サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第2回

第1回大会の舞台は芦ノ湖。優勝はシャローにねらいを絞った田辺哲男

Basser編集部=写真と文
第1回大会・芦ノ湖(出場10名)
Place Name Day1(g) Day2(g) Total weight(g)
1 田辺哲男 5240 3440 8680
2 沢村幸弘 4430 3830 8260
3 河辺裕和 3600 0 3600
4 島津靖雄 2290 570 2860
ほか吉田幸二・下野正希・宮本英彦・林 圭一・鈴木隆夫・梅原栄治が出場
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します


 故・林圭一と沢村幸弘の提唱で産声を上げたBasser Allstar Classicは、1987年5月3、4日に神奈川県・芦ノ湖で第1回大会が開催された。


allstar01ab
 芦ノ湖漁協の協力によって実現した第1回大会だが、実はこのとき「オールスタークラシック」という呼び名はまだ採用されていなかった。そしてオールスタークラシックの伝統であるプレスアングラー(審判兼記録員)の同船は当時としては異例中の異例であり、2日間にわたっての開催も珍しいものだった。


 出場10名は、林が思い描く「理想のトーナメント像」に呼応した精鋭ぞろい。さらにプレスアングラーのなかには、のちにB.A.S.S.バスマスタークラシック出場を果たした築山滋の姿もあった。


allstar01b勝敗決定後、お互いの健闘を讃えて握手をする田辺選手と沢村選手
 試合は、シャローにねらいを絞った田辺哲男が、対象的にブレイクを釣った沢村幸弘の猛追をかわすかたちで第1回大会を制した。


掲載は1987年秋号
b-1987-09-10-11-01-L

2016/6/27

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING