サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第11回

10年目のオールスターを制したのはクオリティーフィッシュのみにねらいを定めた林圭一選手

Basser編集部=写真と文
第10回大会・霞ヶ浦(出場19名)                        
Place NameTotal weight(g)
1林 圭一  7040
2駒井 寛  6520
3反町裕之  6480
4沢村幸弘  6460
5本山博之  6160
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

allstar6-01_0003
 オールスタークラシック10年目の秋、頂点に立ったのはこのトーナメントの提唱者のひとり、故・林圭一だった。

 この年ケイテックを立ち上げた林は、さっそく自身の代名詞であるフリップ&ピッチ用にラバージグ(モデルⅠ)とカスタムトレーラーをデザイン。それら信頼を寄せるルアーで流入河川のカバーを撃つパターンをメインに1kgアップを積み重ね、7尾・7040gをマーク。「まずはリミットを揃え、それから入れ替えでスコアアップしていく」のではなく、最初からクオリティーフィッシュのみにねらいを定めた攻撃的戦略が見事にハマった結果だった。またこの試合では、林が霞ヶ浦ロコの細田健二からこの湖について学び、そこに自身の理論をミックスしてパターンを構築したことも注目を集めた。ゼネラリストとスペシャリスト、グローバリズムとローカリズムの融合は、20年後の現在においてもバスフィッシングに進化をもたらすキーワードになっている。

allstar6-01_0001

掲載は1997年1号
allstar6-01

2016/9/26

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING