サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第12回

田辺哲男選手が3度目の勝利を飾った第11回大会

Basser編集部=写真と文
第11回大会・霞ヶ浦(出場21名)                        
Place NameTotal weight(g)
1田辺哲男  7790
2吉田秀雄  7580
3清水盛三  7420
4菊元俊文  6850
5吉田幸二  6710
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

allstar6-01_0008
 清水盛三が7420gを持ち込むと、吉田秀雄が7580gでそれを逆転、田辺哲男がそのさらに上を行く7790gをウエイインして勝利するという劇的なウエイインショーに土浦新港が揺れた……。

 田辺はこれでオールスタークラシック3勝目。3度の勝利を飾っているアングラーはほかにもいるが、芦ノ湖、河口湖、そして霞ヶ浦という異なる3つのフィールドで勝っているのは田辺ただひとり。この事実は、フィールドを選ばない田辺の強さを如実に物語っているといえるだろう。

allstar6-01_0006
 余談ではあるが、2日間で1万人超の来場者を集めるまでになった(※2015年大会における「水の郷さわら」調べ)現在のオールスタークラシックは、規模が大きくなったがゆえに利根川・霞ヶ浦水系と「水の郷さわら」からほかへ会場を移すことが現実的に難しくなっている。オールスタークラシック史に田辺が刻んだ3つのフィールドで3勝という記録は、もはや破ることが不可能なのかもしれない。となるとこれから注目されるのは「前人未到の4勝目」に誰が最初に到達するかだ。


掲載は1998年2号
allstar6-01_0005


banner_03

2016/9/27

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING