サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「リップルクロー・ANA釣り倶楽部オリジナルカラー」で釣ってみた

釣果に直結した青×白のカラーリング

Basser編集部=写真と文

「よく見える」とこんなにイイコトが!


ANA釣り倶楽部秋のプレゼントキャンペーン」。
その賞品のひとつである同サイトオリジナルカラーの鮎邪リップルクロー178。
ANAの航空機をストレートに連想させるカラーリングです。

1ANA釣り倶楽部オリジナルカラーの鮎邪リップルクロー178。「秋のプレゼントキャンペーン」では、このルアーが200名様に当たります(フックは付属しません)


「遊び心溢れる」と紹介したいところですが、実際に使ってみたところ、とっても実戦的なカラーであることがわかりました。
「このカラーだから釣れた」という状況が確実にあると思われます。
バスとシーバスねらいで2日間使って最も感じたのは、青ヘッド×白ボディーの組み合わせは視認性が極めて高いことです。


「よく見える」ことが生むメリットは非常に多いです。

キャスト時はルアーの軌道を確認することで、ロッドワークにより着水点を微調節しやすくなります。

リトリーブ時は、ルアーがちゃんとアクションしているかどうかが一目瞭然。

ゴミなどを拾っている場合はすぐにわかるので、すぐに回収することでムダなキャストを省けます。

「アクションがちょっと乱れてる」というレベルのときって、意外と手もとには違和感が伝わってこないんですよね……。

微妙な動きのままナイススポットを通してしまうと、釣れるはずだった1尾に見切られてしまう、なんていう悲しい事態が起こりかねません。

そしてルアーの現在地がすぐにわかるのも嬉しいです。魚のチェイスやバイトにすぐ気付けるし、「あの柱の陰でポーズ」といった小技も入れやすいです。

とくに感じたのは「暗い場所」での見えやすさ。

バスのときはオーバーハングの奥の奥、シーバスのときは岸壁のエグレの中など、光量がほぼゼロのスポットでもルアーがよく見えました。

えてしてフィッシュイーターは暗い場所が好きなだけに、この特長はビッグヘルプになります。

2バスとシーバスフィッシング、どちらの場合も「暗い場所」をねらう機会が非常に多いです。キャスト時はルアーがよく見えるので奥の奥に届けやすく、引き始めてからもチェイスやバイトを確認しやすい。メリットだらけです


さらに、シーバスねらいのナイトフィッシングの場合、アングラーからも、魚からも発見しやすいカラーであることは間違いありません。

このリップルクローが200名に当たるプレゼントキャンペーンの応募受付は11月10日まで。

ぜひご応募を!!

3使い始めてすぐこのカラーのメリットは理解できましたが、「この派手な色でホントに釣れるの?」という不安がなかったわけではありません(笑)。しかし! ファーストキャストからわずか10分でビッグバイトが!! 70cmクラスのシーバスが釣れました。ルアーまる見え・イコール・バイトもまる見えで超楽しい!!


4ガンクラフト社のスタッフ・岩本さんも岸壁のエグレの奥の奥を撃ち80cmクラスをキャッチ。このときのバイトシーンは先日公開された動画に全部おさめられています。「このカラー、ナイトフィッシングにも絶対いいですよ」とひと言







2016/10/17

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING