サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 2016
ビッグフィッシュ賞 
澳原潤 表彰式インタビュー

ナイロン20Lbを合わせたカバー撃ちで1880gをキャッチ

サイト・ビー=文
okki この記事はBasser Allstar Classic 2016表彰式での澳原潤選手へのインタビューを掲載しています。司会はBasser編集長の堀部政男

一発ねらいのカバー撃ちでキャッチ


―― ビッグフィッシュ賞を発表させていただきます。1日目に澳原潤選手がキャッチした1880gが30回記念大会のビッグフィッシュ賞になります。澳原選手はトータルウエイトでは4360gで6位となっております。どういったねらい方でキャッチされたのか教えていただけますか?

澳原 はい、水温が上がったタイミングの10時すぎから、一発入ればいいなと、ブッシュをやり始めました。

―― プレスの方のコメントで気になったのが、初日の2匹目を釣ったあと、「ああ、こういうことか」というコメントをした後で、短時間でまとめて釣った最後の1本が1880gでしたよね。

澳原 「こういうことか」っていうのは、昨日は魚が浮いている状態にあったんだなぁということに気付いたんですが、このビッグフィッシュはまた別の考えで、カバーにガチッと陣取っているデカいやつをねらっていこうと思ってやりきった結果があの1本だったっていう感じです。

dsc_1078
―― ちょっと話の腰を折ってしまった形になってしまったんですけど、具体的にルアー、ロッド、リール、ラインをご紹介いただけますか?

澳原 ロッドは僕と成田紀明でやっているレジスタシリーズの、70Hっていうアニバーサリーモデルで釣ったんです。ルアーはパワーホッグ4inなんですけど……。

―― 好きですね!

澳原 はい! このワンタックルでブッシュをひたすら撃っていく。

―― ラインはどれくらいの太さのものですか?

澳原 僕ラインはナイロンの20Lbを使ったんです。フロロだとちょっとクセがついたりするとマイクロガイドに当たったり抵抗になるのがイヤだったので。あとは、ラインの角度がナイロンのほうが上に向くので、僕の場合はカバー撃ちにはナイロンが好きでよく使っているんです。「20Lbだったら切れねェだろう」って、もうかなりゴリゴリ巻きでキャッチしました。

s__2899972
―― 澳原選手らしいタックルセレクトですね。初出場でビッグフィッシュ賞、楯を1枚獲得されました。会場の皆様にひと言お願いできますか?

澳原 2日目も本当はね、昨日みたいな魚、クオリティーフィッシュを見つけたかったんですが、今日は残念ながらダメだったんですが、また、この場に呼んでいただけたら、そのときはまたいい魚を持って帰りたいと思います!

―― とても記憶に残るいい魚でした。澳原選手に大きな拍手をお送りください。

澳原 ありがとうございました!



 澳原潤選手の釣りの詳細はBasser 2016年11月末発売号で余すところなくお伝えします。ご期待ください。
 また最新号のBasser2016年12月号では、JB TOP50第4戦桧原湖の模様をレポートしています。この試合で準優勝したのが澳原選手。カバー撃ちでビッグフィッシュをキャッチしたオールスターに対して、桧原湖戦ではダウンショットリグでディープを釣って結果を残しました。


2016/11/11

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING