サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

勝者はここで釣った! Basser Allstar Classic 2004‐2006

歴代ウイニングエリアをマップで紹介

サイト・ビー=文
Basser Allstar Classicが初めて霞ヶ浦で開催されたのは1994年(当時の会場は茨城県・土浦新港)。
以来、競技エリアや会場の変更がありながらも利根川水系での開催が続いている。
しかし、振り返ってみるとほぼ同時期の開催にもかかわらず優勝者のメインエリアは毎年異なっている。
これはこの水系の懐の深さを示していると言えるだろう。
1994年から2015年までのウイニングエリアを何回かに分けて振り返ってみたい。
秋のカスミ&利根川釣行では、歴代ウイニングエリアをチェックしてみるのも面白いかもしれない。


本文中、敬称略にて失礼いたします。

2004年 恋瀬川

※マップ中の⑪

11月13~14日
勝者:小野俊郎
メインルアー:ノーシンカーワッキーリグ(ヤミィ)

「利根川なら9㎏はいける。でも、それでは勝てない」。小野俊郎は東浦に注ぐ恋瀬川に勝負を賭けた。なかでも全幅の信頼を置いていたのは、常磐線の鉄橋下、わずか30m四方のワンスポット。ノーシンカーワッキーのヤミィをメインに使用し、カラーとサイズを巧みにローテーションしながら、時合いで差してくる魚を次々とランディング。トータル11㎏超というビッグウエイトは、小野の鋭い戦術眼と、不調といわれていた霞ヶ浦の復活を強烈に印象づけた。

2005年 霞ヶ浦全域


8月13~14日
勝者:宮崎友輔
メインルアー:クランクベイト(ハンドメイド・プロトタイプ)、テキサスリグ(ウルトラバイブスピードクロー)

異例の真夏開催となった2005年大会。米国のB.A.S.S.ツアーアングラーとして出場した宮崎友輔は、霞ヶ浦全域をラン&ガンしてバスをかき集め、トータルで11000gをウエイイン。初出場初優勝を果たした。米国仕込みのクランキン&フリッピンを駆使して2日間でキャッチしたバスは計20尾(リミットは単日5尾)。そのなかで1㎏クラスのバスを手にしたエリアだけでも、初日の梶無川(マップ中の③)、中央排水路(⑫)、桜川(⑦)、2日目の園部川(⑬)、古渡(①)など多岐にわたっている。

2006年 美浦

※マップ中の②

11月25~26日
勝者:河辺裕和
メインルアー:キャロライナリグ(6inダブルテールフラグラブ)、フットボールジグ(FinaトーナメントT-Bump+6inダブルテールグラブ)

冷え込みでタフな状況となった2006年大会。河辺裕和は初日、1尾580gで12位と出遅れていた。「今の霞ヶ浦攻略の第一条件は風裏。風の当たるところはバスのポジションがコロコロ変わるからアテにならない」と読んでいた河辺は、2日目の朝、凪いだ本湖の湖面を見て美浦の浚渫跡「カワベブレイク」へ走った。7:04~7:25の間に立て続けに1200g、1300g、1500gをキャッチし、この試合を制したのだった。





1994年、1995年のウイニングエリア(①②)についてはこちら

1996年、1997年のウイニングエリア(③④)についてはこちら

1999年~2000年のウイニングエリア(⑤~⑥)についてはこちら

2001年~2003年のウイニングエリア(⑦~⑩)についてはこちら

北大祐選手が優勝したBasser Allstar Classic 2016。2016年11月26日発売号の『Basser』にて19名全選手の足どりや釣り方、使用ルアーなど詳細に紹介いたします。お楽しみに!




2016/11/22

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING