サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第13回

クランカー・吉田幸二選手が優勝した第12回大会

Basser編集部=写真と文
第12回大会・霞ヶ浦(出場23名)                        
Place NameTotal weight(g)
1吉田幸二  6730
2河辺裕和  6370
3柳 栄次  5770
4赤羽修弥  5570
5田辺哲男  5470
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

allstar6-01_0006
 1998年、第12回大会のウイニングパターンはクランキング。ルアーはディプシードゥ3、勝ったのは吉田幸二。クランカーとしての吉田幸二を世に知らしめると同時に、ハイプレッシャー化が進む国内のフィールドにおいて、ライトリグに偏りがちだったルアーセレクトに一石を投じることになった伝説的一戦だった。

 そして入賞5名の中に「赤羽修弥」の名が……。赤羽は、この試合から10年後の2008年大会、そして2009年大会、さらには2010年大会をも制して3連覇を達成することになる。オールスタークラシック30年史を振り返るとき、その赤羽がついに表彰台の一角を占めたという点でも、1998年のオールスタークラシックは非常に意義深い大会だったといえる。

allstar6-01_0008
掲載は1999年2号
allstar6-01_0002

2016/10/4

最新号 2017年12月号

Basser Allstarclassic2017を徹底レポート!  今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstarclassic2017を全力で特集しています。  「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。  また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING