サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

勝者はここで釣った! Basser Allstar Classic 1996&1997

歴代ウイニングエリアをマップで紹介

サイト・ビー=文
Basser Allstar Classicが初めて霞ヶ浦で開催されたのは1994年(当時の会場は茨城県・土浦新港)。
以来、競技エリアや会場の変更がありながらも利根川水系での開催が続いている。
しかし、振り返ってみるとほぼ同時期の開催にもかかわらず優勝者のメインエリアは毎年異なっている。
これはこの水系の懐の深さを示していると言えるだろう。
1994年から2015年までのウイニングエリアを何回かに分けて振り返ってみたい。
秋のカスミ&利根川釣行では、歴代ウイニングエリアをチェックしてみるのも面白いかもしれない。


本文中、敬称略にて失礼いたします。

1996年 梶無川

※マップ中の③

10月27日
勝者:林圭一
メインルアー:ラバージグ(ケイテックラバージグモデルⅠ+カスタムトレーラー)

オールスター提唱者のひとり、故・林圭一が開催10年目にして悲願の初優勝を遂げた。「ほかのエリアに比べて、圧倒的に水がよかった」という梶無川には、予想どおり、大量のワカサギが入っていた。右岸のアシ際、わずか50mほどの狭い区間を5回流して10尾のバスをキャッチ。アシの外側には5gモデルをピッチング、さらにインサイドへ7gをフリップと、林にふさわしい勝ち方だったといえよう。

1997 沼尾

※マップ中の④

10月23日
勝者:田辺哲男
メインルアー:スピナーベイト(クリスタルS)

シャローからベイトが消えたことをカモメの動きで判断した田辺哲男は、メインエリアの古渡に見切りをつけ、北浦へ向かう。水深5m前後のオダをクリスタルSでねらったが、ボトムから50㎝ほど浮かせてスローロールすること、また風上にキャストしてからボートを流れにまかせてバックさせ、プロダクティブゾーンを伸ばすことがキーだったという。



1994年、1995年のウイニングエリア(①②)についてはこちら

北大祐選手が優勝したBasser Allstar Classic 2016。2016年11月末発売号の『Basser』にて19名全選手の足どりや釣り方、使用ルアーなど詳細に紹介いたします。お楽しみに!


2016/11/17

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING