サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

大森貴洋のチャレンジを支えるテクノロジーPR

夢を叶える信頼のものづくり/ヤマハ発動機

siteB=文
2016年5月1日、バスマスターエリートシリーズ第4戦(レイク・ウィーラー戦)を制した大森貴洋。
11年ぶり6度目の優勝となる彼の活躍の裏にはヤマハの船外機があった。


ysmaha04

ゴールを定め、日々努力を重ね、感謝を忘れないこと


プロを目指している人、そうでない人も

バスフィッシングにおいても必要なのは毎日の積み重ねです。

長いトータルの目標を定め、それに向けて1年毎、さらに日々の目標へ。

そうした積み重ねが必ず結果につながると信じています。

そして、自分を応援してくれる人への感謝の気持ちを忘れないこと。

チャレンジできる環境にいられるのも周囲のサポートがあってこそ。

そんな気持ちを忘れずに、バスフィッシングを楽しんで欲しいです。

大森 貴洋



エリートシリーズを戦う大森貴洋さんと、彼をサポートするヤマハチームをフィーチャーしたムービーが公開されています。

結果を出すために日々の努力が大切だと話す大森さん。

彼にとって、トラブルの少ない船外機を使えるということがチャレンジし続けるうえで大きな力になっています。


yamaha05渡米前から抱いていた夢、そして現在の目標を語る大森さん

yamaha07トーナメントを戦ううえで船外機に求められるのは速いことと壊れにくいこと

yamaha09ヤマハ発動機は「お客様にずっと満足してもらえる」信頼のものづくりで大森さんの期待に応えている

yamaha11日々の努力が実ったレイク・ウィーラー戦優勝の瞬間

今季、エリートシリーズのレギュラー戦は残すところあと2戦。さらにその後、年間ランキング上位50名のみが出場できるAOYチャンピオンシップ戦が控えています。
直近の試合は8月11~14日にかけて行なわれる第8戦(ポトマックリバー)。
日本からでもB.A.S.S.のウェブサイトを通じて試合の模様をチェックすることができます。
佳境を迎える大森さんの戦いからますます目が離せません!




yamahalogo 問い合わせ先:ヤマハ発動機

2016/7/8

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING