サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第29回

青木大介選手が男泣きで勝利をかみしめた第28回大会

Basser編集部=写真と文
第28回大会・利根川水系(出場25名)                        
Place NameTotal weight(g)
1青木大介  7600
2小野俊郎  7010
3桐山孝太郎  5780
4沖田 護  5770
5小森嗣彦  4700
※表中敬称略にて失礼します

 2014年10月25、26日、千葉県香取市の「水の郷さわら」を会場に国内におけるビッグトーナメントのひとつBasserオールスタークラシックが開催された。

DSC_0151 DSC_0201

DAY1

 大会直前のプラクティスで思うような結果を出せず、不安を抱えたまま当日を迎えた選手も少なくなかった。シビアな展開が予想されたが、大会が開催された2日間は穏やかな秋晴れに恵まれ、プラからは考えられないようなハイレベルの闘いが繰り広げられた。
 
 なかでもスタートダッシュに成功したのが昨年の覇者、小野選手だ。初日の12時の中間発表の時点ではすでにキーパーを5尾そろえリミットメイクに成功した。連覇に向けてそのまま加速するかと思われたが後が続かず、小野選手の独走に待ったをかけたのが青木選手だ。
 
 初日は青木選手が5尾、4920gで1位。小野選手は4300gで2位。3位は4尾で3600gの吉田秀雄選手。4位は2年連続準優勝中の村川選手で、3尾2780g。成田選手が3尾2760gで5位だった。

DSC_7880

DAY2

 2日目は初日よりさらに暖かく早朝の気温は17℃。23℃くらいまで上がるとの予報であった。8時の中間報告ではパターンをつかみきれない選手が多いなか、青木選手が3尾、小野選手が2尾をキープという情報がもたらされた。
 
この時点で2日間のトータルウエイトは
青木選手6420g
小野選手6300g
吉田選手4100g
小森選手2830g
村川選手2780g
であり、小野選手と青木選手の一騎打ちの様相を呈してきた。

青木大介選手の男泣き

 会場の「水の郷さわら」では史上最多と思われる多くのギャラリーが見つめるなかBasserオールスタークラシック2014のウエイインショーが始まった。加藤選手が良型を3尾、並木選手もキーパーを4尾と会場を沸かせる。しかし、その後の選手はノーフィッシュか1尾が続きフィールドが予想以上にタフコンディションだったことが明らかになっていった。

 17番目で登場した桐山選手が2日間トータル5780gで初日の青木選手の成績を上回り暫定トップに躍り出る。21番目に登場した沖田選手が5尾4100gと気を吐いたがトータル釣果5770gと桐山選手に10g届かず。初日3位の吉田秀雄選手もまくることができず、この時点で桐山選手の3位以内は確実になった。残すのは初日トップの青木選手と2位の小野選手。
 
 まずは小野選手。キロフィッシュを立て続けに取り出すが3尾目が出てこない。2尾で2710g、トータルで7010gで暫定トップが入れ替わる。

 そして、最後は青木選手。青木選手が2100gを持ち込めば初優勝である。青木選手は4尾をキープ。重量は2680g。MCが数を読み上げると、普段はクールな青木選手が、ステージの上で何度もガッツポーズを決めた。
そして、感極まって男泣き。JBの最終戦では暫定年間順位1位で臨んだものの、予期せぬ結果に終わりかなりの精神的ダメージを受けていたといわれる青木選手。しかし、その後、エリート5に勝利し、その勢いでオールスターに参戦したものの直前のプラクティスでは大いに悩まされていたという。
 そんな青木選手にとってオールスター優勝は昔からの夢であり、勝利への執念が呼び込んだ初の栄冠だった。

DSC_7769 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Basserオールスタークラシック2014
FINAL Result
優 勝 青木大介  7600g 9尾
2位 小野俊郎  7010g 7尾
3位 桐山孝太郎 5780g 7尾
4位 沖田 護  5770g 8尾
5位 小森嗣彦  4700g 7尾
6位 北 大祐  4690g 8尾
7位 吉田秀雄  4240g 5尾
8位 清水盛三  4190g 4尾
9位 並木敏成  4030g 6尾
10位 菊元俊文  4030g 5尾
11位 川口直人  3610g 6尾
12位 成田紀明  3560g 4尾
13位 村川勇介  3350g 4尾
14位 山木一人  3210g 5尾
15位 加藤誠司  2530g 3尾
16位 大塚 茂  2330g 3尾
17位 高岡展二  2320g 3尾
18位 福光正樹  2060g 3尾
19位 赤羽修弥  1970g 2尾
20位 田辺哲男  1730g 2尾
21位 小田島悟  1650g 2尾
22位 吉田幸二  1030g 1尾
23位 沢村幸弘  950g 1尾
24位 河辺裕和  880g 1尾
25位 関和 学  800g 1尾


掲載は2015年1月号
201401
  
 

 

密着したアングラーがワンツーフィニッシュ!

 

hyou1_127 THE DEAD HEAT 完全密着!!Basser ALLSTAR CLASSIC 2014
青木大介/小野俊郎 DVD-150分







abema

2016/10/28

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING