サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第3回

河口湖開催の第2回大会を制したのは、当時28歳の沢村幸弘

Basser編集部=写真と文
第2回大会・河口湖(出場43名)
Place Name Total weight(g)
1 沢村幸弘 2340
2 下野正希 2120
3 小山隆司 1900
4 河辺裕和 1870
5 秋林義継 1820
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します


 1988年10月30日に開催された第2回大会には、トーナメントで活動中のアングラーだけでなく、雑誌とTVで活躍中の故・西山徹や、NBCのジュニアアングラーも迎えて計43名で競われた。


 当日は小雪が舞うコンディションで、出場選手の半数が大石沖ディープ、水深8mラインにねらいを定めていた。

allstar02ba
 しかし、この試合を勝った沢村幸弘のエリアは鵜ノ島の南西にある寺下。沢村はここでドロップオフを挟んで隣接するシャローとディープを効率よくねらい、前回の雪辱を果たして初優勝を遂げた。ウイニングルアーはバイブラシャフト1/4oz・シングルウイロー。持ち帰ったバッグリミット(7尾)のうち1尾がキーパーサイズの25cmに満たず、冷や汗ものの検量となったが、それでも勝利の女神は沢村にほほ笑んだ。

allstar02cd
掲載は1988年冬号
b-1988-12-01-02-01-L

2016/6/28

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING