サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

φ30(mm)スプールの新星 STEEZ CT SV TWを使ってみた!!PR

Basser編集部員のファーストインプレッション

【PRESENTED BY DAIWA】Basser編集部=写真と文

まずはプロスタッフの皆さんによる解説をご覧ください


ラインキャパシティーと投げやすさのバランスが絶妙!
パーミングでうっとり。


Basser編集部ササキです。

2019年春にデビューするSTEEZの新機種「STEEZ CT SV TW」を使う機会に恵まれました。

【スティーズCT SV TW】インプレッション
CTはコンパクト&タフという意味。
特徴はなんといってもφ30mmという小口径のスプール!


スペック▼

    
品名 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) ギア比 自重 最大ドラグ力 ナイロン糸巻量(Lb-m) スプール径(mm) ベアリング(ボール/ローラー) 価格(税別)
STEEZ CT SV TW700H59cm6.3:1150g4.5kg8Lb-50~100m/10Lb-40~80m/12Lb-35~70m/14Lb-30~60m30mm125万8800円
STEEZ CT SV TW700HL59cm6.3:1150g4.5kg8Lb-50~100m/10Lb-40~80m/12Lb-35~70m/14Lb-30~60m30mm125万8800円
STEEZ CT SV TW700XH76cm8.1:1150g4.5kg8Lb-50~100m/10Lb-40~80m/12Lb-35~70m/14Lb-30~60m30mm125万8800円
STEEZ CT SV TW700XHL76cm8.1:1150g4.5kg8Lb-50~100m/10Lb-40~80m/12Lb-35~70m/14Lb-30~60m30mm125万8800円


ダイワのベイトリールでφ30mmスプールというのはちょっと記憶にありません。

軽量ルアー用ベイトリールの先駆けであるリベルト・ピクシーのスプールも31mmでした。ちなみに現行のベイトフィネス機であるSS AIRは32mm。

そしてSTEEZ SV TWは34mmです。

スプール径が小さいメリットとして思い浮かぶのは……。

●スプールが軽くなる
●軽いルアーを飛ばしやすい
●リール全体がコンパクトかつ軽量になる


パッと思い浮かぶのはこんなところでしょうか。

もちろん、飛ばしやすさに関してはスプール径だけでなく重量、全体のバランスが深く関わってくるので、あくまで傾向の話です。

さぁ、STEEZ CT SV TWと御対面!!

【スティーズCT SV TW】インプレッション
【スティーズCT SV TW】インプレッション
【スティーズCT SV TW】インプレッション
【スティーズCT SV TW】インプレッション
か、かっこええ……。
いやぁ……。「小さいけど強いぜ」という主張を放つボディーに惚れました。

さっそく投げさせてください!!

【スティーズCT SV TW】インプレッション
【スティーズCT SV TW】インプレッション
まずは5inネコストレートの1.3gネコリグやノーシンカーリグをキャストしました。

ホワッ(ゆるくピッチング)、スイーッ!
ピュッ(サイドキャスト)、ビューンッ!

うん、めちゃ気持ちいいぞ!!

川口直人さんが「ルアーがラインを引っ張ってくれる感覚で飛ばせる」とコメントしていましたが、そのとおりだと思いました。ちなみに川口さんによると「総重量3g以下のルアーもイケる」とのこと。

φ30mmと小口径なぶん飛距離は伸びにくいのでは……? と勘ぐっていましたが、全然そんなことはなかったのが不思議でした。バランスの成せる技なんでしょうか。

20分ほど使わせてもらったところ、軽いものを投げるときにAIRシリーズなどのベイトフィネス専用機との大きな差を感じなかったというのが正直なところ。

【スティーズCT SV TW】インプレッション
個人的にとても気に入ったのは絶妙なラインキャパシティー。
僕はフロロカーボン12もしくは14Lbを巻く機会が多いのですが、ベイトフィネス機よりも長く巻けるのが嬉しい。
(ラインキャパシティーはナイロン14Lbが30~60m)

なので、軽いルアーはもちろん、ライトテキサスリグや高比重ソフトベイトのノーシンカーなど、「ちょい軽」なゾーンのルアーをカバー周りで使うのにいいバランスのスペックだと感じました。

16Lbや20Lbのラインを少なめに巻いてヘビーにカバーを攻めることもできそうです。
内山幸也さんはPEラインを巻いてコンパクトフロッグを操るのに好感触をもっているみたいですし、守備範囲はかなり広そうです。

個人的にキャストフィール以上に印象に残ったのはパーミングの気持ちよさ。
握っていてすごく収まりがいいんですよね。
コンパクトボディーの恩恵、というだけではなく、形状の妙も関係しているんだと思います。

そして、剛性の高さも手伝ってか巻き心地がシルキーでこれまた快感。ピックアップが楽しい(笑)。
6.3:1のモデルでスピナベやクランクも引いてみたいと強く感じました。

STEEZ CT SV TWのデビューは春ですが、1月末から始まる各地のフィッシングショーではダイワブースで展示されるはず。
まずは握って気持ちよさを味わってほしいです!!

◆こちらも要チェック!
DAIWA BASS公式YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」では、プロスタッフによる解説や実釣動画が続々公開中! 
2018_youtube_toppage_ultimatebassbydaiwa




2018/12/26

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING