サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第19回

第18回大会の覇者は10尾11㎏超をウエイインした小野俊郎選手

Basser編集部=写真と文
第18回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦等を含む/出場22名)                        
Place NameTotal weight(g)
1小野俊郎  11460
2吉田幸二  9030
3吉田秀雄  8950
4田辺哲男  7690
5河辺裕和  5200
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します
allstar6-01_0006
 表彰台の2位から5位に歴代のオールスタークラシックウイナーが並んだ2004年大会を制したのは小野俊郎だった。そのスコアは何と11kg超(2日間計10尾)という、2位以下とはまさに桁違いの勝利だった。

 しかし、1日目のトップに立ったのはその小野ではなかった。リードしたのは恋瀬川河口でクランキングを炸裂させた吉田幸二。そのスコアは何と、4尾ながら5610g。そこには2尾の2kgアップ(いずれも50cmオーバー)が含まれていた。

 1日目、リミットメイクに成功して5090gを持ち込みながら吉田を追う立場で2日目を迎えた小野は、この日も前日と同様に恋瀬川に入った。そしてピンスポットからヤミィのノーシンカーリグで絞り出したスコアは6370g。ウエイインショーでの小野の派手なパフォーマンスは、この選手のクールな印象を覆すものだった。また、トータル11kg超のスコアは近年不調がささやかれていた霞ヶ浦の復活をギャラリーに印象付け、同水系のバスフィッシングを大いに盛り上げることにも繋がった。

allstar6-01_0008
掲載は2005年2月号
allstar6-01_0005

  
青木大介×草深幸範×伊豫部健
バサーオールスタークラシック2015年激闘の記録!
the another Dimension
Basser ALLSTAR CLASSIC 2015 DVD-105分
 
 


2016/10/22

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING