サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 2016最終日
釣果速報プレイバック

スタート〜10時の全釣果とヒットルアー&タイム

サイト・ビー=文
top001-1
今回のBasser Allstar Classic 2016では、選手に同船したプレスアングラーから情報を収集。勝負が決した2日目は、スタートから10:00までsiteB上でリアルタイムに配信しました。
この記事ではそのときの釣果速報を時系列順にまとめて紹介します。
なお、11月末発売号の『Basser』にて、全選手(19名)の2日分の足取りを余すところなく掲載しますので、ご期待ください。



初日終了時点の各選手のスコア


初日1位は1880gのビッグフィッシュを含め5尾4360gをウエイインした澳原選手。菊元選手と北選手が同ウエイトの4240gを持ち込んで2位。6名の選手がリミットメイクを達成していました。

 
                                                                                               
順位 選手名 尾数 ウエイト(g)
1澳原 潤54360
2菊元俊文54240
2北 大祐54240
4村川勇介54110
5河辺裕和33750
6小森嗣彦53740
7田辺哲男43310
8沢村幸弘43090
9並木敏成52870
10赤羽修弥42150
11大塚 茂32090
12小野俊郎41970
13青木大介21700
14小田島悟21680
15吉田秀雄21490
16福島 健21370
17五十嵐誠21170
18沖田 護21130
19清水盛三00
※表中敬称略にて失礼します

そしてBasser Allstar Classic 2016最終日が始まります。

6:00~7:00
青木選手がひと足先に2尾をキャッチ

※ここに掲載するウエイトは目測です。また、時刻はプレスアングラーから連絡を受けた時間を記載しています。

6:42
青木選手、300gをキャッチ!
ルアーはスピナーベイト。
「キーパーギリギリだな」と青木選手。

6:47
河辺選手、600g。

161030_065501
ルアーはフットボール。


6:51
青木選手、500g。
ルアーはヘビダン。

7:00~8:00
全体で15尾、1kgクラスも複数尾

7:00
沖田選手、700g。
ルアーはテキサスリグ。

7:02
小森選手、1kg。
ルアーはヘビダン。

7:04
五十嵐選手、1200g。
ルアーはチャターベイト。
「やべえ、これ信じてやりきれそう」と五十嵐選手。

7:16
並木選手、500g。
ルアーはダウンショットリグ。

7:19
沖田選手、700g。
ルアーはジャークベイト。

7:22
並木選手、750gをキャッチ!

10056
ルアーはダウンショットリグ。

7:23
青木選手、3尾目700g。
ルアーはスピナーベイト。

7:27
清水選手、500gをキャッチ!
ルアーはテキサスリグ。
「小さいけどやっとオールスターが始まった」と清水選手。

7:27
菊元選手、500g。
ルアーはテキサスリグ。
「1本獲れて落ち着いたわ!」

7:29
澳原選手、500g。
ルアーはヘビキャロ。

7:36
小野選手、300g。
ルアーはスピナーベイト。

7:49
沖田選手、400g。
452
ルアーはダウンショット。


7:54
田辺選手、500g。
ルアーはテキサス。

7:54
小野選手、400g。
ルアーはテキサスリグ。

7:56
河辺選手、720g。

161030_075301
ルアーはフットボールジグ。


午前8時までの各選手のスコア
 
                                                                            
選手名 2日目尾数 2日目ウエイト(g) 初日+2日目ウエイト(g)
青木大介315003200
赤羽修弥0 02150
五十嵐誠112002370
大塚 茂0 02090
沖田 護527003830
澳原 潤1 5004860
小田島悟0 01680
小野俊郎2 7002670
河辺裕和0 03750
菊元俊文1 5004740
北 大祐0 04240
小森嗣彦110004740
沢村幸弘0 03090
清水盛三1 500 500
田辺哲男1 5003810
並木敏成212504125
福島 健0 01370
村川勇介1 4004510
吉田秀雄0 01490
※表中敬称略にて失礼します

スタートダッシュに成功した選手たちが初日のトップ、澳原選手を追い上げる展開。とくに沖田選手はすでにリミットメイクを達成し、TBC選手の本領を見せつけました。

8:00~9:00
北、並木、小森の3選手が複数尾キャッチに成功

8:01
福島選手、550g
ルアーはシャッド。

8:07
沖田選手、1000gをキャッチ!

468
ルアーはダウンショットリグ。

8:27
北選手、500g。
「やっぱり増水でシャローに」と北選手。
ルアーはスピナーベイト。

8:31
小田島選手、400g。
ルアーはテキサス。

8:40
並木選手、500g。
ルアーはディープクランク。

8:44
澳原選手、木下のブッシュで2尾目400g。
ルアーはテキサスリグ。

8:45
北選手、600g


2尾目、皮一枚!
「これも水深1m未満」と北選手。
ルアーはスピナーベイト。

8:49
小森選手、2尾目600g。
ルアーはヘビーダウンショットリグ。

8:50
小森選手、連発。450g。
ルアーはヘビダン。

8:55
並木選手、1300g。

10131
ルアーはディープクランク。

9:00~10:00
北選手が1kgクラスを連発

9:10
五十嵐選手、石積みのドシャローで1300g。

20285
ルアーはチャターベイト。
「やったぁ❗ やっぱりこれだ! 閃きで寄った石積みで釣れた」と五十嵐選手。

9:34
小野選手、300g。
ルアーはシャッド。

s__17006615
9:34
北選手、1100g。

9:36
北選手、1000g。連続キャッチ!
「居付きじゃない、入ってきてる魚!」と北選手。
ルアーはスピナーベイト。

9:41
菊元選手、テトラで2尾目600g。
ルアーはスモラバ。

9:44
田辺選手、650g。

2092
ルアーはテキサスリグ。
「ど根性の1本」と田辺選手。

9:48
大塚選手、820g。

S__59572228
ルアーはテキサスリグ。

9:53

五十嵐選手、3尾目500g。


ルアーはバイブレーション。
「よし、あと2匹!」

9:55
小野選手、500g。
ルアーはシャッド。

午前10時までの各選手のスコア
 
                                                                            
選手名 2日目尾数 2日目ウエイト(g) 初日+2日目ウエイト(g)
青木大介315003200
赤羽修弥0 6002750
五十嵐誠330004170
大塚 茂1 8202910
沖田 護533004430
澳原 潤2 9005260
小田島悟1 4002080
小野俊郎415003470
河辺裕和213205070
菊元俊文211005340
北 大祐432007440
小森嗣彦320505790
沢村幸弘0 03090
清水盛三1 500 500
田辺哲男211504460
並木敏成430505925
福島 健1 5501920
村川勇介1 4004510
吉田秀雄0 01490
※表中敬称略にて失礼します

ここで掲載したのはオールスターのほんの一部です。2016年11月末発売号の『Basser』では、上位の選手だけでなく19名全選手の足取りを紹介いたします。お楽しみに!


2016/11/13

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING