サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第12回

田辺哲男選手が3度目の勝利を飾った第11回大会

Basser編集部=写真と文
第11回大会・霞ヶ浦(出場21名)                        
Place NameTotal weight(g)
1田辺哲男  7790
2吉田秀雄  7580
3清水盛三  7420
4菊元俊文  6850
5吉田幸二  6710
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

allstar6-01_0008
 清水盛三が7420gを持ち込むと、吉田秀雄が7580gでそれを逆転、田辺哲男がそのさらに上を行く7790gをウエイインして勝利するという劇的なウエイインショーに土浦新港が揺れた……。

 田辺はこれでオールスタークラシック3勝目。3度の勝利を飾っているアングラーはほかにもいるが、芦ノ湖、河口湖、そして霞ヶ浦という異なる3つのフィールドで勝っているのは田辺ただひとり。この事実は、フィールドを選ばない田辺の強さを如実に物語っているといえるだろう。

allstar6-01_0006
 余談ではあるが、2日間で1万人超の来場者を集めるまでになった(※2015年大会における「水の郷さわら」調べ)現在のオールスタークラシックは、規模が大きくなったがゆえに利根川・霞ヶ浦水系と「水の郷さわら」からほかへ会場を移すことが現実的に難しくなっている。オールスタークラシック史に田辺が刻んだ3つのフィールドで3勝という記録は、もはや破ることが不可能なのかもしれない。となるとこれから注目されるのは「前人未到の4勝目」に誰が最初に到達するかだ。


掲載は1998年2号
allstar6-01_0005


banner_03

2016/9/27

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING