サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第2回

第1回大会の舞台は芦ノ湖。優勝はシャローにねらいを絞った田辺哲男

Basser編集部=写真と文
第1回大会・芦ノ湖(出場10名)
Place Name Day1(g) Day2(g) Total weight(g)
1 田辺哲男 5240 3440 8680
2 沢村幸弘 4430 3830 8260
3 河辺裕和 3600 0 3600
4 島津靖雄 2290 570 2860
ほか吉田幸二・下野正希・宮本英彦・林 圭一・鈴木隆夫・梅原栄治が出場
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します


 故・林圭一と沢村幸弘の提唱で産声を上げたBasser Allstar Classicは、1987年5月3、4日に神奈川県・芦ノ湖で第1回大会が開催された。


allstar01ab
 芦ノ湖漁協の協力によって実現した第1回大会だが、実はこのとき「オールスタークラシック」という呼び名はまだ採用されていなかった。そしてオールスタークラシックの伝統であるプレスアングラー(審判兼記録員)の同船は当時としては異例中の異例であり、2日間にわたっての開催も珍しいものだった。


 出場10名は、林が思い描く「理想のトーナメント像」に呼応した精鋭ぞろい。さらにプレスアングラーのなかには、のちにB.A.S.S.バスマスタークラシック出場を果たした築山滋の姿もあった。


allstar01b勝敗決定後、お互いの健闘を讃えて握手をする田辺選手と沢村選手
 試合は、シャローにねらいを絞った田辺哲男が、対象的にブレイクを釣った沢村幸弘の猛追をかわすかたちで第1回大会を制した。


掲載は1987年秋号
b-1987-09-10-11-01-L

2016/6/27

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING