サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第23回

第22回大会は、6㎏超をウエイインした赤羽修弥選手が初優勝

Basser編集部=写真と文
第22回大会・霞ヶ浦・北浦(出場21名)                        
Place NameTotal weight(g)
1赤羽修弥  6310
2蛯原英夫  5400
3沢村幸弘  4810
4並木敏成  4390
5相羽純一  4310
※表中敬称略にて失礼します
2008_allstar-596

DAY1

2008年10月25日(土)、茨城県霞ヶ浦水系。
22回目の開催となる『Basser Allstar Classic 2008』の第1日目が始まった。
 
2007年同様、大会前日には激しい雨が降ったものの、スタート時刻には雨雲は去り、北寄りの風がおだやかに吹くまずまずのコンディションに恵まれた霞ヶ浦。
2008_allstar-082 6:00am前、本部がある土浦新港から21名の選手が霞ヶ浦水系全域に設定された広大なエリアへ散っていった。
 
恒例のスタート前インタビューでは、昨日の激しい雨により、これまで築いてきたものがすべて崩れてゼロからのスタートになると話す選手が多かった。
2008_allstar-179
土浦新港周辺の水温はおよそ20度。
降雨により水色はやや濁りといった状況に、各選手たちがどう対応するのか、興味は尽きない。
 

DAY2

2008年10月26日(日)、『Basser Allstar Classic 2008』2日目。
一昨日の激しい雨は21名のこれまでの積み重ねをほぼ打ち砕くものだった。
Day1を終えて、リミットメイクを達成したものはわずか4名という数字からも状況変化の激しさが推し量れよう。
 
 
1日が経ち、水色も落ち着きを取り戻すことが予想されるDay 2。
 
6:00am、厚い雲に覆われた霞ヶ浦水系に向けて本部がある土浦新港から21名の選手がいっせいに散っていった。
2008_allstar-153
唯一4kgオーバーのウエイトを叩き出している蛯原英夫選手がこのまま逃げ切るのか?
わずか300gほどの僅差でこれを追う沢村幸弘選手と赤羽修弥選手がひっくり返すか?
また、その他の選手の猛追がありえるのか?
 
 
すべては1:30pmからのウエイインで明らかになる。
 
 
スタートから2時間ほど経過した8:00amの途中経過によると、並木敏成選手が3尾/2400gでトップ。
トータルで4kgオーバーに達し、上位入賞にむけて猛チャージをかけている。
 
 
注目の上位3選手は蛯原英夫選手が1尾/600g
沢村幸弘選手が0尾、赤羽修弥選手が2尾/1600g(いずれも推定ウエイト)。
 
 
10:00am、本日最後の途中経過が報告された。
朝イチの猛チャージをみせた並木敏成選手は8時時点と変わらず、3尾2400gのまま。
 
注目は赤羽修弥選手で、さらに1尾を追加し推定ウエイトは3尾2000g。
6kg近くまでトータルウエイトを上げ、暫定1位に躍り出ている。
 
 
1:30pm過ぎ、ウエイインショースタート。
やはり金曜日の降雨が選手全員に大きく影響し3名の選手が2日間ともにノーフィッシュとなった。
2008_allstar-043
非常にタフな霞ヶ浦水系を最もよく攻略したのは、2日間で8尾/6kgオーバーというウエイトを叩き出した赤羽修弥選手!!
念願の初優勝を果たし、21名の精鋭たちのトップに立った。
2008_allstar-561
Basserオールスタークラシック2008
FINAL Result
優 勝 赤羽修弥 6310g 8尾
2位 蛯原英夫 5400g 7尾
3位 沢村幸弘 4810g 7尾
4位 並木敏成 4390g 5尾
5位 相羽純一 4310g 3尾
6位 江口俊介 3750g 5尾
7位 吉田秀雄 3210g 6尾
8位 成田紀明 2920g 5尾
9位 山木一人 2700g 5尾
10位 加藤誠司 2420g 4尾
11位 河辺裕和 2090g 4尾
12位 川口直人 2010g 3尾
13位 橋本卓哉 1990g 2尾
14位 田辺哲男 1920g 3尾
15位 赤嶺吉蔵 1190g 2尾
16位 関和 学 1030g 2尾
17位 小野俊郎  910g 2尾
18位 中村雅晴  770g 1尾
19位 庄司 潤   0g 0尾
19位 清水盛三   0g 0尾
19位 吉田幸二   0g 0尾


掲載は2009年1月号
200801





abema

2016/10/28

最新号 2017年12月号

Basser Allstarclassic2017を徹底レポート!  今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstarclassic2017を全力で特集しています。  「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。  また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING