「ガチの釣果至上主義」にも。MAD-RAD発進!!!!!


 20周年を迎えたFROG PRODUCTSと30周年の本誌のコラボレーションルアーが「マッドラッド」だ。フロッグの名品である「ジョイントクレイジーウォブラー」をベースにラットルアーを作ってほしいと荒井謙太さんにリクエストしたのがそもそもの始まり。

MAD-RAD (FROG PRODUCTS /写真はプロトタイプ)
rat-1 277mm /1.5ozクラス
カラーは2色から選べる。ピンクのボックスに入っているのは、アメリカザリガニを模したクリアレッド系の「Basserナチュラル」。グリーンのボックスには、蛍光グリーン+蛍光ピンクの「FROGトイカラー」が入っている。「ただのネズミ色にするのはもったいないので、Basserのイメージカラーである赤をベースにしたザリガニ系と、FROGらしいトイカラーを作ってみました」と荒井さん


 「ジョイントボディー+8連結テールで作ってみたところ、これがかなり大変でした。10個のルアーを作るようなものですから。ただ、その手間に見合ったスゴいルアーになったと思います」と荒井さん。

 2016年3月末から4月頭にかけて、中国地方のリザーバーで行なったテスト釣行では4日間で5尾の50cmアップが飛び出したという。

「テールの力を実感しました。明らかにビッグバスにスイッチを入れる。本当のところはバスに聞いてみないとわからないですが、やっぱり長くてゆらゆら動くものはバスの習性として気になっちゃうんじゃないでしょうか」

rat-2c ラット系ルアーの良し悪しは、デッドスティッキング時のテールアクションで決まるといっても過言ではない。MAD-RADのテールパーツは、ABS樹脂製の外殻に、硬質発泡素材を内蔵している。手のこんだ作りは、テールの比重を水よりわずかに高くするため。漂い、ゆらめくアクションでバスを魅了する!

 マッドラッドは書籍とDVDとのセットで発売となる。書籍ではフロッグの歴史やマッドラッドの使い方を紹介。DVDにはテスト中の爆釣劇が収録されており、観れば操作の仕方や釣れるイメージをバッチリ把握することができる。


お買い求めはお近くの釣具店か、Amazonにて。


 
 

2016/12/28

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING