サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ルアー別フッキング実例集①
奥村哲史×ライトテキサス

琵琶湖・ウィードエリアのライトテキサスリグ

Basser編集部=写真と文
今のバイト、どうやってアワせればよかったんだろう?
貴重なバイトを逃せば、誰もがそう思うでしょう。
上手な人はどうやってアワせているのか。
それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。



01 解説=奥村哲史(おくむら・さとし)
アークロイヤルボートクラブを拠点にする琵琶湖ガイド。
愛称は「ぶちょう」。


ウイードエリアで使うロングワームのライトテキサスリグ


okumura 8inワーム(ゲーリーインターナショナル)
フック:リングドパイルドライバー#3/0(ZAPPU)
シンカー:スタンダードシンカーバレット3/16oz(ZAPPU) ※ペグ止めなし


テンションをかけて深く食いこませる

 8inワームのような長いワームを使うことが多いウイードフラットのテキサスリグは、フッキングを決めるためにしっかりワームをくわえさせることが大事です。

 この釣りでよく出るコツコツという小刻みなアタリでアワせてもフックは掛かりません。このときはバスがワームをしっかりくわえ直そうと口を開け閉めしています。バスがしっかりくわえるとコツコツはなくなって、ぬ〜んと重く感じます。この状態でバスが右や左に反転して泳ぎ出すのを待ってからアワせます。

 まず、サオを時計の針の10時から11時の位置で構えて操作しているとしましょう。アタリを感じたら12時の位置まで持ち上げて、バスがきちんとくわえているかどうかを判断します。しっかりくわえていたらロッドを倒しながらラインを巻き取って、大きなストロークでアワせます。フックを貫通させると同時にバスの顔をこちらに向けてファイトの主導権を握りたいので、力強くスイープ気味に、サオを限界まで確実に曲げるアワセを入れます。

 最初のアタリでフックまでくわえていないようなら、ラインテンションをかけたままくわえ直すのを待ちます。フッキングしないくわえ方のままバスが走ることもありますんで、そのときはクラッチを切ってくわえ直すまでラインを出してあげます。ここでラインテンションを抜いてしまうと彼らは吐きよりますんで、あくまで若干のテンションはかけたままです。

 アフタースポーンの時期は、逆にくわえ直さずじっとしていることが多いです。このときはラインにテンションをかけてワームを揺すってあげます。こうするとバスは口の中のエサが逃げようとしているのを感じるのか、しっかりとくわえ直してくれます。



奥村哲史さんの8inワームライトテキサス用タックル
ロッド:レゾンオデッサROC-66MMH(バレーヒル)
1425366723012_1
リール:アルデバランMg7(シマノ)

ライン:シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA12Lb(サンライン)
fc_sniper_azayaka  
 

 

明日使えるテクニックから
国内外のトーナメント情報まで

Basser
最新刊好評発売中

2016/7/23

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING