サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD、市川哲也選手の動画が公開されています!

アメリカンスタイルの琵琶湖ガイドが挑んだWILD CARD戦

サイト・ビー=文
00
2016年8月26日に開催されたBasser Allstar Classic THE WILD CARD。この試合に出場した市川哲也選手の動画が公開されています。

You Tube tailwalk Channelより

ichikawa01プラクティスでは霞ヶ浦の西浦エリアで好感触を得ていたという市川選手。「走ります」と宣言してねらいのスポットへ向かいます

ichikawa02桜川のカバー撃ちからスタート。3/16oz、1/2oz、1ozとウエイトを使い分ける市川選手。その使い分け方の解説もしてくれています

ichikawa04今回は撃ち物、巻き物ともにハイギヤのリールを合わせてきたという市川選手。その意図とは?

ichikawa05市川選手の釣りは米国仕込み。アワセのパワフルさはノンキーパーのバスが飛んできてしまうほど

ichikawa03シャローに的を絞ったランガン戦略で10:45にリミットメイクを達成。しかしサイズが伸びません。さらにクォリティーフィッシュを追加して入れ替えをするために奔走します

ichikawa06帰着後に使用したタックルについて説明してくれています。「クランク用には長めのロッドが好きです。ロッドワークでリトリーブコースを調節しやすいので」と市川選手





テイルウォーク

市川哲也選手のフットステップへ

banner_03

「一年前のミス」を乗り越えて勝ち取った勝利の裏側。THE WILD CARD戦優勝者の釣りを詳しく掲載しています。

↓表紙クリックでBasser2016年11月号の試し読みができます basser11

2016/10/9

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING