サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

羽生和人先生に教わるムシルアー(ブーン)の使い方【タックル準備編】PR

羽生和人×房総リザーバー(三島湖) PE1.2号のパワーフィネススタイルでブーンを吊るせ!

【PRESENTED BY エンジン】サイト・ビー=写真と文 
【ムシルアーの使い方:タックル準備編】タイトル
【準備編】目次
ムシルアーが効くシーズン
ムシルアーが効くフィールド
ブーンファミリーの使い分け
ムシルアーに適したタックルセレクト

siteBスタッフのアライです。
日本中のフィールドで釣れに釣れているムシルアーのチョウチン(吊るし)だけど、なんだか難しそうで、僕にはできる気がしません。
けど、バイトシーンが丸見えで、なおかつサイズも数もねらえるのであれば、ぜひ挑戦したい!
房総リザーバーのエキスパート・羽生和人先生にタックルセレクトから秘密のアクションまでムシルアーのすべてを教わってきました。


【ムシルアーの使い方:タックル準備編】プロフィール 先生(左)◆羽生和人(はぶ・かずひと)
1982年生まれ。亀山湖や三島湖などの房総リザーバーに精通するスペシャリスト。「エンジン」ブランドでロッドやルアーの開発にも携わっている。もちろんムシルアーは大得意

生徒◆アライ
日々更新業務などを行っている。siteBスタッフ。ホームは牛久沼でムシルアーとは縁遠い釣り人生を送ってきた。パワーフィネスもムシも触ったことがないということで今回の生徒役に選ばれた


【ムシルアーの使い方:タックル準備編】ブーンとブーンチン ひと口に「ムシルアー」といってもさまざまなタイプがある。今回はオフセットフックやマスバリを合わせて使うワームタイプが主役だ。写真は羽生先生の自信作、ブーン(右)とブーンチン(左)

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】チョウチンで使うムシルアー 羽生先生はブーンをチョウチン(写真のように吊るして水面を叩く)とドックウォークで使っている。今回の記事では最も出番が多いチョウチンを重点的に解説

ムシルアーが効くシーズン


 今日はよろしくお願いします。さっそくですが、ムシルアーを投げて釣れるシーズンはいつなのでしょうか?


 ずばり一年中です。


 ええ!? 1月でも2月でもOKなんですか?


 大丈夫です。実際に僕は自信をもって「釣れます」と言い切れるくらい1月や2月でも房総リザーバーで釣っていますよ。たしかにハイシーズンに比べるとバイトは減りますが、カエルの鳴き声が聞こえる状況ならチャンスがあります。ムシ「でも」釣れる、ではなく、ムシ「だから」釣れる状況が真冬にもあるんです。3月の三島湖でムシルアーで30尾以上釣ったこともあります。ベストシーズンはバスの産卵が終わる5月ごろから8月くらい。


 なるほど。ところでなぜカエルの鳴き声が必要なんですか? ムシなのに……。


 たとえば僕が作ったブーンは「ムシ」ルアーと呼ばれていますが、僕は「カエル」のイメージで使っています。房総のダム湖では1~3月はアカガエルが産卵を行ない、そのタイミングで湖に落ちたりするカエルが多い。バスはそのカエルをねらっているので冬でもトップで釣れるんです。冬だけじゃなく、5月もアマガエルやアオガエルが産卵で出てきます。ムシを食べているバスは細いことが多いんですが、カエル食いの個体はその多くが太っている。だから僕はブーンをチョウチンだけでなくドックウォークでも使っているんです。もちろん、夏になるとセミなどが落ちてきますから、その場合はムシイメージで使いますよ! とにかく、ムシルアーは一年中有効です。先入観なく投げてみてください!

ムシが効くフィールド


 ムシルアーが効くのはやっぱりリザーバーですか? ムシルアーといえばラージねらいのリザーバーか、スモールねらいの野尻湖、桧原湖っていうイメージがあります。


 リザーバーで超有効なのは間違いないです。けれど、マッディーシャローでも釣れますよ! アライさんのホームの牛久沼でも釣れるって聞いたことがあります。シーズンの話と共通してくるけど、効かない場所はないです。


 こういうときはムシルアーはやめとけ、っていう状況はありますか?


 まずはバスが明らかに水面のエサを意識していないとき。ムシもカエルも絶対に食べていない、ってときはほかのルアーのほうが釣れると思います。


 ドチャ濁りのときはどうなんですか? 決してアピール力が強いルアーではないと思うんですけど……。


 それが意外とイケちゃうんです。ただし絶対条件があります。それは流れが出ていること。リザーバーでは、濁っていても流れさえあればバスはエサを探していることが多い。だから岩盤際とか流れのヨレとかで誘うとバイトを出せます。流れがない濁りのときはムシルアーは厳しいっす。


 いろいろ意外です……。僕、ムシルアーに関して先入観だらけでした……。

ブーンファミリーの使い分け


 羽生先生が作ったブーンの通常サイズにはふたつのモデルがあります。1.2inの中空ボディーをもつ「ブーン」と、33mmで2g、塩入りの「ブーンチン(沈)」です。これはどう使い分けるんですか? 水面はオリジナルで沈めるときはチン?

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】羽生和人先生愛用のムシルアー、ブーンとブーンチン 左がブーンチン、右がブーン

◆ブーンの特徴
ムシワームが数あるなかで羽生先生がブーンを作ったのには理由がある。飛距離が出せて、なおかつオフセットフックをセットしたときに浮くモデルが欲しかったのだ。カップがあることでドックウォークを非常にさせやすいのもブーンならではのメリット

◆ブーンチンの特徴
いわゆる沈むムシ。とはいえ、最も輝くのはチョウチンで使ったとき。腹側に塩が入っているウエイトバランスのため、秘密のアクションを出しやすいのだ。マスバリを付けてサイトで沈めて使ったり、ライトキャロに合わせたりしてもよく釣れる


 大前提として、オリジナルはフックを付けた状態でも浮きます。ブーンチンは沈みます。だから、サイトフィッシングでムシルアーを沈めて誘うときはもちろんチンの出番です。ただ、チンは実はチョウチン釣りのために作ったんです。オリジナルより重いからブッシュの奥にも入れやすく、枝にラインを掛けた状態でも重い分動かしやすい。チョウチンで水面を叩いても食べないときにフォールさせてバイトを誘うことができます。あと、【実践編】で教える秘密のアクションを出しやすい重量バランスになっています。


 ではオリジナルモデルの出番は少ない?


 「今日はチョウチンしかやらないぜ!」という日はチンだけでもOKです。ただし、中空で軽いオリジナルは優しい着水音が出せて、本当にタフなときは同じチョウチンでもこっちが強い。あと、水面でドックウォークさせたり浮かせておくのは浮くオリジナルでしかできません。だから、状況が分からないときはオリジナルの出番が多い。岩盤などのオープンウォーターはドックウォークでスピーディーに流して、枝があればチョウチンもする。広い範囲を探るのはオリジナルが有利です。

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】ムシルアーのカラーセレクト 羽生さんのブーンボックス。さまざまな色が入っている

 色はどう選べばいいんでしょうか?


 メインは腹が白っぽい色! なぜならカエルの腹が白いからです。オリジナルであればホワイト、チンならデッドリーワカサギとふわふわエビの出番が多いです。陽が高ければグリパン、水が澄んでいればスモーク。シェードをねらったり、水が濁っていたりするときはサイトチャート。こんな感じでOKです。

ムシルアーに適したタックルセレクト



 ムシルアーといえばスピニングにPEのイメージがあります。ベイトフィネスでもイケなくはない気がするんですが、どうなんでしょうか?


 あらゆる面でパワーフィネスが有利です。まずキャスト。軽いムシルアーをブッシュの奥に入れ込むのはスピニングじゃないと難しいですし、1~1.5号のPEラインであればファイト中に切れる心配はありません。ややこしいブッシュの最奥で50cmアップを掛けたとして、最も取り込める確率が高いのがパワーフィネスだと思います。


 承知しました。では実践編もよろしくおねがいします。アライさんにおまかせなのだ!


 ?? 実践編では三島湖に行ってみましょう!

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】ムシルアーに適したロッド・リール・ライン 羽生さんのムシルアー用タックル
ロッド:スペルバウンドコアSCS-66-1/2ML-ST
リール:ツインパワー2500HGS+RMRシングルカーボンハンドル
ライン:PEライン1.2号


◆ムシルアーに適したロッド
メインはスペルバウンドコアSCS-66-1/2ML-ST。MLパワーのソリッドティップモデルだ。これより軟らかいモデルだとアクションがつけにくくなりフッキングも決まりにくい。逆に硬いとアクションが雑になりがちで、なおかつバイトを弾くリスクが高まる。羽生先生はこの一本で吊るしもドックウォークもこなしている。

◆ムシルアーに適したリール
#2500のハイギアモデルが適している。ハイギアなのはミスキャスト時にムシが空中にあるうちに素早く回収することができ、なおかつカバーの奥でバスを掛けたときに有利なためだ

◆ムシルアーに適したライン
PEライン1.2号が基準。プアなフィールドで、ねらうカバーが草などであれば0.8号でもOK。ヘビーカバーねらいなら1.5号。房総リザーバーでは1.2号がバランスがよいと感じている。ちなみに羽生先生は4本撚りのモデルが好み。8本撚りよりも強いことが多く、また、適度なハリがあり、枝などにまとわりつきにくいからだ

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】ムシルアーに適したパワーフィネスタックル 【ムシルアーの使い方:タックル準備編】カバー攻略にパワーフィネス 写真のようなヘビーカバーでムシを使うことも多い。パワーフィネスが絶対だ

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】ムシルアーに適したボートセッティング 羽生先生のボートセッティング。見えるバスをねらう機会が多いのでハイデッキがあると有利。ペダルをオフセットすることで疲れにくいメリットもある

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】ムシルアーに適したフック ブーンチンにはキロフック#3、オリジナルにはネコリグオフセット#1がベストマッチ。ワームの形状は短く太いのでワイドゲイプのものがオススメ

【ムシルアーの使い方:タックル準備編】アライフキダシ
【ムシルアーの使い方:タックル準備編】三島湖で実践篇 実践編はアフタースポーンの三島湖で行った。生徒のアライさんはバスをキャッチすることはできるのか?

エンジン

2019/6/10

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING