サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

勝者はここで釣った! Basser Allstar Classic 2001‐2003

歴代ウイニングエリアをマップで紹介

サイト・ビー=文
Basser Allstar Classicが初めて霞ヶ浦で開催されたのは1994年(当時の会場は茨城県・土浦新港)。
以来、競技エリアや会場の変更がありながらも利根川水系での開催が続いている。
しかし、振り返ってみるとほぼ同時期の開催にもかかわらず優勝者のメインエリアは毎年異なっている。
これはこの水系の懐の深さを示していると言えるだろう。
1994年から2015年までのウイニングエリアを何回かに分けて振り返ってみたい。
秋のカスミ&利根川釣行では、歴代ウイニングエリアをチェックしてみるのも面白いかもしれない。


本文中、敬称略にて失礼いたします。

2001年 桜川&小津

※マップ中の⑦(桜川)、⑧(小津)

9月22~23日
勝者:本山博之
メインルアー:フロリダリグ(5inパワーホッグ)

台風一過の強い北風を避け、初日のすべてを桜川上流に費やした本山博之。チャネルが寄ってカレントが当たるアシ際に対し、フロリダリグをドリフト気味に送り込んで暫定3位につけた。迎えた2日目、東浦・小津の消波堤防でリミットをそろえた後、わずかな雲の動きと気温の変化を感じ取り、移動した美浦と大津新堀で入れ替えに成功。メインパターンが崩れたなか、その冷静な判断力で勝利をもぎ取った。

2002年 小野川

※マップ中の⑨

11月16~17日
勝者:本山博之
メインルアー:シャッド(スーパーシャッド60)

前線の通過に伴い水温が低下、2日間を通してリミットメイクした選手はゼロ。2年連続3度目の優勝を果たした本山博之をはじめ、水の悪い本湖を捨て、流入河川や利根川をメインにした選手が大半を占めた。初日に入った桜川で“冬のシャッドパターン”が通用することに気付いた本山は、2日目、ショートバイトに対応できるようにルアーチューン。その結果、小野川でリミットを揃えることに成功した。チャネルに隣接したハードボトムをねらい、ボトムを叩きすぎないようにすることが重要だったという。

2003年 小野川(利根川支流)

※マップ中の⑩

10月25~26日
勝者:深江真一
メインルアー:クランクベイト(テネシータフィーT-3、サンダーシャッド)

過去3年、利根川の勝負にこだわってきた深江真一は、弱点だったロータイド対策として建設省ワンドの奥に位置する小さな水路、小野川を見つけた。一見プアな印象を受けるが、護岸沿いや橋脚の下には流れてきた木やコンクリートの塊が沈んでおり、細かな変化を形成していた。深江はトゥルーチューンを施して意図的にスイミングコースを曲げたクランクベイトを使い、ストラクチャーやカバーにコンタクトさせるようにトレース。この結果、利根川が初のウイニングエリアになった。




1994年、1995年のウイニングエリア(①②)についてはこちら

1996年、1997年のウイニングエリア(③④)についてはこちら

1999年~2000年のウイニングエリア(⑤~⑥)についてはこちら

北大祐選手が優勝したBasser Allstar Classic 2016。2016年11月末発売号の『Basser』にて19名全選手の足どりや釣り方、使用ルアーなど詳細に紹介いたします。お楽しみに!




2016/11/21

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING