サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「第8回オカッパリAllstar Classic」初日の動画を公開中!

誌面で伝えきれなかったロケーションや釣り方をご覧ください

サイト・ビー=文
Basser最新号の9月号に掲載している
「第8回オカッパリAllstar Classicザ・キャノンボール」。
この初日の模様を収めた動画を公開しています。
各選手がねらったロケーションや釣り方など、
ぜひ誌面と併せて参考にしてください。
2日目の動画も近日公開予定です!


動画へジャンプ!

動画カメラも4人の選手を追いかけました



2016年6月30日~7月1日、芦ノ湖、河口湖、西湖、山中湖を舞台に開催された「第8回オカッパリAllstar Classicザ・キャノンボール」。青木大介さん、川村光大郎さん、中田敬太郎さん、山木一人さんが火花を散らしました。


oka1aスタート場所は芦ノ湖。和気あいあいとした雰囲気のなか、青木選手がトーナメントに出場し始めたころの裏話も飛び出します

oka3西湖の東電ポンプ・津原エリアで青木選手のDジグ1.8g(スモラバ)+ミラクルストレート(ポーク)にナイスバスがヒット

oka41240gをキャッチ。今回のルールでは5尾のリミットで競いました。まさかこの魚までもが入れ替え対象になるほどのハイウエイト戦になるとは……

oka5青木選手と入れ替わりで東電ポンプエリアに入った中田選手は、グリマー7(ミドスト用プラグ)で見えバスをねらいます

oka6川村選手が見えバスねらいに選んだルアーはなんとハイピッチャー(スピナーベイト)。「僕にとってはライトリグで食わせられないバスも(スピナーベイトなら)結構食わせられます」と川村さん

oka7競技中にもかかわらず、1960gのバスをキャッチしたときのようすを解説してくれる山木選手

oka8その後、ミラクルストレート(ポーク)のダウンショットリグを水中の岩に引っかけて誘うというワザで960gを追加。シェイク時のロッドの振り幅など、ぜひ動画を見て参考にしてください





「第8回オカッパリAllstar Classicザ・キャノンボール」の詳しい内容は発売中のBasser9月号に掲載しています。
各選手の釣り方やタックル紹介はもちろん、お互いの釣りに質問をぶつけあう「仁義なき座談会」など、40ページ以上にわたって余すところなくお伝えします。ぜひ動画と併せてご覧ください。


001_hyo表紙クリックで試し読みができます。ジャンプ先のカートボタンからお買い求めいただくことも可能です

そのほか人気連載などBasser9月号のコンテンツ一覧をこちらに掲載中です。


2016/8/10

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING